運営者 Bitlet 姉妹サービス
562件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-14 諏訪市議会 平成31年第 1回定例会−03月14日-06号 昨年まで、内閣官房参与を務めた藤井聡京都大学大学院教授は「太陽は何があっても東から昇るものであるが、消費税は、政治の判断で増税延期も増税凍結をすることも、さらに逆に「減税」すら、何も難しいことではない」と指摘しています。このように2019年10月の消費税10%は中止をの世論は高まりつつあります。よって、不採択に対し反対討論といたします。 もっと読む
2018-12-05 諏訪市議会 平成30年第 5回定例会−12月05日-05号 また、それにあわせて太陽熱、それから諏訪市の特色であります地中熱といったもののメニューも加えて、普及促進事業を県に登録という形でしているところでございます。               〔「議長5番」の発言あり〕 ○金子喜彦 議長  宮下和昭議員 ◆5番(宮下和昭議員) ありがとうございました。 もっと読む
2018-09-20 安曇野市議会 平成30年  9月 総務環境委員会-09月20日−01号 また、同じく太陽熱の利用システムの補助金につきましても、実は28年度も1件でありましたので、これについても検証したいと。検証とはどういうことかといいますと、このように義務化が進められている中、果たして新築住宅への補助金が必要なのかどうかということを検証していきたいということであります。   もっと読む
2018-09-13 軽井沢町議会 平成30年  9月 予算決算常任委員会(9月13日)-09月13日−02号 そういうふうにすることによって水の流れはよくなったんですけれども、非常に太陽の熱を吸収しやすいというふうな形で、光合成をする植物がないところにきて、そのプランクトンたちが太陽の光を浴びて、そこで藻が元気になってしまったというふうな形は、5月以降の気温が高くなったという原因ではないかというふうに捉えています。  以上です。 ○委員長(大浦洋介君) 答弁が終わりました。  8番、川島委員。 もっと読む
2018-09-10 飯田市議会 平成30年  9月 総務委員会-09月10日−01号 153ページのおひさまのエネルギー利用推進事業でございますが、市民向けの太陽エネルギー利用機器の設置の補助とか、これも今年度、管内視察で御視察をいただきましたが、メガソーラー飯田のPR施設の維持管理を継続して実施しておるところでございます。特定財源につきましては、市民共同発電事業売電収入でございます。   もっと読む
2018-09-10 上田市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月10日−一般質問−02号 例えば、別所温泉につきましては、最近力を入れております太陽と大地の力みなぎる聖地温泉をコンセプトとしてさまざまな体験や散策などを取り入れ、女性に向けた温泉地として売り出していること、また鹿教湯温泉においては、山間地の静かな温泉地として健康づくりができることなど、各温泉地が持つ付加価値を存分にアピールしながら誘客を進めていきたいと考えております。   もっと読む
2018-09-04 原村議会 平成30年第 3回定例会−09月04日-03号 それから、最後の省エネの観点から各家庭の白熱電球とLED電球との無償交換を考えてはどうかということですが、電力、電気というと太陽光とか自然エネルギーの比率を高めていくことが今は一番大事かなということと、もう一つは省エネルギーということも大事だと思います。その省エネという観点で、家庭での白熱電球とLED電球の交換の場合、村として無償交換を考えてはどうかということですが、よろしくお願いします。 もっと読む
2018-09-03 岡谷市議会 岡谷市議会 会議録 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月03日−01号 また、太陽熱や地中熱などの再生可能エネルギーの推進に向け、再生可能エネルギー等活用補助金を実施したほか、岡谷市再生可能エネルギー設備の設置等に関するガイドラインに基づく、自然環境や防災、景観のほか、市民の生活環境等への配慮など、持続可能な地域づくりの推進を図ってまいりました。   もっと読む
2018-07-20 飯田市議会 平成30年  7月 総務委員会-07月20日−01号 これまでの成果でございますけれども、地域のエネルギー資源、これは主に太陽光とか水力ということでございますけれども、そういった資源を活用したコミュニティビジネスの創出だけではなくて、地域と教育現場との結びつきを考えまして、学校の屋根貸しによるところの太陽光発電事業を中心に、平成25年に全国初でありましたけれども、飯田市の地域環境権条例を制定して以来、今日に至るまで10件の地域公共再生エネルギー活用事業 もっと読む
2018-07-19 飯田市議会 平成30年  7月 議会による行政評価・全体会-07月19日−01号 進捗状況の確認指標については2つ設定しておりまして、1つ目は温室効果ガスの削減量でありまして、これについては市からの補助金交付や地域環境権条例の認定支援事業等の市の事業関連で太陽光、太陽熱の設備を導入いただいた営業料の増加分、あるいはペレットストーブやまきストーブを導入していただいた昨年分から算出をしておりまして、29年度の実績値は907トンでありました。   もっと読む
