1977件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松川村議会 2019-09-18 令和 元年第 3回定例会−09月18日-02号

果たして全戸埋まることを期待はしたいんですが、私も池田にあります日本アルプス国際学院とは、ちょっとアルバイトを使っている関係でいろいろあれしているんですが、なかなか池田町から松川村に寮にするというのは、なかなか全てを埋めるというのは難しいことだなと思っておりますので。ぜひ費用等とのバランスというのをよくお考えいただきたいなと思っております。  

松川村議会 2019-09-09 令和 元年第 3回定例会−09月09日-01号

中学校の多感な時期に友好を深めるとともに、国際感覚を養ってほしいと願っております。  次に中学校生徒の活躍についてであります。今年も生徒たちは県大会や北信越大会の各種競技等におきまして活躍をしております。特に8月の北信越大会では好成績をおさめた2名が陸上と体操の全国中学生大会の出場権を獲得いたしました。

諏訪市議会 2019-06-17 令和 元年第 3回定例会−06月17日-03号

指標的には現在順調に推移はしておりますけれども、国際動向等を注視しながら施策の展開を図り、さらなる生産性の拡大を図ってまいりたいと考えております。              〔「議長10番」の発言あり〕 ○伊藤浩平 議長  牛山正議員 ◆10番(牛山正議員) ありがとうございました。今の説明をお聞きすると、着実に推進されていることを確認できました。

下諏訪町議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-04号

そして、国連の国際障害者年が1981年に指定され、日本を初め世界的に障がい者問題が議論され、諸施策が実行されました。この年を契機に、障がい者の諸権利に光が当てられるようになって30年近くが経過しました。しかし、いまだ多くの課題を残していると考えます。  そこで、下諏訪町の現状についてお伺いします。障がい児の卒業の進路についてお聞きします。

下諏訪町議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例会−06月13日-03号

当然、来年の東京オリンピック・パラリンピックを目指して、より一層国際化を進めたいという思惑もあるでしょうし、また世界的にキャッシュレス化が進んで、日本がかなりおくれてきているということも事実でありまして、インバウンドも今戦略的には4,000万人を目指して、国ではインバウンドをふやしたいという思惑がありますから、そういった中でキャッシュレス化をかなり強力に進めようとしているのも事実であります。  

諏訪市議会 2019-06-10 令和 元年第 3回定例会-06月10日-目次

│ │   │       │(3)諏訪湖エリアまちなか観光案内人協議会の活用を     │ │   │       │  ①ガイド人数最高の3944人              │ │   │       │  ②神々の縁、諏訪市、糸魚川市、出雲市連携に活用     │ │   │       │(4)インバウンド対策・ダイバーシティの時代を乗り切るために│ │   │       │   長野国際文化学院

原村議会 2019-06-04 令和 元年第 2回定例会−06月04日-03号

また、国際規格のピッチをつくるには、縦105メートル、横68メートルの広さが必要となり、面積的にはかなり厳しい状況がございます。  それから、さらに冬季期間の降雪、凍結等の対策を考えると維持管理に莫大な費用がかかり、費用対効果を考えると現状のグラウンドを小学生の合宿で使用できる程度に維持管理していくのが現実的ではないかというふうに考えております。

松川村議会 2019-03-22 平成31年第 1回定例会−03月22日-04号

戦後日本平和憲法のもと、世界に再び戦争をしないと誓って、国際社会に復帰しました。しかし、中国朝鮮半島をめぐる情勢のもとで、国際社会に復帰する協定をめぐり、駐留軍の主体となるアメリカソ連中国など連合国との間で全面講和とするか、単独講和とすることで、大きく論議されました。結果は、単独講和となったわけであります。  

松川村議会 2019-03-18 平成31年第 1回定例会−03月18日-03号

日本アルプス国際学院が隣の池田町に4月から開校されるようになっております。そのことについて、村長はそこの評議員をされているということでございますので、質問に対して答えられる範囲内で結構でございますので、よろしくお願いしたいと思います。  松川にどのような影響を与えるかということでお伺いをしますが、よろしくお願いします。 ○議長(平林寛也君) 村長。

諏訪市議会 2019-02-19 平成31年第 1回定例会-02月19日-目次

│   │       │(2)会議実施の準備について                │ │   │       │(3)児童生徒の取り組みの状況               │ │   │       │(4)会議後のそれぞれの学校での取り組みについて      │ │   │       │(5)会議の持続や人権問題の重要性について         │ │   │       │3.小中学校国際交流

安曇野市議会 2018-12-21 平成30年 12月 定例会-12月21日−06号

食管法や減反などの国策によって日本の農業は弱体化し、国際競争力を失いました。米の関税率は実に800%です。農業の魅力が薄れ、農業を継続していく人がいなくなる事態にもなっています。負の構造が温存され、問題が先送りされてきたのです。各農家が国の支配を免れて自分の裁量で経営を考えるようにならなければ、我が国の農業に未来はありません。今こそ農業を成長産業に育て、農業者の所得向上を図るときです。

松川村議会 2018-12-19 平成30年第 4回定例会−12月19日-03号

そういった会社が最終的には2013年から実用化し、国際標準化をしたのは、製品になったのは2016年という形であります。  どういうものかというと、高い透明性というか、これもスラリー状とウエットパウダー状とシート状という形があるわけでありますが、その中でもって透明性という形では非常に高いという形で、それから熱変性がないというところではガラスの50分の1、軽くて丈夫ということであります。

軽井沢町議会 2018-12-13 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月13日−05号

さらに、ウインタースポーツイベントといたしまして、20日から23日に、20周年記念大会となる軽井沢国際カーリング選手権大会2018を軽井沢アイスパークにおいて開催いたします。大会には、女子5カ国、男子4カ国が参加し、各国のトップアスリート同士の熱戦をご覧いただけます。24日には、風越公園スケートリンクにおいて第58回軽井沢スケート競技小学校の部を開催いたします。