47件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上田市議会 2020-12-16 11月25日-趣旨説明-01号

ここで改めて被災状況を申し上げさせていただきますと、大雨による千曲川を初めとする河川の氾濫で、住宅等への浸水は神川地区丸子地域を中心に200件以上、強風による被害も300件以上に及び、真田地域では家屋1棟が流失するとともに、武石地域などでは土砂崩落により集落が一時孤立状態となりました。こうした状況から12日の夜には42カ所の避難所において、約2,500人の方を受け入れたところであります。

上田市議会 2020-11-08 12月02日-一般質問-02号

このような状況の中、近年多発している大規模地震台風等に伴う集中豪雨土砂災害土砂崩落災害に対しまして、都市計画区域において防災に特化した計画として議員ご指摘の防災都市づくり計画がございます。従来の都市防災課題大震災を教訓とした大規模火災対策でありましたが、防災都市づくり計画の考え方は、災害に対する減災を徹底し、ハード、ソフトを組み合わせた災害に強い地域づくりを目標としております。

塩尻市議会 2020-03-02 03月02日-02号

また、土砂災害警戒区域においては、大雨降雨時には土砂崩落の危険が生じるおそれが高い区域であることから、市としましても大雨警報等気象情報気象庁が所管いたします土砂災害危険度分布を注視し、危険度が高まったときには迅速に避難勧告避難指示等避難情報を発令することができるよう体制をとっているところでございます。 私からは以上でございます。

大町市議会 2018-05-23 05月23日-01号

本年は、春先におきまして気象の変化が激しく、凍結と融解が繰り返しされたことによりまして、3月下旬から4月上旬にかけ市道林道におきまして土砂崩落発生したため、速やかな復旧を図るため専決処分を行ったものでございます。 主な内容を御説明申し上げますので、1ページをごらんいただきたいと思います。 歳入歳出それぞれ1,660万円を追加し、予算総額を165億560万円とするものでございます。 

安曇野市議会 2017-12-06 12月06日-03号

◆8番(一志信一郎) 岩原山神社」の付近土砂崩落対策について、農林部長に伺います。 ○議長(小松洋一郎) 農林部長。 ◎農林部長大向弘明) それでは、岩原山神社付近土砂崩落対策についてでございます。 この場所は、保安林に指定されており、長野松本地域振興局林務課治山事業による対応を要望しているところでございます。 

塩尻市議会 2016-06-14 06月14日-04号

この管理型最終処分場計画につきましては、請願書にありますとおり、1点目として計画地地盤が軟弱な上、諏訪湖汚泥(約1万1,000立米)、塩嶺トンネル残土30万立米が運び込まれた場所建設計画されているが、地盤が弱く土砂崩落のおそれがあること、2点目として計画地中央構造線糸魚川静岡構造線の交わる付近に位置し、周辺に多くの活断層が確認されていること、3点目として本定例会において塩尻水道水源の約

長野市議会 2014-12-01 12月04日-02号

この地震により、特に西山地区では住宅の損壊、水道の断水、道路土砂崩落の大きな被害が出る他、市街地でも屋根瓦が落ちたり、ブロック塀が倒れるなどの被害がありました。これから積雪期を迎える中で、損壊した住宅復旧生活道路復旧は喫緊の課題であり、一日も早い対応が必要であります。 そこで、今回の地震における災害状況と本市の対応についてお伺いをいたします。 

箕輪町議会 2013-12-10 12月10日-03号

次にですね、変わりまして今年は非常に台風発生が多く、しかもですね日本列島上陸等台風もあって全国各地強風、水害、土砂崩落予期しない自然災害が続出し、東日本大震災を思わせる大災害の年であったということであります。町においても春先の果樹の凍霜害を始め、9月初めには強風による倒木、その他倒木による停電等被害もありました。

須坂市議会 2013-12-03 12月03日-02号

産業振興部長吉田孝)  全く手が入らない状況で50年、60年たった人工林は、場合によっては土砂崩落山地災害が起きやすくなると言われており、心配しているところでございます。須坂市では、市が上乗せ補助をしておりますので、国の補助対象となれば、ほとんど費用をかけずに間伐が行える制度になっております。国の補助要件から外れた場合も、ことしからは県の森林税が充てられます。

佐久市議会 2013-06-13 06月13日-03号

大きく分けまして、まず1つ目としまして、土砂崩落災害防止。戦後の拡大造林によって広範囲に森林が単一の樹種となり、手入れの行き届かない森林は下の層に光が届かず、また下層の植生が極めて乏しくなり、雨が降っても地中への水の浸透が少なく、雨水が地表を流れるようになり、やがて水の流れが地面を削り、土砂流出が始まります。手入れの行き届いた森林は、土砂崩落災害防止にも役立っております。 

安曇野市議会 2013-03-14 03月14日-06号

また、地の痩せた急峻な山にあって、これは特に明科でも保安林とかそういう地域があるかと思いますが、土砂崩落を防いでいる松もございます。こういったものについては安易に伐採していいものかという、こういう議論も真剣に行わなければならないとこのようには思っております。 

松本市議会 2012-12-04 12月04日-03号

そこで思うことは、二子橋が仮に災害により損傷して通行どめになっても、生活上不都合なことは多々あるにせよ、上流、下流には橋があり、通称言う陸の孤島にはならず、緊急車両物資輸送もできるかと思いますが、大規模災害発生時、唯一その橋しかなく、それが損壊してしまった場合や、土砂崩落により孤立してしまう地域、いわゆる孤立の定義は市としてどのように考えているのか、あわせて、市が把握している孤立予想集落は何カ所