1914件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下諏訪町議会 2019-09-19 令和 元年 9月定例会−09月19日-05号

委託料、固定資産税課税基礎資料整備委託料は、法務局から来る土地等の異動内容を町のGISデータに反映させる業務で、株式会社パスコに委託をしております。  産業振興課では、労務対策事業費の諏訪高等職業訓練校には普通課程の配管科2名、和裁洋裁に51名通学しております。  鳥獣被害防止対策事業は猟友会22名で、実施は15名、捕獲者は7名で、全てわなでの捕獲になっております。

松川村議会 2019-09-18 令和 元年第 3回定例会−09月18日-02号

その現場の少し上流でも堤防基礎を固める工事が実施されております。  これから工事を計画している場所を示した図面を、議長のお許しを得てお配りしております。この図面を見ながら今後の予定等、どういう工法かということについて教えてください。 ○議長(平林寛也君) 建設水道課長。 ◎建設水道課長(太田健一君) それでは、図面に基づきまして御説明をさせていただきます。

松川村議会 2019-09-09 令和 元年第 3回定例会−09月09日-01号

1、審査の概要  この財政健全化審査は、村長から提出された健全化判断比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類が適正に作成されているかどうかを主眼として実施した。  2、審査の結果  (1)総合意見  審査に付された下記、健全化判断比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類は、いずれも適正に作成されているものと認められる。  各健全化比率、早期健全化基準については下表のとおりです。  

下諏訪町議会 2019-09-05 令和 元年 9月定例会−09月05日-04号

練習時での準備、片づけ等の人員確保に苦慮しているなどの負担等に該当するものの意見がありました反面、ポンプ操法は消防団員基礎となる、分団の結束力向上につながっている、また団員の士気が高まるといったポンプ操法を尊重する意見も出されている状況です。以上です。 ○議長 松井節夫議員。 ◆松井議員 わかりました。団員もそれぞれ頑張っている様子がよくわかると思います。

下諏訪町議会 2019-09-04 令和 元年 9月定例会−09月04日-03号

この調査のデータに基づく分析によりまして、基礎学力の定着に有効学習方法が確認できたり、各学年段階におきまして子供たちがどの分野の学習に理解が深まっていなかったかなどを知ることができたりして、今後の学習支援のあり方に生かしていくようにしています。  それで、町内4校におきましては、研究主任の先生を中心に学力向上委員会というものを設置しております。

諏訪市議会 2019-06-26 令和 元年第 3回定例会−06月26日-06号

そういったものについては、それぞれ退職金の計算の基礎となる勤続期間を通算するという規定がございます。これは国家公務員国家公務員退職手当法の中で規定されておりまして、あと県や市町村はそれぞれの条例規定でございます。  市においては、一般職についてはその条例を盛っておりますけれども、副市長、特別職については今まで例がなかったものですから、盛っていなかったということでございます。

諏訪市議会 2019-06-19 令和 元年第 3回定例会−06月19日-05号

○伊藤浩平 議長  市長 ◎金子ゆかり 市長  高木議員の大変基本的な基礎的な大切、重要な御質問だと思って、お答えを申し上げたいと思います。  市民が求めているさまざまな要求もあります。そして、私といたしましては、選挙でお示ししたマニフェスト、そこにこの諏訪市が目指すべき方向性を示させていただきました。

諏訪市議会 2019-06-18 令和 元年第 3回定例会−06月18日-04号

二つといたしまして、今後の制度設計に向けた基礎情報が得られたこと。三つ目といたしまして、本事業の仕組みを活用して、平成31年度より健康推進課におきまして健康づくりポイント事業を新たに導入することとなったことの3点でございます。  また、まちづくり諏訪では、本年の1月に公共ポイント店舗アンケートを実施しております。

下諏訪町議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-04号

当町全体の国民年金の受給者数と平均受給額につきましては、まず国民年金の内訳として、老齢基礎年金、障害基礎年金及び遺族基礎年金の合計額となっております。平成29年度は7,646人で、人口に占める割合は約38%となります。年間合計受給金額は53億5,354万9,000円、1人当たりの年間平均受給額は約70万円となっております。以上でございます。 ○副議長 健康福祉課長

