2195件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松川村議会 2019-09-19 令和 元年第 3回定例会−09月19日-03号

私はこの中でやっぱりやってこられた移住定住の促進事業、それから出産、子育ての支援であるとか、それから婚活や交流事業、さまざまな形でもってやったおかげで、私としては歯どめはかかっているんだろうなと思います。しかし、さらにこれに対して力強くいろんな施策をまたさらに講じていかないと、またさらに減ってしまうのではないかという形の懸念があります。  

下諏訪町議会 2019-09-19 令和 元年 9月定例会−09月19日-05号

保育料無償化は国の施策であるので着実に行い、子育て支援につなげてほしい等の賛成討論があり、採決の結果、挙手全員で可決しました。  議案第58号。質疑、討論なく、採決の結果、挙手全員にて可決いたしました。  以上、生活文教常任委員会の報告といたします。 ○議長 次に、総務経済常任委員会の審査報告をお願いいたします。中村光良常任委員長、登壇の上、御報告願います。 ○議長 中村光良委員長。

松川村議会 2019-09-09 令和 元年第 3回定例会−09月09日-01号

認定こども園では、これまで村独自に実施してきた大幅な保育料減額・減免に加え、無償化の対象外とされている食材料費につきましても、3歳から5歳クラス利用の子供たちの副食費を免除する新たな子育て支援策等を実施いたします。これにつきましては皆様のほうへ御報告をさせていただいて、御理解いただいたというように思っておるところでございます。  次は友好都市中学生派遣事業についてであります。

下諏訪町議会 2019-09-05 令和 元年 9月定例会−09月05日-04号

子育て家庭への支援強化についてということで、お尋ねをいたします。一つ目ですけれども、孫を育てるための講座開設についてということでお伺いをいたします。  近年の我が国において、子育てを親のかわりに、おじいちゃん、おばあちゃんが育てている傾向が見受けられます。甘やかし過ぎや金銭面での援助は目に余るものが見受けられるのが傾向のようです。こんなことがあっては将来の憂いを感じざるを得ません。  

下諏訪町議会 2019-09-04 令和 元年 9月定例会−09月04日-03号

そんな中で、今回この三つのテーマの中に絞らせていただいたのは、今、町の大きな課題である子育て支援や高齢者が生き生きと活躍できるまちづくりであったり、そしてまた女性の活躍できる、そんな社会をつくるという大きな三つのテーマというのは、まさにまちづくりを進める上では大変重要な課題であるということで決めさせていただきました。  

下諏訪町議会 2019-09-03 令和 元年 9月定例会−09月03日-02号

今までは保育園や認定こども園といった施設サービスに対し、子供のための教育保育給付といった名称で施設型給付費という名目で支給をしておりましたが、10月以降は新たに新制度に移行していない幼稚園などの未移行幼稚園などに対しまして、子育てのための施設等利用給付という名目で支給が始まります。  

下諏訪町議会 2019-08-26 令和 元年 9月定例会−08月26日-01号

平成27年4月から子ども・子育て支援新制度が始まり、現在に至るまで小学校就学前のそれぞれのお子さんの状況によって、1号認定から3号認定までの各認定がされておりました。1号認定とは、満3歳以上のお子さんで家庭での保育を受けられるお子さん。2号認定とは、満3歳以上のお子さんで保護者の仕事などの関係で家庭保育を受けることが困難なお子さん。

下諏訪町議会 2019-08-26 令和 元年 9月定例会-08月26日-目次

│           │ │  │3 ホシスメバの現状と今後について       │  │           │ │  │4 相談事業について              │  │           │ ├──┼────────────────────────┼──┼───────────┤ │ 3│1 高齢者福祉医療について          │13│金井敬子‥‥‥‥130│ │  │2 子育て

下諏訪町議会 2019-08-05 令和 元年 8月臨時会−08月05日-01号

以上、申し上げましたとおり、松崎さんは長年培った教育全般にわたる御見識や幅広い知識をもとに、子育て支援を初め学校教育から生涯学習にわたる「優しさと生きがいをもつひとづくり」を推進する下諏訪町の教育長として、これからの教育行政を進めていく上で最適任者と考え、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の規定に基づき、議会の御同意を求めるものでございます。よろしく御同意を賜りますよう、お願い申し上げます。

諏訪市議会 2019-06-26 令和 元年第 3回定例会−06月26日-06号

国は平成27年度4月1日から施行の子ども・子育て支援の新制度の中で、家庭保育所、小規模保育事業所及び事業所内の保育事業、これを新たな公的給付の対象に加えています。そして今条例案は、国がその連携施設として挙げているものの施設基準や運営に対して規制を緩和してきたものの条例案であります。  現在、当市においては、きらりのみが該当しています。

諏訪市議会 2019-06-18 令和 元年第 3回定例会−06月18日-04号

幼児教育保育の無償化につきましては、本年5月10日に子ども・子育て支援法の一部を改正する法律案が可決、成立いたしました。本法律によりまして、原則3歳から5歳児につきましては全世帯、ゼロ歳から2歳児につきましては、住民税非課税世帯を対象に10月から幼児教育保育の無償化が開始となります。  国では法律に基づいた政令等を発出し、昨日17日ですが、市町村を対象に説明会が開催されました。

原村議会 2019-06-12 令和 元年第 2回定例会-06月12日-付録

内容 10月1日の消費税率引き上げに伴う住民税非課税者、3歳未満の子が属する世帯消費に与える影響を緩和すること等を目的としたプレミアム付商品券発行に伴う経費、樅の木荘周辺植林委託料、地域福祉センター非常灯バッテリー取替工事費、子ども子育てシステム改修費、3歳から5歳までの幼稚園保育所認定こども園などの利用料無償化に伴う事務費、通学臨時便運転業務委託料などを増額するもの。

原村議会 2019-06-12 令和 元年第 2回定例会−06月12日-04号

今後の村づくりの中で、老人医療費特別給付金の支給条件の見直し、子育て支援センターの整備、そして景観計画の策定や交通インフラの整備など多くの課題を抱えております。これらの課題に対しまして、19期の議員の皆様とともに原村のさらなる発展のために、議会行政が二元代表制の車輪の両輪となって、ともに努力してまいりたいと強く思う次第でございます。

松川村議会 2019-06-11 令和 元年第 2回定例会−06月11日-01号

教育次長(古畑元大君) それでは、教育委員会学校教育課、子育て応援課関係をお願いいたします。  戻っていただきまして、歳入14ページをお願いいたします。上段の款11項1目1節2の児童福祉費負担金でございますが、保育園の保育料確定に伴う内容でございまして、減額となっております。  16ページへお願いをいたします。

諏訪市議会 2019-06-10 令和 元年第 3回定例会−06月10日-01号

産業活力、子育て支援、健康長寿の快適生活を支える元気と思いやりのまちづくりについてです。  一つ目として、働く人を応援し、未来につながる技術地域産業を支えてまいります。働く人が仕事と家庭生活とを両立し、自分らしい生き方を実現していくため、ワーク・ライフ・バランスの改善や働き方改革を応援してまいります。