124件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

諏訪市議会 2019-06-26 令和 元年第 3回定例会−06月26日-06号

日米安保条約によって基地提供義務を負うことと、米軍が基地自由使用し、日本側の立ち入りを認めないことは全く別の次元の問題です。問われているのは、日米地位協定による日本主権の侵害を放置していいのかという問題です。日米地位協定の改定は独立した主権国家として当たり前の要求であり、住民生活を重視するならば当然採択すべきです。よって反対討論といたします。

松川村議会 2019-03-22 平成31年第 1回定例会−03月22日-04号

サンフランシスコ条約と同時に、旧日米安保条約は、1951年9月8日に結ばれますが、この講和条約に向けた準備の中で、マッカーサーが、日本の全区域が防衛作戦のため潜在基地と見なければならない、敵対攻撃が生じた場合には軍事情勢が要求する戦術的配備を行うために無制限自由が合衆国に留意されるとする見解を表明し、旧安保条約には、安全保障軍は占領終結に際し、連合国占領軍の管理下にあった施設に慣例として駐留し、同軍隊

上田市議会 2018-06-25 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月25日−趣旨説明、議案質疑、委員長報告、質疑、討論、採決−05号

戦力の不保持、交戦権否認をうたう憲法9条2項を死文化して、2015年に強行した安保関連法を合憲化しようとするものであり、到底容認できるものではありません。  これまで安倍政権は特定秘密保護法の制定、集団的自衛権の行使容認の閣議決定安保関連法の施行、いわゆる共謀罪の趣旨を盛り込むテロ等準備罪の強行成立、日米同盟の強化と自衛隊の軍備増強など、9条改正への地ならしを行ってきました。

安曇野市議会 2018-03-07 平成30年  3月 総務環境委員会-03月07日−01号

安倍首相が既に集団的自衛権を認める閣議決定をして、16年には安保法制を成立させる、今の状況では、海外でも他国と後方支援とか武力行使は可能で、日本戦争できる国になっているんじゃないかとも思いますけれども、それでも南スーダン自衛隊を派遣した際は憲法9条が歯どめになって、あるいはPKO法、自衛隊法が歯どめになって、幸いにも戦闘が行われないで南スーダンから撤退することになりましたが、未だに9条がこのように

諏訪市議会 2017-12-04 平成29年第 5回定例会−12月04日-03号

安保法制の強行採決から憲法まで変えて、アメリカと一緒に世界中のどこにでも出かけて武力行使をする道、これへと突き進んでいます。しかしながら、9条改憲に対しての反対はどの世論調査でも過半数を超えています。だからこそ、衆議院選挙結果が改憲反対の議席数の大幅増につながっていったのだと考えております。  

安曇野市議会 2017-09-07 平成29年  9月 総務環境委員会-09月07日−01号

原発や安保法制に反対の運動なども目をつけています。共謀罪は、監視社会をさらに広げていくことが大きな狙いですというようにしているわけですね。  それから、もう一つは協力者をつくっていく、今もやっているそうです。監視対象の組織内部の人を公安の協力者にしていく。同時にインターネットを活用した監視、情報収集が強まっていくでしょう。

安曇野市議会 2017-09-01 平成29年  9月 定例会-09月01日−02号

議員からは、昨年の6月定例会、また9月定例会、本年の3月定例会それぞれにおいて安保法制、あるいは緊急事態条項、テロ等準備罪などに関する質問をいただいたところでございます。その都度私の考えを申し上げさせていただいたところでございますが、これまでの答弁と繰り返しになるところもございます。  私は、日本は唯一の被爆国として再び戦争を起こしてはならない。私自身も戦争で親父を亡くした身でもございます。

下諏訪町議会 2017-03-22 平成29年 3月定例会−03月22日-05号

しかし、安保法制のときには、何ら丁寧な説明や理解、納得を得られるような方策は得られていません。今この段階でこれをやめさせていかなければ、新たな国の民主主義の崩壊、あるいは基本人権侵害に突き進んでいくんではないか、そういう危惧を含めて本意見書の提出に賛成をいたします。 ○議長 そのほかに討論はございますか。               

原村議会 2017-03-14 平成29年第 1回定例会−03月14日-05号

今なぜそういうことを言い出したかということを見ると、請願文章の中にもありますけれども、日本全体、特定秘密保護法を成立させ、武器輸出自由化をさせ、集団的自衛権の行使、安保法制の成立というぐあいに、どんどんどんどん戦争への道を開いておりますけれども、これを最終的にもっと確実にするために出してきたものが今回、テロ組織犯罪準備罪、実質的には共謀罪ということになると思います。  

軽井沢町議会 2017-03-07 平成29年  3月 総務常任委員会(3月7日)-03月07日−01号

◆委員(大浦洋介君) 参考人はじめ傍聴者の方、ご存じだと思いますが、軽井沢町議会ではこれまで安保関連法案、それからオスプレイの件につきましても議会で採択して、国のほうに送っていますね。これはご存じでございますね。そのときにも私、たびたびその都度申し上げたんですが、今この共謀罪云々ということでしたら、それは確かに参考人言われていますように、準備罪だけで日本には31ありますよ。

上田市議会 2017-03-06 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月06日−一般質問−02号

氏は安保法制が憲法違反であると厳しく批判する一方、アジア平和構築に向けて北東アジア共同体の設立を提案しています。日本集団的自衛権を容認し、米国との同盟関係を強化すればもっと危険な状態になると思います。結果、軍拡競争が起こるでしょう。軍拡競争そのものが戦争に導く要因を内在させていますとのインタビュー記事を読みました。  

松本市議会 2016-12-07 松本市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月07日−04号

冒頭にも申し上げましたが、TPP、そして安全保障関連法案安保法案)、そして今回は、まさにこのどさくさに紛れてのカジノ解禁推進法案。本当に目に余る。  安倍政権のこうした政治運営について率直に、菅谷市長はどのようにお考えになりますか。十分に時間をかけずに、しかも問題点が明らかになり、国民の反対が強まると見るや、数の力で採決を強行する。

軽井沢町議会 2016-09-06 平成28年  9月 総務常任委員会(9月6日)-09月06日−01号

いずれにしても、前回の安保法案のときにも稲垣さんに申し上げましたけれども、のちに軽井沢町議会のほうが議会で動議を出して、安保関連法案に反対する決議書を出しましたですね、議会のほうで、あれは稲垣さんに申し上げたときは、やはり私どもに請願を求める以上、過激な発言はやめてくださいと申し上げたんですよ。

安曇野市議会 2016-09-02 平成28年  9月 定例会-09月02日−02号

安保法制、いわゆる戦争法の強行採決や、自民党の草案緊急事態条項により憲法改正が行われれば、内閣の判断で法律と同じ効力を持つ政令地方自治の長に対して必要を指示することができるという条項になる可能性があります。そうなれば、地方自治はずたずたになる。  憲法の8章の自治はどうなるのでしょうか。