下諏訪町議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例会−06月13日-03号

総務課長(伊藤) 最初の質問でございますが、計画のずれの要因につきましては、プラン策定時の実施計画を基礎資料として積み上げてきたものでございますので、予想に反して施設等の老朽化が顕著であれば前倒しして実施することもございますし、予定外年度において国庫補助制度が新たに創設される場合や、国の補正予算などに有利な財源が確保できると見込まれる場合など、さまざまな背景がございます。  

諏訪市議会 2019-06-10 令和 元年第 3回定例会−06月10日-01号

続いて、国民健康保険条例の一部改正は、国民健康保険税のうち基礎課税額にかかわる課税限度額を58万円から61万円に引き上げるとともに、低所得者の軽減判定所得を見直したものであります。  次に、議案につきまして御説明を申し上げます。  議案第26号は、諏訪市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正についてであります。

下諏訪町議会 2019-06-07 令和 元年 6月定例会−06月07日-01号

改正の内容としましては、平成31年度税制改正の大綱に基づき、国保税における負担の公平性を図るため、基礎課税額に係る課税限度額の見直しと、5割軽減及び2割軽減の対象世帯に係る軽減判定所得の見直しでございます。  第2条第2項につきましては、基礎課税額に係る課税限度額「58万円」を「61万円」に改めるものです。  

原村議会 2019-06-03 令和 元年第 2回定例会−06月03日-02号

内容は、塀の持ち主に対してチェックポイント、このようなチェックポイントがあるわけですけれども、これを用いて安全点検を行いなさい、塀は高過ぎないか、塀の厚みは十分か、控え壁あるか、基礎があるか、塀は健全か、また補強コンクリートロック造の塀に鉄筋が入っているか、建築基準法施行令に照らし合わせて適切に確認するように指針が出されております。

諏訪市議会 2019-05-14 令和 元年第 2回臨時会−05月14日-01号

議会は、去る4月21日に執行されました統一地方選挙におきまして当選されました議員の皆さんによる最初の議会であり、議長選挙を初め議会役員の選出など重要な人事案件を御審議いただき、これからの議会活動の基礎づくりとなるものであります。  本日、この議場の席に着かれました議員各位は、さきの選挙におきまして見事当選を果たされ、4万8,000市民代表となられた皆さんであります。

下諏訪町議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会−03月20日-05号

保険税の算定については、平成30年度の納付金算定の基礎数値となる平成28年度の被保険者数4,801人、平成31年度の基礎数値は平成29年度の被保険者数で4,350人となり、451人の減となる。県広域化による激変緩和策は、平成30年度は7,000万円だったが、平成31年度は5,700万円。広域化により、高額医療が発生しても納付金を出しているので慌てることはなくなった。

諏訪市議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会−03月14日-06号

衛生費では、清掃センター解体事業費が補正額4,700万円の減額で、これは施設内残留物の処分費用の減額と、当初予定していた煙突の基礎部分の撤去が不要となったことにより、今年度の事業費確定に伴う減額分が計上されたものです。あわせて特定財源である清掃センター機械設備解体事業債が4,960万円減額されます。  

松川村議会 2019-03-07 平成31年第 1回定例会−03月07日-01号

目3の土木委託金は、都市計画基礎調査委託金により増額となっております。  33ページ中段をお願いいたします。下段の目2ふるさと応援寄付金は、平成30年度の決算見込みを参考にし、減額となっております。  下段、繰入金、目1の人づくり基金繰入金、次ページに行きまして、目4のふるさと応援の基金繰入金は、減額となります。  飛びまして、38ページをお願いいたします。

下諏訪町議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会−03月06日-03号

時を同じくして始まっているわけですが、これは小中学校における30人規模学級編制など、児童・生徒一人一人に応じたきめ細やかな指導を行うことにより、学習習慣、生活習慣の確立と基礎学力の定着を図るということで、例えば30人規模学級編制というのは、小学校中学校においても学級平均児童数が35人を超える学年に学級数の増加に伴う教員を配置しますとか、それから学習習慣形成の支援に当たっては、小学校1・2年生の段階

諏訪市議会 2019-02-27 平成31年第 1回定例会−02月27日-04号

強固な基礎や完璧な水平度が要求されます。諏訪市環境では若干厳しいものがあるのかなと思っております。  また私見ですが、市が目指している医療航空分野は響きがいいですが、成功するビジネスとして、諏訪市環境や規模が適しているのか、あくまでも私見ですが、いささかの疑問があります。  諏訪市工業産業振興に対して徹底的なてこ入れをする必要があると思います。