56件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上田市議会 2017-03-23 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月23日−趣旨説明、議案質疑、議案付託、委員長報告、質疑、討論、

これに対し、昨年の3月から5月にかけて、土地所有者において専門業者に依頼し、県の指導も受けながら土壌の入れかえ工事を実施し、全ての土壌汚染対策工事は終了しているため問題ないと考えている。  次に、瑕疵担保責任はどうなっているのか。また、その期間を超えた後の責任はどうなるのか。  これに対し、契約書の中で条項を設けてあり、引き渡し後2年間に限り担保責任を負うという条文を記載している。

安曇野市議会 2017-02-17 平成29年  3月 定例会-02月17日−01号

相手方は、それぞれ用地の返却後に第三者への売却または営農を計画していたが、当該用地から土壌汚染対策法の基準値を超えたフッ素が検出されたことから用地の返却が困難となり、対応方法について相手方と協議を進めてきた結果、当該用地を市が購入し管理することで、平成28年12月21日に協議が整った。  2、和解及び損害賠償の相手方。  安曇野市在住者外1名。  3、和解の内容。  

上田市議会 2016-09-14 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月14日−一般質問、趣旨説明、議案質疑、議案付託−04号

また、整備敷地内に土壌汚染が確認されたが、その処理はどのようにされたのか、伺います。  また、神川地区公民館及び統合保育園以外の区画に高齢者福祉施設の整備と民間企業が取得とのことだが、その後、区画利用はどのようか、伺います。 ○議長(土屋陽一君) 西入政策企画部長。           

上田市議会 2016-09-13 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月13日−一般質問−03号

ご心配の声をいただいた土壌汚染や沢水への影響については、周辺の土壌調査や水質検査等を定期的に行っていくということ、またにおい対策等に十分留意するなど、埋設のルールについて確認をさせていただいたという答弁がございました。市内にある数カ所の共同埋設地は今後別の場所に移すことも想定でき、その際地域の皆様の理解を得ることが必要になると考えます。

安曇野市議会 2016-06-03 平成28年  6月 定例会-06月03日−01号

明科南陸郷にあった廃棄物処理施設跡地について、調停条項に基づきまして土壌汚染調査を実施をいたしましたところ、調査地点全てにおいて基準値以下という結果でありました。このことによりまして、早々に建物などの解体撤去に着手をし、期限内には地権者の皆様方に土地を返還できるように努めてまいります。  

軽井沢町議会 2016-03-16 平成28年  3月 第1回定例会(3月会議)-03月16日−05号

もう1社については、工業用のゴムチップを使っているというようなことで、廃材を使ってはいないんですが、こちらの社も第三者による土壌汚染対策法に基づく含有試験を実施しており、問題はないということで報告を受けております。  すみません。つけ加えさせていただきます。どちらの社も分析結果の証明書を添付してございます。  以上です。 ○議長(内堀次雄君) ほかに質疑ございませんか。      

安曇野市議会 2015-06-22 平成27年  6月 福祉教育委員会-06月22日−01号

現場を担当する職員が少し異臭を感じたことから、埋設物があった付近の土壌について自主検査を行ったところ、土壌汚染対策法の第2種特定有害物質の1つでありますフッ素及びその化合物が溶出量基準0.8ミリグラム・パー・リットルを超える1.2ミリグラム・パー・リットルの値が検出されました。

軽井沢町議会 2014-09-04 平成26年  9月 第1回定例会(9月会議)-09月04日−01号

(3)は土壌汚染対策法に基づき、公共の危害防止のために設置された施設または設備で、平成26年4月1日から平成28年3月31日までに取得されたものでして、新条例附則の第10条の2第3項の規定でございます。対象資産は土壌汚染対策法の特定有害物質排出抑制施設で、特例率を2分の1といたしまして、具体的にはフッ素系溶剤を使用するドライクリーニング機に係る活性炭吸着回収装置であります。  

松本市議会 2014-08-20 松本市議会 会議録 平成26年  8月 経済環境委員協議会-08月20日−01号

それから、当該用地を、全体を購入するに当たりまして、市は、そういった危険性のある土地については、事前に土壌汚染の調査等をさせていただいているんですが、その中の事前調査の中では、この当該用地については、申し立てというか申し入れがなかったので、調査をしなかったということでございますので、その辺も今後審理の対象にはなるのではないかというふうに思います。

下諏訪町議会 2014-06-10 平成26年 6月定例会−06月10日-04号

また、バスの修理工場でもあった土地でありますから、油などの土壌汚染も考えられますし、JRがずっと待ってくれないことも考えられます。第一に、路線価と実勢価格は幾らくらいになるのか。また、事業規模は幾らくらいになるとお考えなのか。また第二に、土壌汚染はないんでしょうか。それから、あるかどうかはわかりませんので、それをどうするのか。

安曇野市議会 2014-06-02 平成26年  6月 定例会-06月02日−01号

同項の第3号土壌汚染対策法にある特定有害物質排出抑制施設等であります。改正前地方税法では2分の2を適用しておりました。市町村の参酌範囲は3分の1以上、3分の2以下の範囲となっております。同様に2分の1とするものでございます。  同条第38項は、フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律にある機器で、冷媒としてアンモニア、空気、二酸化炭素又は水のみを使用するものであります。

松本市議会 2014-05-19 松本市議会 会議録 平成26年  5月 経済環境委員協議会-05月19日−01号

1つは、(a)に書いてございますが、今後、埋設物の確認、それから、土壌汚染があるかないかについては調査を詳細に行って、分譲時には安全性が担保される形での分譲に努めたいと思っております。  それから、(b)の本件土地は、先ほどの3号街区とは別で、1号街区は主要部分であるので、全量を掘り出して処分をしたいということでございます。  

下諏訪町議会 2014-04-21 平成26年 4月臨時会−04月21日-01号

第1号は、公害防止用設備のうち、汚水・廃液処理施設について固定資産税の課税標準となるべき価格に3分の1を参酌して、6分の1以上、2分の1以下の範囲、第2号では、大気汚染防止のための施設について2分の1を参酌して、3分の1以上、3分の2以下の範囲、第3号では、土壌汚染防止のための施設については2分の1を参酌して、3分の1以上、3分の2以下の範囲、第6号はノンフロン製品については4分の3を参酌して、3分

上田市議会 2013-12-03 平成25年 12月 定例会(第4回)-12月03日−一般質問−03号

メガソーラーの整備に対して規制し得る関係法令としましては、土地あるいは立地上に関することだけでも数多くありまして、建築基準法自然公園法土壌汚染対策法、工場立地法、地すべり等防止法、また急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律国土利用計画法、さらに都市計画法景観法、農地法、農振法、森林法、また文化財保護法ほかありまして、また県の条例においては、県立自然公園条例、県環境保全条例、県環境影響評価条例

安曇野市議会 2013-06-25 平成25年  6月 定例会-06月25日−06号

(1)平成25年12月31日限り、金3,000万円  (2)平成28年3月31日限り、本件土地明渡しと同時に金1,000万円  (3)相手方が本件土地を明渡した後、申立人が第10項に基づき本件土地の埋設物の有無及び土壌汚染対策法その他関係法令に違反する土壌汚染(以下、単に「土壌汚染」という)の有無を確認し、これらに異常がないと認められた場合は、明渡し後5カ月経過した日の翌日限り、金2,000万円