18件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

安曇野市議会 2017-09-05 平成29年  9月 定例会-09月05日−04号

薬物というのは覚醒剤大麻。人身に関する搾取というのは、強制労働、その他。テロの実行ですが、本改正法にはテロ定義等がないのでわかりにくいものとなっています。  そこで、エピソード的にテロのような事象を1つ、2つ挙げてみます。  皆さん、田中康夫という人物を覚えていますでしょうか。

軽井沢町議会 2017-03-15 平成29年  3月 第1回定例会(3月会議)-03月15日−05号

この中には、組織犯罪、ハイジャック、覚醒剤大麻輸出入、臓器売買、不法入国など、テロを誘引させるような犯罪も含まれており、外国との捜査共助や、国際犯罪人の引き渡しなど、利点もあります。  また、文章の中に、既に日本ではテロ防止のために、13本もの国際条約締結し、国内法も整備とありますが、テロ対策に関しては、これでも足りません。法のすき間があります。

安曇野市議会 2016-12-07 平成28年 12月 定例会-12月07日−04号

◆10番(藤原正三) 4つ目に、隊員の個性を生かし、成功させるためにということで質問いたしますけれども、本市の地域おこし協力隊の隊員には、空き家対策、移住・定住の積極的推進に活躍してもらうとのことでしたが、移住・定住といいますと、本定例会開会の翌日11月25日、限界集落大麻、22名が所持容疑で逮捕という移住・定住の政策に水を差す事件がありました。

安曇野市議会 2016-12-06 平成28年 12月 定例会-12月06日−03号

残念ながら、先日、大町市池田町の過疎地域において、移住者グループによる大麻不法所持というショッキングな事件が起こりました。移住促進を取り組む自治体や、民間の活動団体、また多くの新旧の移住者たち、そしてその移住者たちを、懐深く受け入れてきた地元の方たちの思いに水を差す、とても残念な事件でした。  

諏訪市議会 2016-09-06 平成28年第 3回定例会−09月06日-04号

1階の窓ガラスをハンマーで割って侵入、解雇された逆恨みによる身勝手過ぎる動機、大麻の常習犯でもあったと。また2001年6月8日、大阪体育大学附属池田小学校に凶器を持った男が侵入し同校の児童を襲撃した、結果児童8名、1年生1名、2年生7名、殺害され、さらに児童13名、教諭2名が傷害を負った。

上田市議会 2013-06-11 平成25年  6月 定例会(第2回)-06月11日−一般質問−03号

このうち約6割には大麻覚醒剤使用経験もあり、脱法ドラッグが違法薬物入門薬、いわゆるゲートウェイドラッグとなっている実態が浮かび上がりました。昨年10月、全国の124校から回答を得たものです。調査は、中学生の薬物乱用の実態を調べるため、2年に1度行われており、今回は初めて脱法ドラッグについても聞き取りをしたそうであります。  

松本市議会 2012-09-10 松本市議会 会議録 平成24年  9月 定例会-09月10日−02号

まず、松本市内の脱法ハーブの状況についてですが、脱法ハーブ、いわゆる違法ドラッグとも言いますが、これは小林議員が言われますように大麻などと同じような幻覚や興奮作用があるにもかかわらず、法の規制を逃れるため薬物の成分の一部を変え、ハーブやお香などの名目で販売されているものです。  

松本市議会 2010-12-06 松本市議会 会議録 平成22年 12月 定例会-12月06日−02号

具体的には、市民フォーラム等の開催による啓発活動、小・中学校への薬物乱用防止講座の講師等の紹介薬物相談窓口の開設、不正大麻栽培防止活動等を開始しております。また、各小・中学校では、学習指導要領に基づいて、小学校6年生及び中学校喫煙、飲酒、薬物についての学習保健の時間や特設の時間等を使って行っております。

下諏訪町議会 2009-12-11 平成21年12月定例会−12月11日-04号

有名芸能人の大麻や覚せい剤の所持使用事件など相次ぐ中、薬物汚染が日本社会に深刻な影を落としております。警視庁の調べによると、上半期1月から6月に大麻所持や栽培などで検挙した件数は、昨年同期比13.4%増の1,907件、検挙人数も21%増の1,446人を数え、いずれも上半期の統計が1990年以降で最多という現実があります。

