418件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

塩尻市議会 2021-09-12 09月12日-04号

学力低下につながるかもしれません。視力低下もあります。ゲーム依存によって睡眠不足等、子供たち自身も心配しており、これが課題となっております。 今後ですが、学校現場では電子メディア機器を持っていない児童・生徒も含めて、情報モラル教育の充実を図っていくのはもちろんですけれども、過度な利用の実害を保護者の皆さんが十分理解していただけるよう推進していきたいと思います。 

塩尻市議会 2020-09-11 09月11日-03号

また、健康面等で心配なことという質問につきましては、小学生は視力の低下や運動不足への心配を抱えている傾向がございまして、中学生では睡眠時間の減少による生活の乱れや、学習時間の減少による学力低下を心配する傾向、これが見られたところでございます。 

岡谷市議会 2019-12-06 12月06日-04号

小学校での不登校になりますと、学力低下が顕著になりまして、生きていく上でもかなり厳しいものがあると思います。 次に、(2)支援体制、取り組み状況をお聞きしました。支援の中にフレンドリー教室、中間教室があります。先ほどその大まかな内容はお聞きしましたが、もう少し細かくお聞きします。 ○副議長(藤森博文議員) 三村教育担当参事

箕輪町議会 2018-09-10 09月10日-02号

そういう中で中高生がネットに依存すると学校も遅刻、または睡眠不足、学力低下引きこもりなどを招き、日常生活に支障をきたすケースが少なくないというふうに言われております。そういった中で中学生で12.4%、高校生で16%に上ることがこの病的使用者として言われております。

下諏訪町議会 2018-09-07 平成30年 9月定例会−09月07日-04号

その圏域別の集計結果の中には、経済的理由によって学習塾に通ったり通信教育を受けていない子供の割合が、諏訪圏域では11.5%と県全体の平均の12.1%を下回ってはいますが、経済的理由のために子供が自宅で宿題をする場所がない、30.8%、新聞を定期購読していない、同じく30.8%という回答があり、貧困学力低下につながりやすい指摘もされているところであります。  

長野市議会 2018-03-06 03月06日-05号

部活動への対応が、教員の働き過ぎや生徒の学力低下の一因と考えられることから、国は部活動指導員を制度化しました。本市も、来年度予算に420万円の予算を計上し、有効活用することにより、教員の働き方改革と生徒の部活動の充実を図っています。しかしながら、この予算規模では全ての中学校の部活動に適用することは不可能です。

塩尻市議会 2018-03-02 03月02日-03号

子供貧困を解決するには多くの問題が絡んでいて、どれか一つやればよいという問題ではなく、貧困栄養不足、劣悪な住居や親の精神状態の悪化などが子供学力低下孤立などにつながっていくとしています。憲法25条は「すべての国民は、健康文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」と規定しています。貧困子供たちにはより手厚い支援をしていかなければ、最低限の生活や結果の平等は得られないと考えます。

小諸市議会 2017-06-14 06月14日-02号

そうすると、つなげて考えられることかななんていうように思ったりもするんですが、子どもたちが部活をやるから、それによって物理的に時間は少ないが、物理的なのが比例して学力低下になっているかというと、そうも言えない面があるのかなというふうに理解しています。 ○議長(林稔議員)  小林一彦議員。 ◆4番(小林一彦議員)  私もそのとおりだと思います。

小諸市議会 2016-12-09 12月09日-04号

   (1) 高齢社会の課題について     ①医療介護での社会保障費の上昇率が急増すると懸念するが、対応策は何か     ②独居高齢者の現状と対策はどうか     ③高齢者世帯生活保護受給者の推移と受給率はどうか     ④認知症高齢者の増加が危惧されるが対策はあるのか  2.子育て環境の課題について   (1) 子どもの貧困について     ①生活保護受給世帯の現状はどうか     ②子どもの学力低下

中野市議会 2016-03-09 03月09日-04号

ぜひそういったものを活用しながら、現在スマートフォンの子どもに与える影響というものは、学力低下、依存症、ブルーライト、また、ストレートネック、いろいろな問題があって、それを保護者の皆さんにも一緒に啓発等していくという中で、今後も人間力をつくるための教育、活動を続けていっていただきたい。最後にそんな要望をしまして、私の質問を終わりとさせていただきます。 ありがとうございました。

伊那市議会 2016-03-09 03月09日-02号

◆2番(野口輝雄君) 新年度の予算書の議案書からはですね、貧困家庭学力低下救済目的のように書かれているんですけれども、希望者は誰でも受けることができるというそういうことをですね、やはり前に出しておいたほうがいいような気はいたします。またこのことについては、後でお話しします。 次の質問に入ります。

長野市議会 2015-12-04 12月04日-03号

昨今の児童・生徒の学力低下及び犯罪の低年齢化につきましては、パソコン、スマートフォンゲーム機等が影響しているとも言われております。取り分け核家族化が進行し、親も子も相談相手が減少する傾向の中にあって様々な課題が提示され、社会問題も見られます。 一方で、子供たちは、自分の部屋を得、パソコン、スマートフォンゲーム等が買い与えられる時代となりました。

長野市議会 2015-06-19 06月19日-03号

また、学力低下が見られる中学校では、連携事業でどのように学力向上を行うのでしょうか、伺います。 さらに、小中連携から一貫に向けた事業移行の計画について、どのような方向性で考えておられるのか。 例えば、一貫を行う上での校舎や教職員の配置、学年段階の区切りや通学区再編成など、平成28年度より有識者による検討委員会で協議するとのことでありますが、素案作成までのスケジュールをお聞かせください。

小諸市議会 2015-06-03 06月03日-02号

小学校6年生でも4時間以上の児童の正答率が66.6%であるのに対し、30分未満の児童の正答率は79.8%と、このように顕著な差が見られまして、携帯やスマホの長時間使用学力低下の要因になっていることが認められるわけでございます。 さらに心配されるのは、ネット依存が中学生・高校生の間に進行しているということでございます。