7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

塩尻市議会 2018-06-12 06月12日-02号

次の支援体制の考え方につきましては、障がい者福祉サービスを利用するためにはサービス等利用計画作成が必要となりますので、希望される指定特定相談支援事業を選択していただき、その選択された事業所相談支援専門員が心身の状況生活環境等をお聞きしながら、御本人の希望に沿ったサービス等利用計画作成し、市町村からサービス利用支給決定を受けます。

伊那市議会 2018-03-19 03月19日-05号

審査の中で出された質疑の主なものは、「指定特定相談支援事業及び住民により自発的な活動は、実際にどのぐらいあるのか。」との質問に対し、「住民による自発的活動としては、新しい総合事業地域住民主体サービスBは、まだ立ち上げたところはない。自主的な介護予防グループは、50カ所ぐらいあり、地域社協等活動もある。障害者指定特定相談支援事業者は8カ所で、プラン作成件数は100件ぐらいある。」

佐久市議会 2017-03-03 03月03日-03号

その具体的な対応として、短期入所の概要や、申し込み手順を載せたパンフレット作成を行い、当院総合案内市役所担当課及び各支所窓口へ設置するとともに、佐久広域連合障害者相談支援センターや、市内各指定特定相談支援事業などにも協力をお願いし、パンフレットの設置と、問合せへの取次ぎや説明などを依頼していきたいと考えています。 

安曇野市議会 2015-03-10 03月10日-06号

目的としては、障害者基本計画、また障害福祉計画、これらの案を審議するということ、また、障害福祉サービスの推進、これについて協議をするということ、また、指定特定相談支援事業、障害児相談支援事業所指定の関係の協議、審議をするということでございます。26年度におきましては、今月の開催を含めまして2回の開催ということになります。27年度では若干の余裕を見ておりますが、5回の開催を予定しております。

千曲市議会 2014-09-09 09月09日-02号

今後につきましては、平成26年度末までに作成が義務づけられておりますことから、サービス等利用計画を策定をする指定特定相談支援事業が決定していない利用者に関しましては、各事業所に対しまして年度末までの計画作成の見込みを確認をさせていただいた上で、計画作成が可能な状況であれば、その業者を利用者に紹介をしてまいりたいというふうに考えているところであります。 

  • 1