20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

長野市議会 2017-12-12 平成29年 12月12日 福祉環境委員会-12月12日−12号

多分、川口だろうと思っているんですが、自転車の乗り捨てがあって、あそこ今、自転車全部どこへも捨てていないです。指導しているのは、お年寄りのシルバー人材センターの皆さんがフォローしているわけです。全然自転車止まっていないです。それが皆さんが指導してくれた。罰則があるか、ないかは聞いていないですが、そういう不法駐輪というのが無くなっています。  

諏訪市議会 2008-09-09 平成20年第 3回定例会−09月09日-04号

今回は、川口にお邪魔をいたしましたが、埼玉県の主要都市のほとんどが市街緑化に努めています。川口は当市にもある公園緑地課のほかに、緑化を進めるみどり課を設け、生け垣の設置、フェンス、壁面の緑化、屋上緑化基金を設け、条例による補助制度をもって緑化推進に力を入れていました。キャッチフレーズは、「緑化は町に潤いを与えます。空気をきれいにします。心を豊かにしてくれます。気温を調節します。

上田市議会 2007-03-06 平成19年  3月 定例会(第1回)-03月06日−一般質問−03号

隣接する川口公共施設について、市の担当者からお話を聞いてきました。上田市に例えて、私なりに考えて二つの点を質問いたします。  一つは、企業社会的な責任地域への貢献の問題です。川口の場合、サッポロビールの跡地でしたが、川口駅から歩いて8分という距離にあり、川口駅から都心まで電車で20分という好立地であります。

須坂市議会 2006-12-06 平成18年 12月 定例会-12月06日−04号

この場所にグリーンラインを引きましたが、車道の幅が狭くなったのに加えて右カーブでありますので、川口で発生した幼稚園児への車の突入によりまして4名の尊い命を失ったわけでございます。非常に危険な箇所であります。市は、道路の管理者として、市内にある多くの危険箇所の管理にどう取り組んでいるのか、また、危機管理意識をどの程度感じているのか、お伺いします。  次に、いじめ、自殺対策についてお伺いします。  

諏訪市議会 2004-09-14 平成16年第 4回定例会−09月14日-04号

先日も報道されましたが、埼玉県の南部の川口と、それから蕨市、それから鳩ヶ谷市の3市の合併議会が9月末で解散することになったということは、大きな話題を呼びましたし、また県内の中でも、9月12日に住民投票が行われた南木曽町だとか、それから大桑村は、自立が大多数ということでありました。また、けさの新聞を見ましても、大鹿村とかあちこちのところが住民投票をした結果、反対という数字が出ておりました。  

上田市議会 2004-09-08 平成16年  9月 定例会(第3回)-09月08日−一般質問、議案質疑−04号

つい最近では、埼玉県川口、蕨市、鳩ヶ谷市では、3市の合併が最後になって、新市の名前が公募で圧倒的多数を占めた川口に決まらず、合併が破綻しました。合併議会は9月末で解散することとなり、3市の間には大きなしこりを残したと報道されております。  そこで伺いますが、上田市の合併協議の中では、新市の名前は各町村の事情に配慮し、継続協議とすることが了承されたとしております。

須坂市議会 2004-06-17 平成16年  6月 定例会-06月17日−04号

3点目、「ごみはすてきな魔法使い」という著書を書かれた川口消費生活アドバイザー松田美夜子さんは、ごみを燃やすことはお金を燃やしていることと言われています。同時に、今日全国的に派生している問題は、リサイクルしてもごみは減らないということであります。そこで、リサイクルやごみ処理にかかるコストを市民に公表しながら、協働のまちづくりに取り組むべきと考えます。  

松本市議会 2004-02-24 松本市議会 会議録 平成16年  2月 定例会-02月24日−03号

最も高いのは、埼玉県川口、これは86%が公立保育園、松本市は全国で2番目に高く83%、逆に最も低いのは青森県八戸市、これは6%、次は甲府市13%、こういうところでございます。  私は、これは率直な感想として、本市の公立83%というのはやはり高いなという感じがいたします。財政についての説明でもあったわけでございますが、国の負担金廃止、これは県の負担金も廃止をされます。

松本市議会 2003-09-18 松本市議会 会議録 平成15年  9月 定例会-09月18日−04号

また、教育を受ける権利あるいは教育をする方の義務というか、そういうことの中で埼玉県川口小学校校長先生が、不登校子供小学校修了能力があるかどうかわからないから中学校に丸投げして卒業させるわけにはいかない、こういうことで、そして補修授業をさせて、普通の子供さんたちの卒業式の後、おくれて30日だか31日ごろ卒業証書を渡した、こういう報道がなされておりました。  

須坂市議会 2003-09-11 平成15年  9月 定例会-09月11日−04号

他の2社の本社は埼玉県川口東京都渋谷区代々木でございます。なお、1社の工場は市内米持町にございます。製造3社の中では現在、市内米持町の工場製品が多いように思われますが、工事受注業者が3社の中から決めて使用している現状でございます。  以上でございます。           〔2番 丸山久雄議員議長」と呼ぶ〕 ○議長(植木新一)   丸山議員。 ◆2番(丸山久雄)   再質問いたします。  

上田市議会 2003-03-04 平成15年  3月 定例会(第1回)-03月04日−一般質問−03号

埼玉県川口では、交通安全推進校で児童が「ひやりマップ」を作成、自動車にひやり、自転車にひやり、自転車に乗っていてひやりの3項目について児童地図上に色分けしたシールを張り、危険地点を調査して、交通教育指導員が写真やイラストで安全意識危険意識交通安全教育指導しております。  

長野市議会 1998-12-14 平成10年 12月 定例会-12月14日−03号

また、埼玉県川口の商工連合会が十一月十日、期間限定のプレミアム付き商品券総額五億五千万円を発売したところ、即日完売となりました。この商品券の使用は九九年一月三十一日までの期間限定ですが、人気の秘密は市が五千万円の補助金を出したため十%のプレミアムが付いたことによります。  このように商品券は、全国の自治体がいろいろな企画を立てながら地域経済活性化のためにアイデアを絞っているところであります。

須坂市議会 1995-09-12 平成 7年  9月 定例会-09月12日−02号

埼玉県川口では町内会館、須坂市でいえば町の公会堂を助成金で建てたところが多くあります。再資源化にかかわって逆有償など厳しい品目があることも承知をしています。しかし助成金制度は、これから本格化するごみ分別再利用の導入に向かって、各町が張りを持って取り組みができ、住みよいまち須坂市をあらわすことになります。

長野市議会 1992-03-10 平成 4年  3月 定例会-03月10日−03号

この間、私たち眞成会が視察させていただいた川口リサイクル工場では、空き瓶は十数種類に分けて業者直接売却、アルミ缶売却益から車いすを購入する市民ボランティアへは場所の提供、牛乳パックの回収ボックスを各公共施設に、また、瓶・缶の分別収集等々をしておられ、全職員が各地区にへばりついての指導体制をとってこられたようでございます。

長野市議会 1990-03-15 平成 2年  3月 定例会-03月15日−05号

全国でもリサイクル運動の先進地として知られる川口では昭和五十四年に、「市民ができるところは市民がし、市民ができないところは市がやる。」という、市と市民の連携プレーによる役割分担を明確にし、瓶と缶の分別収集、団体による集団資源回収をスタートさせ、今日定着していると聞いております。

  • 1