6806件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上田市議会 2021-12-13 03月02日-一般質問-03号

次に、新型コロナウイルス感染症拡大防止を図るため、国の緊急事態宣言等も影響し、観光客は前年に比べ大幅に減少している状況にありますが、先般、長野県において県民支えあい家族宿泊割第2弾の開始、また新型コロナウイルスワクチン接種も開始されるなど、今後少しずつではありますが、観光客の増加が見込まれると推測されます。 そこで、質問いたします。

長野市議会 2021-06-25 06月25日-05号

、「利用者だけでなく、その家族にも大きな問題となる。施設入所短期入所利用ができなくなることで、在宅介護をする家族への負担が増えることは明らかで、家族が仕事を続けられなくなったり、虐待につながる可能性もある。」との意見が出されました。 一方、不採択とすべきものとして、「在宅介護保険利用者デイサービス利用者には負担軽減が全くなく、全額自己負担である。

長野市議会 2021-06-16 06月16日-02号

次に、長沼地区災害公営住宅入居希望者の人数が減少した理由ですが、御家族との話合いの中で自宅再建に向けて動き始めたこと、仮申込みをしていただいた災害公営住宅美濃和田団地入居の意向を固めつつあることなどが挙げられます。なお、希望する世帯数につきましては、2月末の時点で8世帯となっておりましたが、減少が進んでおり、現在は一、二世帯にとどまっております。 

大町市議会 2021-06-16 06月16日-03号

その結果、近隣市町村への通勤時間の短縮などにより、子育て役割分担を見直すことで、子育てにかかる負担軽減が図られたり、休日等に家族でより快適に充実した時間を過ごす選択肢が増えるほか、小児専門である県立子ども病院へのアクセス性も格段に向上する事が考えられ、子育ての視点からも、松糸道路早期整備に期待しているところでございます。 以上でございます。 ○議長(二條孝夫君) 山本みゆき議員

下諏訪町議会 2021-06-15 令和 3年 6月定例会−06月15日-04号

18歳未満子供家族介護や幼い弟妹の面倒を見るなどを担わされているというもので、中学生でその調査では27人に1人、高校生では17人に1人ということで、かなり多くのヤングケアラーが存在しているということです。  家族の面倒を見るために子供本人の勉強時間が少なくなってしまいます。下諏訪町の実態はどうでしょうか。それと、どのような対応をしているのでしょうか、お願いします。 ○議長 教育こども課長

大町市議会 2021-06-15 06月15日-02号

◆14番(岡秀子君) 今後に向けて、その校内支援はもちろんですが、必要とあれば専門家へ道筋をつけたり、また家族、家庭への支援、あるいはケアが重要でございますので、子ども家庭総合支援拠点の果たす役割ということで、大変これも大きな役割になってくるのではないかというふうに思っております。ぜひ今後に期待したいと存じます。 

下諏訪町議会 2021-06-14 令和 3年 6月定例会-06月14日-03号

昨今、家族継承が絶えて文化芸術遺産が継承できない状況が多々ある。生前、芸術に優れた人の遺品が処理に困り焼却せざるを得ない。また、芸術品骨董品等の収集で本当に価値あるものが安価で処分されてしまうケースもある。  下諏訪町出身で業績がある人を記録保存しておかなければならない。それらは下諏訪町として保存し、後世に残さなければならない責任があると思う次第である。

千曲市議会 2021-06-14 06月14日-02号

その他の体験メニューですが、農業体験施設の畑を併用し、野菜作り、パーク内の落ち葉やヤギやウサギ、鶏を飼育して、そのふん等も堆肥に活用し、有機農法も学ぶ場にしたり、グループや家族に畑を貸し出したり、農産物で焼き芋大会など収穫の喜びを実感する取組をする。また、火育のため、火の大切さや扱いを学び、二酸化炭素排出など環境問題を学ぶ機会を作る取組みが今必要です。 

