191件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

茅野市議会 2020-09-04 09月04日-03号

消防団員アンケートと併せまして、関係機関、行政区、自治会、また消防委員消防のOBの皆さん等々と、これから意見調整、意見交換をされると思うんですけれども、このような取組と、あと日程等についてお願いいたします。 ○議長野沢明夫) 消防署長。 ◎消防署長渋澤務) 先ほどから申し上げていますとおり、現在アンケート結果を取りまとめて計画策定の段階に入っております。

岡谷市議会 2020-03-02 03月02日-03号

さきの国会において改正されました法改正は、学校における働き方改革を推進する総合的な方策の一環として位置づけられているものと受け止めておりますが、果たして、それが教職員の本来の働き方改革推進のために合致するのかどうかということに関しましては、今後国から発出されるであろう予定の省令や通知等を受けて、長野県において関係団体等との丁寧な意見調整が行われた上で判断されるものと推測しております。

小諸市議会 2019-12-03 12月03日-03号

このため、トラブルとまではいかなくても、説明会開催日説明資料の内容などで、調整に手間取ったり、住民意見調整に困惑している等の相談が、区長だけでなく、事業者からも寄せられております。 本市といたしましては、地域住民との合意形成がなされた上で設置されることが望ましいことから、それぞれのケースに応じたアドバイスができるよう、相談・対応に努めております。 

千曲市議会 2019-06-13 06月13日-05号

年が明けた1月11日の委員会では、委員間の認識共有を図るため、委員会付託案件の確認、大型商業施設及び物流施設事業化の発端と経緯等概況把握高等教育機関誘致に関する現況などについて、委員認識にそごをきたさないよう意見調整を図りました。引き続き、企業立地推進本部のトップである山本副市長の出席を求め、大型商業施設及び物流施設誘致に関する経過と現況等について説明を求めました。 

小諸市議会 2019-03-05 03月05日-03号

2 一般質問個人質問)について[1] 3番 高橋 公議員  1.佐久平アクセス道路について   (1) 佐久平アクセス道路進捗について     ①佐久市側の進捗はどうか     ②県地元を含めた全体の進捗はどうか  2.複合型中心拠点誘導施設(以下複合施設設計の検証について(パネル使用)   (1) 複合施設基本設計実施設計の整合をどう図るのか     ①基本設計完了後の各種団体との意見調整

小諸市議会 2019-03-04 03月04日-02号

現在は関係者関係機関等との意見調整を図りつつ、各施設利用運営計画(案)の策定、それと並行して基本設計を進めているところでございます。 なお、平成31年度には実施計画行い工事に着手する予定でございますが、今後も事業節目節目に機をとらえて、議会皆様にご説明、ご相談させていただきますので、よろしくお願いいたします。 続きまして、要旨(6)子育て環境整備について答弁をいたします。 

大町市議会 2018-12-05 12月05日-02号

これは外部監査指摘について意見調整をすることを考えております。 また、2点目の病院において雇用している職員を派遣しているその人件費を、その人員について、いわゆる一般会計に所属させる職員として行えば、病院の経費が軽くなるではないか。これは、たしか外部監査指摘には含まれていなかったと思いますが、それこそ、公営企業の経営の透明性を損なう考え方ではないか、このように思うところでございます。 

諏訪市議会 2018-09-03 平成30年第 4回定例会−09月03日-03号

前回の議会以降、所管財政課になりますけれども、地元の強清水の自治会皆さんですとか、近隣の関係者の方と意見調整を行いまして、できるだけ早期ということで作業を進めてきました。  一方で、法的な課題はどうだろうか。市がする場合にどういう背景で着手をしたらいいのだろうかという論議も踏まえまして、そこをクリアし、市の責任においてやりましょうということで考えております。

小諸市議会 2018-06-13 06月13日-02号

現在、佐久地域振興局農地整備課の協力のもと、排水対策排水路整備及び排水施設機能向上を図るため、県営農村地域防災減災事業の採択に向けた検討を始めており、平成32年度の事業実施に向け、関係市町千ヶ滝湯川用水土地改良区の皆様との意見調整を図り、地域排水機能強化に向けた計画等作成を進めていく予定であります。 

箕輪町議会 2018-06-11 06月11日-02号

複数の自治体で取り組む事業はそれなりの事業規模が必要なことですし、構成市町村意見調整も大変であるかと思いますが事業化できる効果が大きいとのことです。地方創生事業で現在、広域で取り組んでいる事業はあるのか、その事業をどのように企画し構成市町村調整し実施しているのか、現在の進捗状況を伺います。また事業が箕輪町にどのような効果をもたらすのか、具体的に答弁いただければと思います。

諏訪市議会 2018-06-11 平成30年第 2回定例会−06月11日-03号

次に、生涯学習課所管の各施設意見調整を行いまして、具体性実効性を持たせた表現作成をしております。さらに、計画の中で記述表現を留意し、わかりやすい表現や色彩、字の大きさなどに、また添付資料などにも配慮をしたつもりでございます。  KPIの目標指標の設定につきましては、施策達成状況を客観的な数値によって検証しまして、PDCAサイクル効果の見える化を進めるためのものでございます。

飯山市議会 2017-12-12 12月12日-02号

また併せて、先ほど教育長からもお話がございましたように、こちらに関しての検討委員会というのもございまして、そういったところとの意見調整も図りながら進めてまいりたい。こちらといたしますと、先ほど議員さん、おっしゃいましたように、いわゆる地域活性化ということと観光振興ということも含めて検討しながら取り組んでいるところでございます。 ○議長佐藤正夫)  高山議員

上田市議会 2017-07-24 09月11日-一般質問-02号

我々としては、十分な説明責任を果たしながら、地元皆さんと、あるいは地域全体の意見調整をさらに努めていく必要があるのだろうというふうに思っています。 いつかというお話は、これは最終的に広域連合、上田市の環境整備状況を踏まえた上で広域連合全体で判断するものというふうに思っています。 以上です。 ○議長土屋陽一君) 安藤議員。          

上田市議会 2017-03-05 03月06日-一般質問-02号

その上で、優先度緊急度、または関係者との意見調整などの熟度、また財源状況を見まして、実施計画に、また集約化も含めて計上して、計画的に進める必要がございまして、財政負担平準化にも努めてまいる所存でございます。 以上でございます。 ○議長土屋陽一君) 深井議員。          〔30番 深井 武文君登壇〕 ◆30番(深井武文君) 答弁を伺いました。 

塩尻市議会 2016-12-08 12月08日-02号

事例と議会報告会で出された意見調整区域での土地利用規制等について御答弁させていただきます。 本市では、昭和46年に都市計画区域区分制度、いわゆる線引きを導入しました。モータリゼーションの進展や人口の増加による市街地拡大傾向の時代において、無秩序な市街化を防止し秩序ある市街地形成を図ってきました。