3462件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松川村議会 2019-09-18 令和 元年第 3回定例会−09月18日-02号

今おっしゃっておりますように、それぞれの審議がございます。一番私が主にしているのはですね、地域づくり推進委員会。ここへ村の計画を出して、そこで審議をしていただいて、いいか悪いかやっているのが現状であります。  また、そこへかける前にはですね、それぞれ課長会、それから審議等もございますけれども、審議に意見を聞いて、それで私の意見として地域づくり推進委員会へかけております。

松川村議会 2019-06-17 令和 元年第 2回定例会−06月17日-02号

昭和52年に村の文化財保護条例が制定され、文化財審議によって調査研究がなされ、平成16年に「松川村の文化財」として、この冊子が編さんされたと承知しております。その後、松川村収蔵庫が追加され、平成25年に再編され現在に至っています。ちなみにこの「松川村の文化財」は1冊1,000円ですので、議員の方でお持ちのない方がいらっしゃいましたら教育委員会までお願いいたします。  

原村議会 2019-06-04 令和 元年第 2回定例会−06月04日-03号

現在、一般廃棄物減量等推進審議において、村が行う一般廃棄物の減量等に関する施策等を審議及び協議いただいていることから、活動が重複する廃棄物等減量推進委員の委嘱は行っておりません。減量に向けた新たな取り組みについては、正直なところ、これといった案はなく停滞している状況です。引き続き審議などを通して有効な取り組みを考えていきたいと思っております。  

松川村議会 2019-03-18 平成31年第 1回定例会−03月18日-03号

また、そんなときに、公民館社会教育課といたしましては、公民館運営審議社会教育委員会の皆さんの御意見も聞いてまいりたいというふうに考えております。 ○議長(平林寛也君) 上田議員。 ◆7番(上田治美君) すみません、ちょっと聞きづらかったんですけども、10%引き上げに合わせて、使用料引き上げは今のところ考えてないというふうに聞こえていいんですか。 ○議長(平林寛也君) 社会教育課長

諏訪市議会 2019-02-28 平成31年第 1回定例会−02月28日-05号

毎年4,000万円前後繰り出しをしているわけですから、これが健康増進施設だからいいという考え方に私はくみしませんので、運営協議会という中途半端な経営の審議みたいなものがあり、あくまでもこれは指定管理団体のやまびこがやっている運営協議会なので諏訪市としてはタッチできないのかもしれませんが、これをもうちょっと実のあるものにしていただいて、もっと経営の分析をし、専門家を入れて、これからの収益とか経営という

諏訪市議会 2019-02-27 平成31年第 1回定例会−02月27日-04号

それから駐車場会計への繰出金が600万円、それから住宅・店舗リフォーム補助金が750万円、それからフォトニクスポリマイノベーション国際会議が終了したことによる負担金が360万円といった商工費の予算が減となっておりますので、全体では大きな減となっておりますが、工業振興審議の答申等によりまして、新規事業での予算も計上しておりますので、与えられた予算の中で十分な産業振興を図ってまいりたいと考えております

諏訪市議会 2019-02-26 平成31年第 1回定例会−02月26日-03号

○金子喜彦 議長  経済部長 ◎大舘道彦 経済部長  平成31年度に工業審議の答申によりまして、シリコンバレーの視察をしたいと考えております。これは工業審議の答申において、諏訪湖イベントホールについて現在あり方検討会にて活用方法の検討が進められているが、メッセ会場としての活用以外にも工業振興につながる活用方法があると見込まれる。

松川村議会 2018-12-19 平成30年第 4回定例会−12月19日-03号

具体的には、基本方針と予算、年間計画を、公民館運営審議がございますので、そちらのほうにお示しして、村で決められた予算の範囲内で実施しております。内容によっては、実行委員会組織をつくって協議を重ねて実施するものでありますし、それぞれ要望をいただいて検討して開催するものもありますので、あくまで社会教育公民館が企画するものが主催事業ということになりますので、よろしくお願いいたします。

岡谷市議会 2018-12-13 岡谷市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月13日−05号

次に、議案第75号 岡谷市スポーツ施設指定管理者の指定について、委員より、岡谷市公の施設指定管理者選定等審議答申書の意見・要望から、岡谷市スポーツ施設は市外の方の利用者も多く、岡谷市民にとって、より地域団体との連携した取り組みが課題と捉えたが、指定管理者選定に当たりどのような議論がされたかとの質疑があり、市民の利用が大事と思っているが、市外の方と市内の方の利用料金が同じという現状もある。

安曇野市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会-12月11日−03号

また、御指摘のとおり、本年3月議会において、適正な料金はいかなるものかを市民目線で調査・審議をしていただくために、安曇野市下水道事業経営審議に諮問をしたことを答弁をさせていただいたところでございます。その後、審議では、安曇野市水道事業における適正料金のあり方とその適用時期について7回の審議を行っていただいております。