16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

岡谷市議会 2015-02-27 02月27日-05号

次に、大きな5番、岡谷ジャンクション高架橋安全性について。 (1)現状についてです。 これは、昨年9月に質問したときに、私は同じようなことを言っているんですが、清水將弘議員もきのうそういう質問しておりました。河西建設水道部長は安全であるというように御返答をいただいたと思っておりますけれども、ところが昨年の12月に2カ所、要するに剥離というか、浮き上がりが見つかった。

諏訪市議会 2014-03-03 平成26年第 2回定例会−03月03日-04号

水野政利 議長  企画部長熊澤信彦 企画部長  NEXCOへちょっとお聞きした結果だけ申し上げますけれど、今、中日本高速道路株式会社松本保全サービスセンターというのがありまして、長野道安曇野インターから岡谷ジャンクションまで、中央道については伊北インターから小淵沢インターまでの管理をしております。  

岡谷市議会 2014-02-26 02月26日-03号

岡谷市内には岡谷ジャンクションにかかる高架橋JR中央線連続立体交差など大型高架橋がありますが、どちらも供用開始から年数が経過しており、特に岡谷ジャンクション橋では平成3年に一部コンクリート片が落下しました。平成21年には橋桁にひび割れが見つかって、一時期直下にある高架下公園を閉鎖し点検を行ったことは記憶に新しいことであります。 

諏訪市議会 2013-12-10 平成25年第 5回定例会−12月10日-04号

長野道岡谷ジャンクションから安曇野あと東富士五湖道路圏央道高尾ジャンクションからあきる野、中部横断自動車道増穂インターから双葉ジャンクションあと安房峠道路ということで、非常に広いところを持っていまして、この大きなところへあそこの部分だけで行っても効果はいかがなものかということでございます。  

岡谷市議会 2008-03-05 03月05日-04号

次に、岡谷消防署における高速道路管轄区域及び救急出動状況でありますが、岡谷消防署における高速道路管轄区域につきましては、管轄区域内に岡谷ジャンクションが存在するため範囲が広く、岡谷インターチェンジを起点に、中央道では下り線伊北インターチェンジまで、上り線では諏訪インターチェンジまで、長野道では下り線塩尻インターチェンジまでを管轄としております。

諏訪市議会 1999-12-15 平成11年第 6回定例会−12月15日-05号

現在諏訪消防におきましては、中央道上り諏訪南インターまで、下りにつきましては中央道岡谷ジャンクション、長野自動車道におきましては、岡谷から長野自動車道までを分担しておるわけでありますが、このたびの広域に移行したことによりまして、窓口が一本化ということで、道路公団とも折衝をしたところ、1カ所の窓口では不利だということで、アドバイスもあり、おのおのの所在地市町村岡谷諏訪市、富士見ということで、実際

岡谷市議会 1994-12-09 12月09日-04号

交通量につきましては、あそこの岡谷ジャンクション供用開始しましたのが昭和61年の3月でございますが、当時は日 9,360台くらいでございました。現在、平成5年度にまいりますと、それが3万 6,211台ということで急激に増加しているということがこの公団の方からの発表でございます。 

岡谷市議会 1994-03-10 03月10日-04号

それ以前に、岡谷ジャンクション交通事故によりコンクリートが落下する事故もありました。いずれも幸いにして物損人身事故には至らなかったものの、一歩間違えば大事故になりかねない、そういう背筋が寒くなるような事故であったわけであります。昨晩、岡谷長野自動車道対策委員会が開かれまして、この中で、役員の方から非常に強い不安と日本道路公団に対する不信感が表明をされました。

  • 1