11029件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上田市議会 2021-12-13 03月02日-一般質問-03号

まず、上田市では平成23年から平成30年までの間、転入者転出者を上回る社会増を維持してまいりましたが、議員ご指摘のとおり令和元年は一転、転出者転入者を68人上回る社会減となりました。特にこの間の社会増による人数が最も多かった平成30年が599人でありましたから、その差は大変大きなものとなっております。 

長野市議会 2021-06-25 06月25日-05号

平成25年3月25日に本議会は第32回オリンピック競技大会及び第16回パラリンピック競技大会東京招致支援する決議決議しております。このとき、決議に際しては東京オリンピック招致委員会との調整があったものと承知しておりますが、--東京は町村ではないですけれども、ほかに本市以外の自治体、またはその関連機関との調整がなされた事実があったのでしょうか、伺います。 

下諏訪町議会 2021-06-22 令和 3年 6月定例会−06月22日-05号

長野県では、平成25年度に35人学級中学校3年生まで拡大し、小中学校学年で35人学級となりました。しかし、「新たな生活様式」における身体的距離の十分な確保のためにも、少人数学級はさらなる推進が必要です。昨年3月には、新型コロナウイルス感染症対策として全国で一斉臨時休業が行われ、4月以降も、再開する学校休業が延長された学校分散登校を行う学校などがありました。

長野市議会 2021-06-18 06月18日-04号

そして、その要望が実現し、昨年6月から、基礎自治体において今まで必要とされていた市町村地元産業界の基金の設置が不要、特別交付税措置対象経費の範囲を10分の5から10分の10に拡充広報経費対象追加対象者大学生等高校生等追加、これらの国の支援の要件の緩和や対象拡充により、奨学金返還支援を行っている市町村平成31年度355市町村から令和3年3月時点423市町村まで拡大しました。 

大町市議会 2021-06-17 06月17日-04号

大町市では、観光資源魅力向上や新たな資源の発掘を図り、外貨を獲得して地域でお金が回る仕組みを構築するとともに、観光の質の向上推進するために、平成31年度から平成33年度令和年度計画期間とした、大町市の観光の将来を見据えた観光振興策の具体的な指針として策定をされました大町観光振興計画があります。 今年度が本計画最終年となっていますが、計画進捗具合はどうか、お伺いをいたします。

大町市議会 2021-06-16 06月16日-03号

平成25年には県と市、全てのため池の一斉点検を行い、大沢寺、大原、居谷里第1、第2、第3のため池耐震性点検が必要とされ、平成28年に耐震性点検をした結果、居谷里の第1、第2がこれに下回る結果となりました。 このため池の決壊というのは、流域に大きな被害をもたらします。現在行われている居谷里ため池工事は、この一環の工事だと思いますけれども、そうなのでしょうか。

千曲市議会 2021-06-15 06月15日-03号

それで、2014年、平成26年に災害対策基本法が制定されまして、平成27年に本市でも作成いたしました。先ほど申しましたように、私もちょうどこのときに内川区の区長だったもんですから、大変苦労いたしました。区の役員や民生児童委員の皆さんと共同作業で、市から出てきました名簿についてチェックをし、それぞれの同意を得て作成いたしました。 

大町市議会 2021-06-15 06月15日-02号

市立学校現状は、平成19年、中学生生徒数964人、小学校児童数1,846人、合計2,810人でございました。平成29年、中学生735人、小学生1,162人、合計1,897人、10年でおよそ900人減となりました。 そこで、平成29年度より、少子化社会における義務教育の在り方が検討されてきております。

長野市議会 2021-06-10 06月10日-01号

道路防災対策につきましては、平成29年度から道路防災計画策定して対策工事を進めておりまして、本年度防災減災国土強靭化のための5か年加速化対策交付金などを活用し、引き続き災害に強い道路整備を進めてまいります。 続きまして、本年度の主な施策・事業の動向につきまして、第五次長野総合計画前期計画における計画推進重点テーマに沿って申し上げます。 

下諏訪町議会 2021-06-08 令和 3年 6月定例会−06月08日-01号

附則第10条の4は、平成30年7月豪雨により損壊等した家屋の敷地に供されていた土地について、住宅用地特例を受けることができる措置が新たに加わったものです。  3ページの附則第11条から4ページの附則第15条は、土地税制における負担調整措置が3年間延長される改正に伴う規定の整備でございます。  次に、附則第15条の2から附則第16条の2は、軽自動車税に関する改正でございます。