341件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松川村議会 2020-09-16 令和 2年第 3回定例会−09月16日-02号

購入理由については、害虫対策だそうであります。  こうした政府は、なりふり構わず自動車の追加関税を阻止をしています。政府は、工業製品、農産物などの関税を、段階的にではありますが、16年後には9%にするんだと約束をいたしました。  TPP、EPA、FTAいずれの協定も目的関税を撤廃することで、自由貿易を拡大させ、グローバルな発展を目指すことだと考えます。

箕輪町議会 2020-09-07 09月07日-02号

例えばネズミ害虫発生して近隣公衆衛生が悪化するおそれがありますし、また放火などによって火災が発生するかもしれません。住民住民の話し合いで解決するのが理想でございますけれども、全国の事例を見ても難しいのが現状です。当町における現状把握対応状況についてお尋ねいたします。 ○中澤議長 町長白鳥町長 ごみ屋敷というふうなお言葉がございました。

千曲市議会 2020-06-10 06月10日-04号

基本的には、人間に対して益になるものは益、害になるものは害獣、害鳥、害虫であってはいけないものか、教育長の御所見を伺います。 ○議長荻原光太郎君) 答弁を求めます。 小松教育長。          〔教育長 小松信美君 登壇〕 ◎教育長小松信美君) まず、宮坂議員さん、5期、本当に御苦労さまでございました。 

箕輪町議会 2020-03-09 03月09日-02号

森林法の第21条の目的というものにつきましては、一つは造林のための地拵え、また二つ目として開墾の準備、三つとして害虫駆除、それから四つ目として焼き畑、こういったものが火入れに関する条例の基本となっているものでございますので、一般的なドテ焼きですとか、そういうものはこれに該当してこないのかなという考え方でございます。

原村議会 2019-06-03 令和 元年第 2回定例会−06月03日-02号

ネズミあるいは害虫等の発生や、美しい原村という景観さえも損ね、荒れ放題の状況でございます。また農業振興面から見ても、これでいいのかという思いがいたします。こういった環境長期化傾向となっており、再び耕作をし農業を再開するとなりますと、手に負えない状況になるのは目に見えております。  そこで伺います。

下諏訪町議会 2019-03-07 平成31年 3月定例会−03月07日-04号

寄せられた相談内容につきましては、ごみの出し方や税や福祉、マイナンバー制度等行政サービスに関する問い合わせが61件、離婚や行方不明の親族についてなど家族・親戚に関する相談が19件、草木越境等空き家に関する相談が11件、道や側溝等の補修・整備に関する相談が11件、騒音や悪臭等近隣トラブルに関する相談が10件、蜂の巣アメシロ等害虫駆除に関する相談が9件、消費生活相談が7件、バス路線拡充希望等

千曲市議会 2019-03-07 03月07日-05号

そういった通信になりますので、そういったことを使いながらまずは画像処理等がどうできるかという実証実験をするということになりまして、なかなか難しいんでしょうけれども、特に害虫を追い払うことは、もしセンサーがあればできるとか、さまざまなことに拡大がされていくというふうに思っておりますが、これからの実証実験の中でどこまでできるかというのはまだはっきりしておりませんけれども、そういう実験をしたいなと。 

伊那市議会 2019-03-06 03月06日-02号

空き家は防災や環境景観など幅広い範囲で問題になり、草木繁茂害虫発生等により深刻な相隣関係の問題となることもあります。このようなことから、全国各地空き家対策は急務とされており、各省庁でも空き家、まあ空き地を含みますけれども、関連の施策が練られ、国全体の問題として取り組まれていることがわかります。 さて、そのような中、伊那市でも2月8日に空き家対策協議会が設置されました。

安曇野市議会 2019-03-04 03月04日-03号

地下水の低いところでは、枯死し、全滅している植物や、害虫による樹木の枯死や発育障害が生じている個体も散見します。自然豊かな安曇野としては、甚だ残念だと言っても過言ではないと思います。今現在、主要幹線に植栽してある樹木は、おおむねアメリカンハナミズキ安曇野インター堀金線ウラジロナナカマド豊科大天井岳線等で植栽されています。風害に非常に弱く、数本の倒木もあります。

下諏訪町議会 2018-12-12 平成30年12月定例会−12月12日-03号

そのほか主な相談内容は、蜂の巣アメシロなどの害虫駆除関係が3件、敷地内への不法投棄関係が2件、空き家の屋根や壁面の損壊による周囲への飛散が2件となっております。  現在、26件中22件が解決済みでありますが、残り4件については、2件が折衝中、1件が所有者からの回答待ち、1件が所有者が亡くなっているため相続関係の調査中となっております。  

千曲市議会 2018-09-11 09月11日-03号

それで、今、海ばっかりかといいますと、必ずしも周りを見れば畑でもマルチなどというフィルムのシートを使うのが農作物に当たり前の状況になっており、そこへ害虫がつかないようにネットをかけるとか、または水田のあぜシート、または空き地雑草予防のために張るプラスチックのシートなどがみんな売っておりまして、これらは回収どころか、マルチなどはそのまま収穫終わった後、トラクターかけちゃうんですよね。

須坂市議会 2018-09-06 09月06日-04号

また、全般的に害虫発生が多い傾向で、果樹においてはダニなどの発生が例年に比べ多かったとのことですが、いずれにしても現状では大きな被害に至っていないと伺っております。 今後につきましては、高温、干ばつが続くようであれば、防除やかん水、地温の上昇を抑えるためのわらやシートを敷くなどの対策が有効とのことでございました。