上田市議会 2009-09-08 平成21年  9月 定例会(第3回)-09月08日−一般質問−03号

その少し前は大学生の間に広がる大麻所持使用報道でした。薬物汚染が身近に迫っている現実に強い危機感を覚えます。薬物から子供たちを守るために、好奇心旺盛な小学校、中学生からのこの薬物防止教育が非常に重要です。私は、平成17年3月の定例会薬物乱用防止教育について質問しました。もう5年前になりますが、その当時から若者の薬物汚染は深刻さを増していました。

茅野市議会 2009-09-02 平成21年  9月 定例会-09月02日−03号

具体的には、1、2年生では、たばこやアルコールなど依存性の高い嗜好物から受ける体への影響を、3年生では麻薬大麻などの薬物からの影響を、学校薬剤師や専門の機関警察などの具体的な事例をお持ちの方に講師となっていただき、パンフレットやビデオやパソコンも活用いたしまして学習をしております。  

上田市議会 2009-03-04 平成21年  3月 定例会(第1回)-03月04日−一般質問、議案質疑、議案付託−04号

2点目として、なぜ若者に大麻が広がり、逮捕される大学生が次々に続くのかお聞きします。3点目として、平成19年度の薬物乱用防止教育参加児童生徒は全体の26%で、未実施の学校もあります。上田市においても薬物乱用防止教育をさらに充実、徹底する必要があると考えますが、見解を伺います。また、意識啓発事業として薬物依存体験談を聞かせる長野ダルクの活用は考えられないかをお聞きし、私の第5問といたします。

諏訪市議会 2009-03-03 平成21年第 2回定例会-03月03日-03号

そういった中でですね、最近では大学生による大麻汚染等が騒がれております。もし諏訪市でそういったことが起きたら、どうなるんだという懸念もございます。警察ときちんと歩調を合わせていただいてですね、犯罪を未然に防ぐということの取り組みをしていただきたいなあと、こんなふうに思っております。  それから、最近では携帯電話等の問題、これは今の現代、切っても切れないというか、手から放せない。

諏訪市議会 2008-12-09 平成20年第 5回定例会−12月09日-04号

それから、例えば若い人のことで考えますと、高校生までに及ぶ大麻の汚染、そんなようなことも心配をされるところであります。それから無差別の殺人だとか、凶悪なひき逃げ、今お話しにある中で、部長の答弁の中で万引きが多いという話がありましたが、実はこれは高齢者の万引きが非常に多いということが全国的に言われております。

安曇野市議会 2006-12-15 平成18年 12月 定例会-12月15日−05号

今や日本じゅうの夜の町には大麻や覚せい剤、MDMA、シンナー等の薬物があふれ、若者たちをねらっていると、こういうことで彼は、私はこの薬物と命ある限り闘っていくというふうに書いてございます。  また、薬物で一番怖いのはシンナーと、シンナーというものはそこら辺に転がっているというふうに思っておりますので、気をつけてもらいたいということと、たばこを吸うときのガスライターを火をつけずに吸うとそうなると。

上田市議会 2005-09-09 平成17年  9月 定例会(第3回)(旧丸子町)-09月09日−一般質問−04号

それから、覚せい剤のことでございますが、薬物防止法に関しては覚せい剤や大麻、そのほかに最近合成麻薬のNDNA、あるいは合法ドラックなど、次々新手の類似品も出現しておるようであります。酒やタバコを含め、これら依存症の恐ろしさを教える必要性を強く訴えるものであります。

上田市議会 2005-03-09 平成17年  3月 定例会(第1回)-03月09日−一般質問、議案質疑、委員長報告、討論、採決等−04号

覚せい剤や大麻だけでなく、MDMA、これは通称エクスタシーと呼ばれる錠剤型の合成麻薬ですが、20歳代の若者を中心に蔓延し、中高生の間でもファッション感覚で服用されるというような状況です。昨年1年間のMDMA押収量は、前年比約2割増しの約47万錠で、これは平成10年と比べると約40倍にもなります。また、検挙者数は前年に比べまして約6割増しの418人と、いずれも過去最高を更新しました。

上田市議会 1999-12-06 平成11年 12月 定例会(第4回)-12月06日−一般質問−02号

ことしの覚せい剤の押収量は1トンを超え、2トンに迫ろうとした動きになっており、過去最悪のペースであり、大麻も過去最高の押収量を上回り、向精神薬やコカイン、ヘロインなど、麻薬の乱用も予断を許さない状況になっております。覚せい剤や薬物の乱用で大切な人生を台なしにしてしまう、そのような市民を1人でも出さないようにしていかなくてはならないと思います。

  • 1