14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

長野市議会 2019-03-07 03月07日-04号

昨年、イギリス政府孤独担当大臣というポストが新設され、孤独がもたらす健康被害国家経済の損失の大きさを全世界に紹介しました。 とかく私たち日本人は、コミュニティづくりが苦手と言われます。事実、ボランティアや地域活動への参加といった人間関係の豊かさを示す指標は、先進国の中で最低レベルだそうです。現に会社以外友達がいない、そういった状況が生まれています。 

岡谷市議会 2012-06-20 06月20日-05号

原発長期停止は、長引く不況下にある我が国が、国家経済を回復不可能な状況に追い込むまでの危機をはらむものであります。原発停止による電力確保は強引な火力発電所の稼動を促し、燃料としての液化天然ガスの輸入は前年度の37.5%と急激に増加しました。 平成22年度の貿易収支は2兆5,000億円ものマイナスとなり、31年ぶりの貿易赤字国に転落いたしました。

岡谷市議会 2011-12-15 12月15日-03号

3月11日、東日本全域、わけても東北、北関東を襲った大地震と、それにより発生した史上まれに見る大規模な津波、またその安全性から世界の優等生と言われながらももろくも崩れ、放射性物質の漏出にまで至った福島第一原発の事故、この大災害による犠牲者は、死亡が確認された方、行方不明の方合わせて1万9,000有余人、我が家を離れ、ふるさとを離れ、避難生活を余儀なくされている方はいまだ33万人以上に上り、国家経済への

飯山市議会 2009-06-16 06月16日-03号

いろいろな中で年金なり介護なりについて十分使われるということであれば、また一考しなければならないと思いますけれども、今はある程度選挙施策として用いられ、そのために大変、国及び地方の借金が800兆円という大きな借金をしながら、この対策はむちゃくちゃないわゆる国家経済経営だなというふうにも、我々みたいなこういう立場に、こういうところにいると、そういうふうにしかとらざるを得ない。 

長野市議会 2008-12-01 12月08日-02号

私は、常々国家経済は国政で対応すべき問題であり、地方自治体は所与の条件の中で最大限の努力をすべきものであると考えているところでありますが、この百年に一度と言われる世界的な金融資本市場の混乱が、我が国実態経済、そして本市の市民生活にも現実として影響を及ぼしていることを重く受け止め、国の経済対策に対する私の見解を改めて申し上げてみたいと思います。 

軽井沢町議会 2006-12-11 12月11日-02号

公明党では、「国家経済優先社会から『人』輝く共生社会実現」を掲げ、この「『人』輝く共生社会」とは、何よりも子供可能性を開くチャイルドファースト社会、つまり子供優先社会であると提案しております。この提案は、少子化が進むと困るから対策をとろうという視点ではなく、子供たちの目線に立って考えようという思いを込めたものです。 

中野市議会 1998-03-11 03月11日-04号

農業の担い手を確保し、世界的な視野の中で、国家経済安全保障の確立を目指すとともに、本市においてもバランスのよい発展ができるようにしていきたいと思っております。--------------------------------------- △会議時間の延長 ○議長(頓所昭司君) この際、議事の都合により、あらかじめ本日の会議時間を延長いたします。

飯田市議会 1997-06-16 06月16日-03号

国家経済それから、国家財政、こういった悪化の中で基本構想実現のための投資額が確保できるのかどうか。この見通しにつきましても併せてお伺いをしたいと思います。 大きな2番目の質問に入らさせていただきますが、第4次基本構想を進める中で目指す都市像の具体的な姿につきましてお伺いをしたいと思います。基本構想実現のためには、市民一人ひとりの理解と協力がなければ進めるわけにはまいりません。実現はできません。

長野市議会 1994-03-01 03月04日-01号

民族国家経済などの利害が対立し、地域紛争が激化する一方で、地域によりましては国境を越えた経済圏作りも着実に進むなど、大きく前進しております。 二十一世紀を、平和で美しい希望に満ちた世紀とするためには、各国が政治的、経済的、社会的近代化を推進し、世界平和に貢献する国際主義立場で、新しい市民社会を構築する不断の努力が必要であります。 

岡谷市議会 1992-09-07 09月07日-03号

しかし他面、明治の初めまでは茅屋点々として眇たる一農村にすぎなかった地が、今や世界の岡谷と称せられ、我が国輸出貿易の大層たる生糸の中心地として、国家経済の上にも極めて重要な地位を占めるようになったのである。本村付近一帯に、異数な製糸業発達の因由については各種の諸説はあるにせよ、期するところその根本は、我が先人の勤勉努力の偉業であり、決して一朝一夕になったものではない。

  • 1