2018-06-19 長野市議会 平成30年  6月19日 経済文教委員会-06月19日−09号 大変天気が良かったので、ずっと太陽に照らされて見ていると結構暑くて、それでなかなか最後まで見られる人も、途中で席を立たれてしまう人もいましたので、その辺の工夫も必要なのかなというふうに思いますので、来年にまた向けて、いろいろ参加する皆さんの声も聴いていただきながら、より中身のあるものにしていただければもっと濃いものになるのかなということで、これから御検討いただきたいと思います。 もっと読む
2018-06-12 諏訪市議会 平成30年第 2回定例会−06月12日-04号 それからもう1種類、再生可能エネルギー熱利用施設がありまして、太陽熱のもので、集熱器100平米以上のものです。こちらが同じく事業者が土地に設置する場合に、事前に届け出をしていただくということで、こちらも建物の屋根等に設置する場合は対象外になっております。また、それ以外のバイオマス等の太陽熱以外の大気中の熱を除く再生可能エネルギーというものがございまして、こちらが出力100キロワット以上です。 もっと読む
2018-03-16 飯田市議会 平成30年  3月 総務委員会-03月16日−01号 ページ、それから事務事業進行管理表でまいりますと153ページでございますが、まず予算書のほうの219ページの3のおひさまのエネルギー利用推進事業費3,396万円のうちの19負担金及び交付金の再生可能エネルギー推進事業補助金の2,120万円でありますが、こちらにつきましては、事務事業の進行管理表では先ほど御説明させていただきましたけれども、経費の内訳の太陽光発電設備設置の補助の2,000万円と、それから太陽もっと読む
2018-03-08 安曇野市議会 平成30年  3月 福祉教育委員会-03月08日−01号 それから冬場、雪を寄せるときに、たまたま南側に押しつけたおかげで、その手すりが使えないような状況がありましたので、雪を寄せる場合には北側に寄せていただいて、太陽が当たるようなところに寄せていただければいいかなと思っています。その階段の手すりについては利用されている方からの声がありましたので、その点についてちょっとどのようにお考えになるか、お聞かせください ○竹内委員長 丸山課長。 もっと読む
2018-03-08 伊那市議会 伊那市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月08日−03号 花の丘は西向きで中央アルプスに太陽が沈むため、日照時間は長く、早春から晩秋の紅葉まで多種多様の花が咲いております。  また、花の丘からは城下町高遠の向こうには、この伊那の平野が映り、そして何といっても四季折々に姿を変える中央アルプスの雪形がまたすばらしい借景となっているように、私は幼いころから見ておりますけれども、いつ見てもあきることのない景色でございます。 もっと読む
2018-03-07 伊那市議会 伊那市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月07日−02号 太陽フレアの出現により大きな影響も出ます。昨年もGPSが狂うということがありました。もちろん電池がなくなれば電波が出ません。電波を受けることもできません。さらに、人為的な操作ミスもあります。そのような事態が発生したときに、物を運んでいるドローンから荷物が落下して、人身事故にならないか、バスが軌道を外れて人身事故にならないかを心配しております。   もっと読む
2018-03-07 下諏訪町議会 平成30年 3月定例会−03月07日-03号 乳幼児が楽しく過ごせる施設ですが、園庭に設置されている遊具や手すりは金属製が多く、真夏の太陽の下ではやけどしてしまうんではないかと、また真冬では手袋なしではさわれないんじゃないかと、そんな心配もしてしまいます。真夏、真冬など園庭の金属製遊具への心遣いが欲しいと思っていますが、この点についてはいかがかお話しいただけるでしょうか。 ○副議長 教育こども課長。 もっと読む
2018-03-07 安曇野市議会 平成30年  3月 総務環境委員会-03月07日−01号 太陽熱のほうが20万円そこそこと比べたら、やはり、これは今度、発電は自給自足するほうに転換すべきではないでしょうかというのもあって、その効果と考え方、ちょっとお聞きします。 ○山田委員長 環境課長。 ◎久保田環境課長 まず、住宅用太陽光発電の補助金の今の傾向を御説明したいと思います。  住宅用太陽光発電の補助事業につきましては、年々実は申請者が減っております。 もっと読む
2018-02-21 安曇野市議会 平成30年  2月 総務環境委員会-02月21日−01号 環境基本計画推進事業の補助事業でありますが、今おっしゃった太陽光ではなくて、実は太陽熱の減額でございます。ただ、ここ数年太陽熱システムの補助金を利用される方が少なくなっております。平成26年度が6件、27年度が4件、28年度が1件ということで、実はずっと下がってきておりまして、ことし太陽光についてはふえたんです。 もっと読む
2018-02-20 岡谷市議会 岡谷市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月20日−01号 地球環境対策の推進につきましては、太陽熱や地中熱などを利用する設備の設置費用の一部を助成する再生可能エネルギー等活用補助金により、再生可能エネルギーの有効活用と環境負荷の低減を図ってまいります。  自然環境の保全につきましては、諏訪湖漁業協同組合などと連携し、諏訪湖に繁茂するヒシを除去して堆肥化する諏訪湖ヒシ除去事業を規模を拡大して実施し、諏訪湖浄化を推進してまいります。   もっと読む