67件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下諏訪町議会 2019-09-04 令和 元年 9月定例会−09月04日-03号

また、あわせて町にあります成年後見制度利用支援事業の運用状況もお聞かせください。 ○議長 健康福祉課長。 ◎健康福祉課長小松) お答えいたします。下諏訪町では平成30年7月から諏訪市・下諏訪町成年後見支援センターに業務を委託して、成年後見制度に係る専門的な各種相談を受ける体制を整えました。  

諏訪市議会 2019-02-26 平成31年第 1回定例会−02月26日-03号

平成30年7月からは下諏訪町と共同設置として取り組んでおるところですけれども、これも成年後見制度の手続の支援や法人後見としての支援を実施し、サービスをスタートしているところです。  高齢者に対するそうした福祉サービスを充実していくことで皆さんの不安を取り除いていくというところに腐心をしてまいりました4年間だったと思います。  

安曇野市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会-12月11日−03号

安曇野市では成年後見制度の相談場所として市内3カ所の地域包括支援センターがあり、専門職である社会福祉士制度を利用するための手続、必要な書類などについて相談を受けて必要な機関へつなげております。  平成29年度の相談の実績でございますが、3つの包括支援センターで実件数41件、延べ件数96件の相談があり、平成28年、前年度比よりも実件数で9件増加しております。  以上でございます。

諏訪市議会 2018-06-12 平成30年第 2回定例会−06月12日-04号

そのほか、昨年6月には、総合福祉センター内に開所いたしました成年後見支援センターにおきまして、成年後見制度の利用支援あるいは権利擁護支援体制の構築、認知症高齢者や障がい者の財産権利を守るための支援を行っているところでございます。  さらに、生活困窮者への支援といたしましては、生活就労支援センターまいさぽ諏訪市社会福祉課の中に設置されているところでございます。  

上田市議会 2018-06-11 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月11日−一般質問−02号

認知力が低下をして財産や資産の管理が厳しい障害者高齢者のために成年後見制度があります。今まで質問したような消費者被害、金融被害から高齢者の資産や財産を守る上で大変有効制度であろうと思います。しかしながら、まだこの制度が十分に周知されていないというのが現状ではないでしょうか。  

安曇野市議会 2017-09-08 平成29年  9月 福祉教育委員会-09月08日−01号

それから、もう1点が、4番目の成年後見制度、このかけはしの支援センターのことがここには載っているんですけれども、本当に、近年でいくと、高齢化とともにこういう成年後見制度というもののウエート占めるところが、すごく重要になってくるかとは思うんですけれども、このかけはし、またそれ以外の成年後見制度を利用する方たちの状況とかっていうのがもし何かありましたら、課題とかありましたら、お聞かせいただければと思います

軽井沢町議会 2017-03-13 平成29年  3月 予算常任委員会(3月13日)-03月13日−04号

◆委員(川島さゆり君) 78ページなんですけれども、民生費3款1項、一番上の20節の成年後見制度利用支援費118万7,000円ですが、前年度30万円盛っておりました。大分増やしましたよね。これは資格でいいますと、社会福祉士とか司法書士が有資格者の方だと当たると思うんですが、そのほかに親族の方とか、あと他人の方もなれます。これをねらっての予算の増やした計上なのか。

上田市議会 2016-12-07 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月07日−一般質問、趣旨説明、議案質疑、議案付託−04号

また、認知症の人を含む高齢者にやさしい地域づくりの推進の取り組みといたしましては、地域での見守り体制の整備や高齢者虐待の防止と権利擁護のための成年後見制度を推進する成年後見支援センターの設置、運営などでございます。また、家事、食事、外出などの支援を必要とする高齢者全般を対象としてのサービスにつきましても、認知症の方にも行っているということでございます。  

上田市議会 2016-09-12 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月12日−一般質問−02号

質問の上田市における若年性認知症の方を支援する事業といたしましては、介護認定を受けた場合には介護保険サービスを利用することができるほか、認知症などにより判断能力が不十分な方を法律的に保護、支援する成年後見制度など権利擁護に関する相談、そして認知症の方とその家族を支えるためのもの忘れ・認知症相談、介護者の家族のための情報交換の場であります介護者の会の開催など、現在幾つかの対応をしております。  

安曇野市議会 2016-02-24 平成28年  2月 福祉教育委員会-02月24日−01号

中では主には成年後見制度扶助費の補正減でありまして、33万6,000円の減であります。これにつきましては、法定後見人になられた場合に報酬等をお支払いしている形でありますが、当初1名予算化してございましたが、その必要がないと見込まれますので、減額をお願いするものであります。  それから、次ですが、障がい者福祉総務費です。

上田市議会 2016-02-22 平成28年  3月 定例会(第1回)-02月22日−趣旨説明、議案質疑、討論、採決等−01号

また、住みなれた地域で安心して暮らすための支援として、上小圏域障害者総合支援センターの相談支援専門員を増員するとともに、成年後見制度の普及啓発や市民後見人育成により成年後見支援センターを充実してまいります。  続きまして、5つ目として「生涯を通じて学び豊かな心を育むまちづくり」、教育に対する取り組みについてであります。  

松本市議会 2014-12-09 松本市議会 会議録 平成26年 12月 定例会-12月09日−03号

次に、成年後見制度市民後見人の養成推進についてお伺いいたします。  超高齢社会を迎えたこと、家族形態の変化が起きたことなど、さまざまな要因がありますが、社会に内在していた問題が顕在化してきました。時代の要請を受けて、福祉の現場において成年後見制度の必要が理解されて、平成23年4月から成年後見支援センターかけはしが、松本市を初め2市3村でスタートしました。

松本市議会 2014-12-01 松本市議会 会議録 平成26年 12月 定例会-目次

健康寿命延伸についての市長の認識について       イ 道路・上下水道管路の長寿命化の取組みについて     2 図書館について      (1) 図書館の充実について       ア 活性化への取組みについて   27番 白川延子……………………………………………………………………195     1 福祉行政について      (1) 職場における大人の発達障がいについて      (2) 成年後見制度

軽井沢町議会 2014-03-14 平成26年  3月 予算常任委員会(3月14日)-03月14日−03号

◆委員(川島さゆり君) その下の20節の成年後見制度利用支援費、2万円ぐらい上がっているんですけれども、昨年度は余り利用がなかったという説明でしたが、25年度はありましたでしょうか。 ○委員長(大林義博君) 続けて答弁願います。  土屋保健福祉課長。 ◎保健福祉課長(土屋剛君) 25年度は、今のところまだ利用者はおりません。 ○委員長(大林義博君) ほかに質疑ございませんか。  

軽井沢町議会 2014-03-12 平成26年  3月 予算常任委員会(3月12日)-03月12日−01号

3款2項1目地域包括支援センター運営費1,993万1,000円ですが、地域包括支援センターは要支援認定者のケアプランを作成する介護予防ケアマネジメント業務、総合相談支援業務、成年後見制度利用や虐待対応を行う権利擁護業務等を行うものでございますが、平成25年度に整備いたしました介護予防ケアマネジメントのための機器購入、システムの構築及び公用車の買い替え等経費の減によりまして、前年度比1,048万6,000