1294件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松川村議会 2020-03-26 令和 2年第 1回定例会−03月26日-03号

国庫補助金、2目の民生費国庫補助金、節2の児童福祉補助金100万円でございますが、新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策といたしまして、これを受けまして新型コロナウイルス感染対策の一環で、保育所等における緊急対応策として、国の補助金であります保育対策総合支援事業費補助金保育環境改善等事業の安全対策事業を今回緊急的に拡充いたしまして、保育所等で感染拡大を防止する観点から、村が保育所等に配布する子供

松川村議会 2020-03-19 令和 2年第 1回定例会−03月19日-02号

ただでさえ厳しい環境避難所にあって、女性はもちろん子供高齢者まで配慮したきめ細かい備えをする上で男女共同参画の考え方が欠かせないと、こういうふうに言っている方がいらっしゃいます。  いざとなったらパニックでいろいろと考えられないことも行ったりするわけですが、障害をお持ちの方、アレルギーの方、いろんなことがある。

下諏訪町議会 2020-03-16 令和 2年 3月定例会−03月16日-05号

姉妹都市交流事業では、南知多町の子供さんたちを迎える計画が盛り込まれており、両町の末永い交流につながるものとする。  税務課では、町税では法人税の予定納税の変更や事業所の景気減退による減収の中で、新築の増加等による固定資産税などの歳入が確保できると見込める。  収納率向上には、より一層の努力をお願いしたい。  ふるさと納税でポータルサイト活用や新たな返礼品の創出など努力が見られる。  

松川村議会 2020-03-10 令和 2年第 1回定例会−03月10日-01号

次に、子供の新型コロナウイルス感染症対応についてであります。国からの小中学校等の全国一斉臨時休校の要請を受け、子供たちの安全を第一に考え、保護者の休暇取得が困難な場合の特に小学校低学年の居場所確保や保護者への周知など体制を整え、3月4日から春休みまでの間、小中学校を臨時休校としました。

原村議会 2020-03-03 令和 2年第 1回定例会−03月03日-04号

スペースに子供たちの居場所が設置されたんですけれども、やはり居住区と一緒になっているとですね、子供たち静かに過ごすというのは非常に難しい中で、ほかの避難者の方たち、騒音等で苦情が生まれてしまったりですね、また隣の右の写真はふだん子供たちが遊ぶために使っていた公園なんですけれども、瓦れきの置き場になってしまってですね、子供たちの遊ぶ場所が確保されていないというようなところが今現状であります。  

原村議会 2020-03-02 令和 2年第 1回定例会−03月02日-03号

いろいろな発表の場、議員さんに御指摘いただきましたように、原村学で子供のために発表する場もありますし、村の文化祭等において展示発表であったり、芸能関係の内容であればそういうところで発表していただくとか、村として提供できる発表の場というのは考えて取り組んでいるところではあります。  

下諏訪町議会 2020-02-21 令和 2年 3月定例会−02月21日-01号

また、ふるさとまちづくり基金から寄附者の希望に沿った事業に1,674万6,000円、こども未来基金につきましても、子供教育支援など必要な経費に対して総額905万3,000円を充当してまいります。  なお、本年度においても財政調整基金からの繰り入れは見込まず、引き続き健全財政の堅持に努めてまいります。  町債には、対前年比24.4%、2億6,090万円減の8億850万円を計上いたしました。  

松川村議会 2019-12-17 令和 元年第 4回定例会−12月17日-03号

今年はどうしても、歴史的なという話も今、議員のほうからおっしゃいましたけれども、振り返りますと、保育園、小学校中学校に、これ歴史的なことだと思います、暑い夏でも子供たちが安心して学べるようにということの思いから、エアコンを全ての教室等に設置をさせていただいたということが1つあります。

松川村議会 2019-12-16 令和 元年第 4回定例会−12月16日-02号

松川村はほかの市町村にはない、子供に対して子供は宝だということで育て上げてきた教育でありまして、その辺の評価は非常に高いものがありますし、また教育委員会を通じて子供教育、それから先生方への指導も含めてしっかりとやっていただいているところとして感謝を申し上げる次第であります。しかし、この少子高齢化という形で特に子供も減っている中で、向こう10年間やはり少子化は避けて通れない問題かなと思います。  

諏訪市議会 2019-12-11 令和 元年第 5回定例会−12月11日-06号

妊婦が歯科健康診査を受け、適切な歯科受診や口腔ケアを行うことは、妊娠期の口腔内環境を整え、歯周病による出産時のリスクを予防するだけでなく、生まれてくる子供の虫歯や歯周病予防にもつながる等の理由から提出されました。  重立った質疑では、県への働きかけは行っているかとの問いに、県に対しては行っていない、市町村にお願いをしているとの答弁。

下諏訪町議会 2019-12-11 令和 元年12月定例会−12月11日-03号

国籍法に基づきますと、日本以外の国の国籍を持つ子供ということで定義をされておりますが、学校教育におきましては、外国にルーツを持つ子供など、たとえ日本国籍であっても日本語の支援が必要なお子さんがおります。実態に合わせまして、日本語の支援が必要な子供または多文化支援が必要な子供として捉えております。 ○副議長 中山議員

下諏訪町議会 2019-12-10 令和 元年12月定例会−12月10日-02号

それから、移住定住促進住宅改修事業補助金の40万円のものでございますが、これにつきましては移住定住促進住宅改修事業の補助金に不足が生じたためお願いをするものでございますが、当初予算におきましては住宅改修事業が3件、それと子供加算などの加算金10件、これの合計で300万円という想定でしておりましたが、空き家を購入して移住されるという予定の方が増加したということによりまして、改修事業が3件増加しまして、

諏訪市議会 2019-12-04 令和 元年第 5回定例会−12月04日-05号

学校現場の子供たちに対する防災教育の根幹といいますか一番のもとには、まずとにかく自分の命を自分で守るという、この考え方を徹底する。そのために何ができるかという、そういうことで学習をしています。  いわゆる想定にとらわれない中でも、ルールを守りながら自分の意思で臨機応変に行動ができる子供育成を図る。そのことが大事であると考えております。  

原村議会 2019-12-04 令和 元年第 4回定例会−12月04日-04号

ですので、通常の学校生活の中には入れませんけれども、子供たちが当然活動する時間帯にそういうところに来て、今現在、公民館の中間教室は小学生から中学生まで来ています。逆に異年齢交流が充実しています。中学生が小学生の低学年のお子さんをすごくよく面倒見てくれます。そして、小さい子供たちは本当に中学生をお兄ちゃん、お姉ちゃんだと慕っているわけです。