小諸市議会 2021-06-11 06月11日-03号

障がいや病気のある家族に代わり、買物、料理、掃除、洗濯などの家事をしている。家族に代わり幼い兄弟世話をしている。障がいや病気のある兄弟世話や見守りをしている。目を離せない家族の見守りや声掛けなどの気遣いをしている。日本語が第一言語でない家族や障がいのある家族のために通訳をしている。家計を支えるために労働をして、障がいや病気のある家族を助けている。

小諸市議会 2021-06-10 06月10日-02号

自分の健康を守ること、家族地域とのつながりを持ち、地域における日頃の見守りと、いざというときに支え合う良好な関係を築いておくこと、自分がどのような場所で医療介護を受けたいかを考えて家族などに伝えておく人生会議取組成年後見制度の学習など、様々な心積もりをしておくことで、最後まで自分の意思が尊重され、安心した生活を送ることができると考えております。 

大町市議会 2021-06-03 06月03日-01号

中でも大正時代に旧美麻村で捕獲されたトキの貴重な標本には、歓声を上げる家族連れの姿が見られるなど、70年にわたる博物館調査研究の積み重ねが実を結ぶ企画展となっております。 今後はさらに市民要望を反映した運営に努めるとともに、SDGs未来都市として山岳文化の創造と振興を担う拠点にふさわしい博物館の活動を目指し、一層、力を尽くして取り組んでまいります。 

上田市議会 2021-03-31 03月22日-趣旨説明、議案質疑、議案付託、委員長報告、質疑、討論、採決-05号

これに対し、消防団員対象に行った要望調査では、家族利用できる施設を追加してほしいとの声が多かった。これを受けて検討する中で、応援事業利用率を上げるためには、これまでの温泉施設以外の施設を追加してはどうかとの意見があったことから、新たに運動施設応援事業対象施設として追加した。

下諏訪町議会 2021-03-22 令和 3年 3月定例会−03月22日-05号

高齢化が進む現在、集団感染による医療崩壊を防ぐため、要介護者に対し安心して介護できる環境を作っていくことが介護サービスを受ける利用者家族、町民の願いです。  新型コロナウイルス感染症感染拡大に伴い、自らの感染の不安を抱えながらもケアの質を維持するため、介護従事者等業務量は増加し、もともと人材不足だった介護現場は益々大変に困難な状況になっています。

長野市議会 2021-03-22 03月22日-07号

社会の高齢化が進み、核家族化や地域つながりが希薄化したことで、家族近隣住民の手助けが得られず、体力の衰えや病気により、ごみ集積所までごみを搬出することが困難となっている高齢者が増えております。 ごみ出しが困難な高齢者は、買物支援外出支援なども必要となる傾向が見られることから、環境部保健福祉部で連携しながら、高齢者ごみ出し支援について検討するよう要望いたしました。 

岡谷市議会 2021-03-16 03月16日-07号

また、委員より行方不明になる可能性の判断はどのように行うのかとの質疑があり、家族ケアマネジャーなどが登録を行うケースが多いとのことでありました。 さらに、委員より今後新たに行方不明になった方がいた場合は必ず登録されるということかとの質疑があり、本人申請であるため、行方不明になる可能性があっても登録に抵抗を感じる人もおり、全員が登録されるものではないとのことでありました。 

大町市議会 2021-03-12 03月12日-06号

農林水産課所管事項の審査では、委員から、小規模兼業農家家族経営農家への支援策について質疑があり、行政側から、現在国でも検討されているが、具体的な施策は展開されていない。現在策定を進めている市の農業振興計画において検討していきたいとの答弁がありました。 他の委員から、現在ワイン用ブドウについては、苗木補助を行っているが、ワイン用以外のブドウについては対象となっていない。

伊那市議会 2021-03-11 03月11日-04号

企画部長飯島智君) まあ土曜日、日曜日という休日開催でありますので、ぜひ御家族でですね、子供さんも含めて、当日はこのいわゆるこうエデュテイメントというか、こう学びながらこう勉強するような、そういった趣旨の展示だとかイベントもございますので、特にこういった皆さん特別な制約だとか、特化したものありませんけれども、市民皆さん大勢の方にお越しをいただきたいというように考えてございます。