4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

飯田市議会 2013-06-11 06月11日-03号

今回、その改正手続そのものを緩和して、内閣総理大臣みずからが憲法改正をしようとしていることは憲法違反であるというふうに言わざるを得ません。 96条の改正の後には、9条の改正にも着手をされることが容易に予想されます。この際、世界に誇る平和憲法をいま一度しっかりと見詰め直してまいりたいというふうに思います。 そこで、改めて平和に対する市長の思いをお伺いしたいと思います。

茅野市議会 2011-03-08 03月08日-04号

三つ目は、先ほど市長が申されましたように、ルールを決めるということで、価格についても新たなルール、形状が悪いものについてはもっと安く売るとか、そういうルールをつくるというようなお話でしたけれども、さっきお聞きしますと、市が買い上げて公売にかけて売却するという、その手続そのものもかなり、例えばあの土地土地開発公社の看板があったから欲しいと思って、市に来てそれで市が買い上げて、買い上げるには補正予算通

大町市議会 2005-09-06 09月06日-01号

初めに、ただ今の手続条例であるということで、そういったいわゆる目的等を明確化する必要はないという解釈でありましたけれども、これは指定手続等に関してということで、指定手続そのもので限られていれば、多少今の言い分も私は理解できない面がないではありませんけれども、等ということは、それに関連する必要なことはここに含めるというふうに私は解釈しております。

中野市議会 2002-06-12 06月12日-04号

合併協議会合併のために関係市町村協議会を設置して、市町村建設計画の案をつくり、それを住民に説明し、意見や反応を聞いた上で次のステップとして合併協定項目協議に入る手順とマニュアルで示されているように合併に向けた手続そのものであります。総務省などは、合併協議会合併の是非も含めて検討する場だからまず合併協議会の設置をと勧めていますが、強力な合併促進意図的宣伝というべきではないでしょうか。

  • 1