1859件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

諏訪市議会 2019-06-17 令和 元年第 3回定例会−06月17日-03号

その後、平成22年に岡谷が有料化しております。また平成23年には下諏訪町が有料化をしているという状況にございます。  現在の諏訪市の状況でありますけれども、燃やすごみ量の減少率は年々小さくなっておりまして、人口減少を考えますと1人当たりの燃やすごみ量の原単価、これはほぼ横ばいで今推移をしております。

諏訪市議会 2019-06-13 令和 元年第 3回定例会−06月13日-02号

岡谷、下諏訪町はこういった施設を持っていないということで、岡谷、下諏訪町については、こういった剪定木、剪定枝ですけれども、事業系につきましては、湖周クリーンセンターで焼却処分をされていることになっております。諏訪市しかこういった施設を持っておりませんので、今回抜き出した形でこうした条例改正を出させていただいたということでございます。              

原村議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会−03月14日-付録

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜            平成31年第1回原村議会定例会               陳 情 一 覧 表 ┌──┬─────────────┬────────────┬─────┬─────┐ │番号│   陳  情  者   │  件      名  │付託委員会│ 摘 要 │ ├──┼─────────────┼────────────┼─────┼─────┤ │ 1 │岡谷中央町

原村議会 2019-03-01 平成31年第 1回定例会−03月01日-03号

岡谷が5万412人、5,549枚、交付率11.01%。諏訪市が5万164人、6,960枚、13.87%。茅野市が5万6,107人、交付が5,965枚、10.63%。下諏訪町が2万492人、3,116枚、15.21%。富士見町が1万4,787人、1,910枚、12.92%。

諏訪市議会 2019-02-19 平成31年第 1回定例会−02月19日-01号

リニア新幹線など高速交通網へのアクセスとして重要な施設となる諏訪湖サービスエリアへのスマートインターチェンジ整備事業につきましても、県、岡谷などの関係機関や地元の皆様の御理解と御協力により、アプローチ道路案を了承いただいたほか、新たに着手いたしました諏訪湖周サイクリングロード整備事業、柳並線の延伸事業も動き始めるなど、市内の骨格とも言える重要路線の整備を推し進めてまいりました。

茅野市議会 2018-12-19 平成30年 12月 定例会-12月19日−06号

でも、私いろんなところを調べてみると、そこに記載されていない中、水面下の中には大きなどうも隔たりがあるのではないかと、例えば岡谷は早朝がただだとか、あるいは先ほど委員長も言いましたように減免の制度があるかとか、子どもにもとか、あるいは諏訪市は全く同じような減免がある、あるいは下諏訪町はその施設そのものが土日祝しか、あるいは8月とか開場していない、そのような内容のものを提示して、それはあたかも茅野市

岡谷市議会 2018-12-13 岡谷市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月13日−05号

30年度岡谷一般会計補正予算(第9号)  日程第8 議案第78号 平成30年度岡谷病院事業会計補正予算(第1号)  日程第9 議案第79号 平成30年度岡谷一般会計補正予算(第10号)  日程第10 議案第80号 第5次岡谷総合計画基本構想について  日程第11 議案第81号 安全・安心の医療介護の実現と夜勤交替労働の改善を求める意見書  日程第12 議案第82号 消費税の10%引き上げの

岡谷市議会 2018-12-13 岡谷市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月13日−資料

(第5号))11.28 11.28報告−−−−−−−−−−−−−−−−報告第16号専決処分の報告について(和解及び損害賠償の額の決定について)11.28 11.28報告−−−−−−−−−−−−−−−−報告第17号専決処分承認を求めることについて(平成30年度岡谷一般会計補正予算(第6号))11.28 11.28承認議長◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯議案第66号岡谷特別職職員給与に関する条例

諏訪市議会 2018-12-12 平成30年第 5回定例会-12月12日-06号

質疑では、県内、またこの近隣での陳情等の状況はどうかという問いに対し、長野市請願書、松本市と辰野町に陳情書を、諏訪地域では9月定例会岡谷に、12月定例会諏訪市、下諏訪町に陳情書、原村に請願書を出してあり、長野市岡谷は不採択、松本市と辰野町は採択、原村と下諏訪町は結果待ちとの答弁。茅野市と富士見町に関してはの問いに対し、支部として考えることなので今後どうなるかわからないとの答弁。

安曇野市議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会-12月12日−04号

これらを考慮しますと、市としては、事前配布については現時点ではちょっと考えてはいませんし、県内を見た場合に、松本市、塩尻市、岡谷、そして飯山、安曇野市、この5市が備蓄をしているということでございまして、130キロ離れていればいろいろな情報が入る、また危険だというようなことになれば、それだけの時間的な余裕は持てるのではないかなというように思っております。

茅野市議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会-12月12日−05号

財政調整基金のほうですけれども、平成19年に岡谷で発生しました土砂災害におきましては、一時的ですけれども復旧費として15億円程度の財政支出が、財政調整基金の取り崩しがございました。災害というのはあってはならないことですけれども、主にこのような不測の事態に対応するということで、財政調整基金のほうについては20億円というふうに見込んでおります。

岡谷市議会 2018-12-06 岡谷市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月06日−04号

そこで、今年度に対する岡谷としての評価をお伺いします。  (2)岡谷工業活性化計画の進捗状況についてお聞きします。  平成31年度からスタートする岡谷工業活性化計画に向け、本年度は6回の岡谷工業活性化会議を経て、岡谷工業活性化会議より出された意見を参考にしながら計画しているとお聞きしています。昨年より、次期岡谷工業活性化計画のための動向について注視してきました。

岡谷市議会 2018-12-05 岡谷市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月05日−03号

また、繭から糸、織物までを一貫して行える環境岡谷にはございますので、高林館長は来年度より採用を予定しております地域おこし協力隊と協力をし、岡谷でしかできない岡谷ならではのシルク商品の開発に向けた取り組みを展開したいというふうに考えておられます。  

諏訪市議会 2018-12-04 平成30年第 5回定例会−12月04日-04号

実はかりんちゃんバスだけではなくて、このほかに私が住んでいる角間新田線もありますし、岡谷と茅野市を結ぶ岡谷茅野線の本線のバスもございますし、ほかにもスワンバスでありますとか、いろいろなバス上諏訪駅を利用しておりまして、それらを総合すると、東口には8路線の93便、西口にも8路線の63便、これら結構な利用を今もしているというところでございます。