6154件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

塩尻市議会 2023-06-14 06月14日-03号

地域のきずなを時代の変化に合った形で復活させ、地域住民がそれぞれ負担可能な範囲で地域貢献できるよう、知恵と力を結集して地域再生に取り組むべきときなのではないでしょうか。 次に、4.若者、独身者の応援について。 少子化による人口減少が予想を超えて進行する中、何とかして生まれる子供をふやし、人口減少に歯どめをかけなければならない。

塩尻市議会 2022-12-06 12月06日-03号

そうすることよれば、地域住民が農作物を市場に出そうと思っても渋滞で行けないとか、そういう問題は解決するんじゃないかなと思っています。 ですから、地元企業大手企業行政としっかり話をしていただいて、地元に迷惑をかけない、地元のためにということもありますけれども、従業員の交通安全のためにも何らかのいい方法を考えていただきたいなと思っております。よろしくお願いいたします。 

上田市議会 2022-03-29 09月11日-一般質問、趣旨説明、議案質疑、議案付託-04号

資源循環型施設検討委員会は、資源循環型施設に関する事業構想段階から地域住民が参加して、学識経験を持った専門家及び行政とともに協議を行うことにより、地域住民安全安心を将来にわたって保証する計画をつくり上げることを目的として設立し、昨年11月の第1回からことし6月の第5回まで、真剣かつ熱心に議論を行ってまいりました。

塩尻市議会 2020-12-10 12月10日-05号

この方式は、地域住民がみずからの地域の安全のため防犯灯を設置するという防犯活動を市が支援するということが始まりだと思います。もう何十年も前からこの方式で行ってきたと思いますが、初めのころは空き巣等から被害を防いだり、夜間の集落内の移動の安全から設置されてきたものであると思います。さらに、コミュニティーが機能していたので、費用負担設置場所など住民合意形成も容易な時代だったと思います。 

塩尻市議会 2020-12-09 12月09日-04号

仙台高裁控訴審は、学校の教職員には地域住民以上に防災への高い意識と知識、危険を認識することが求められています。一方で、津波てんでんこと言った東北独自のそうした防災教育もあります。東海、南海の海岸沿い学校などでは既にこうした理念が防災訓練などに生かされているというふうに聞いております。 学校というのは郵便局長型の管理体制だというふうに言われて、私も学校に勤めてそう思いますが。

箕輪町議会 2020-12-09 12月09日-02号

そういった中で今長く定住していくための地域住民と一緒になった関係づくりをどうするかということでありますけれどもアンケートなどを見ますとやはり一番の不安は移住しようとしたときの不安で最も多かったというのは近所付き合い、地域コミュニティがどうなってるかということであります。

塩尻市議会 2020-12-05 12月05日-02号

自然災害が多発する中で、森林多面的機能を維持していくには、間伐の未整備林を解消し土砂災害等発生リスクの低減を図り、地域住民の安全・安心を確保することや、松くい虫被害拡大防止のためにも森林整備早期に進めていかなくてはなりません。 そこで、昨年度の森林整備実績と松くい虫の被害状況及び取り組み内容についてお伺いいたします。 4.交通政策について。 (1)台風19号被害による影響について。 

上田市議会 2020-10-24 12月04日-一般質問、趣旨説明、議案質疑、議案付託-04号

また、河川や水路からの溢水等による土砂道路等に流出しまして、交通障害、特に生活道路障害となることなどから、道路警戒活動としまして、土砂などの撤去についても地域住民の要請がございましたので、道路警戒活動としても努めていただいたところでございます。 以上でございます。 ○議長(小林隆利君) 原議員。          〔12番 原 栄一登壇〕 ◆12番(原栄一君) 答弁いただきました。 

上田市議会 2020-10-13 12月16日-趣旨説明、議案質疑、委員長報告、質疑、討論、採決-05号

まず、商工観光部関係の質疑において、上田市岳湯温泉雲渓荘は、施設のあり方を含めた今後の方向性などを検討するため指定期間を3年間とし、地域住民への意向確認も行う中で方針を決定するとのことだが、的確なアドバイスが送れる第三者などの意見を取り入れる考えはあるか。 

上田市議会 2020-10-02 09月02日-趣旨説明、議案質疑、議案付託-01号

平成30年度はお知らせ放送が815件、自治会長皆様などが利用するページング放送は667件の利用があり、地域住民皆様に身近できめの細かい情報提供に努めてまいりました。しかしながら、高齢者世帯の脱退、また携帯電話の普及などにより、加入者数は前年より53件少ない2,029件となり、加入率は49.9%となっております。 お戻りいただきまして、1ページ、2ページをお願いいたします。