333件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松川村議会 2019-09-09 令和 元年第 3回定例会−09月09日-01号

款8項1目2節6の恩給及び退職年金でございます。341万2,000円でございます。これも確定によりまして、4名と確定した中で減額をお願いするものでございます。  18ページ最下段をお願いいたします。款10項1目1が元金、目2が利子となってございますが。それぞれ23節の償還金利子及び割引料元金のほうが57万2,000円、利子のほうが46万9,000円減額するものございます。

茅野市議会 2018-12-19 12月19日-06号

日本医師会松原謙二副会長は、後期高齢者世帯当たり公的年金恩給平均額は195万7,000円であり、総所得が公的年金恩給のみの世帯が約7割を占めていることから、多くはぎりぎりのところで生活をしている、負担ができる金額はおのずとわかる、これ以上負担をふやしていくのは無理と発言をしています。利用者にこれ以上の負担を強いることは、お年寄りにとっては死活問題であり、家族も大変であります。

松川村議会 2017-12-08 平成29年第 4回定例会−12月08日-01号

2目非常備消防費85万6,000円の増額は、6節恩給及び退職年金退職者報酬額確定に伴う不足分計上でございます。  総務課関係、以上でございます。 ○議長白澤富貴子君) 住民課長。 ◎住民課長丸山稿君) それでは、住民課関係、お願いします。  8ページに戻っていただきたいと思います。歳入の関係になります。

松川村議会 2017-03-07 平成29年第 1回定例会−03月07日-01号

目2常備消防費31万3,000円の減額ですが、節6の恩給及び退職年金消防団員退職者確定見込みによるものでございます。  下段の目3消防施設費38万1,000円の増額は、節11需用費で4分団、5分団のポンプ車吸管活動服ズボン等購入計上でございます。  総務課関係は以上でございます。 ○議長白澤富貴子君) 会計課長。 ◎会計管理者会計課長大澤浩君) 会計課関係お願いします。

岡谷市議会 2015-12-01 12月08日-01号

附則第5条第1項の表は、本条例による傷病補償年金等受給権者が、他の法令による給付を受けた場合の併給調整について規定したもので、従前給付されていた共済年金、これは恩給部分でありますが、一元化後も共済年金として支給されることから、厚生年金と同様に取り扱うため、用語の整理など所要の改正を行うものであります。 

飯田市議会 2015-03-20 03月20日-04号

議案第10号「地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律施行に伴う関係条例整理に関する条例制定について」、議案第11号「飯田恩給条例等を廃止する条例制定について」、議案第12号「飯田手数料条例の一部を改正する条例制定について」、議案第13号「飯田市中山間地域における地域振興住宅運営に関する条例の一部を改正する条例制定について」、議案第20号「飯田市営駐車場条例の一部

飯田市議会 2015-02-25 02月25日-01号

本案は、飯田恩給条例等を廃止する条例制定についてでございます。 恩給受給者の死亡により該当者がいなくなり、この条例に基づく事務が不要になったことにより、関連します条例を廃止するものでございます。 附則は、施行期日を定めるものでございます。 続いて、議案第12号「飯田手数料条例の一部を改正する条例制定について」御説明いたします。 

須坂市議会 2014-12-15 12月15日-05号

軍事恩給という感覚のなかった父は、恩給請求最後の年に恩給受給者である兵隊仲間に言われ、書類提出をいたしましたが、書類不備ということで受理はされませんでした。父の友人は父と一緒に出兵し、父よりも早く日本に帰って来た1人でありました。この軍事恩給一つとっても限りない不公平があるようです。 日本は多くの人々の戦後補償の放棄、自己犠牲の上で戦後復興が行われたと思っております。

松川村議会 2014-06-17 平成26年第 2回定例会−06月17日-02号

これには非常備消防費災害対策費があり、団員への報酬退団年金恩給、退職報償金共済掛金防災訓練にかかわる費用などが充てられます。また、災害対策事業として残りの2%、345万7,000円が詰所の建設費車両消防備品住宅耐震診断などに充てられます。  こちらで数字を申し上げますが、そのうちの非常備消防費団員報酬の総額、こちらは583万4,000円ございます。

松川村議会 2014-06-11 平成26年第 2回定例会−06月11日-01号

その下、8款の消防費の非常備消防費95万3,000円ですが、退団者確定に伴います恩給及び退職年金計上でございます。  その下、消防設備費106万7,000円でございますが、備品購入費としまして消防団ライフジャケット30着、それから操法用の分断のホース25本の購入費でございます。  次ページをお願いします。

須坂市議会 2013-07-02 07月02日-05号

しかし、昭和60年度予算において、旅費教材費国庫負担から除外されて以来、平成年度までの5年間に恩給費の除外地方交付税交付団体への退職手当補助率大幅削減共済費追加費用負担率引き下げが行われました。更に平成年度以降、共済費追加費用共済費長期給付公務災害補償基金負担金退職手当児童手当が一般財源化されました。