148件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下諏訪町議会 2019-09-19 令和 元年 9月定例会−09月19日-05号

提出先 衆議院議長参議院議長内閣総理大臣総務大臣財務大臣農林水産大臣国土交通大臣 あて ────────────────────────────────── ○議長 本案につきまして、提案者に提案理由の説明を求めます。中村光良委員長、登壇の上、御説明願います。 ○議長 中村委員長。 ◎総務経済常任委員長(中村) 提案理由を説明します。

軽井沢町議会 2018-12-04 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月04日−03号

これ、もちろん県ですとか担当のほうに回して、そちらで相談してくれということになるのかと思いますが、今現在、アスベストに対しましては、国のほうで建築物石綿含有建材調査者という制度を設けておりまして、これは、国土交通大臣が登録している機関が実施する講習会を修了した者がこの資格を有するものです。

長野市議会 2018-11-21 平成30年 11月21日 まちづくり対策特別委員会-11月21日−11号

また、先ほどの委員会でも、モビリティマネジメントをどのように進めていくのかというようなお話がありましたけれども、こちら非常に特徴的なモビリティマネジメント等を展開しておりまして、これらの3点の取組によりまして、平成25年度地域公共交通優良団体国土交通大臣表彰を受けたという実績もございます。  以上、こちら3か所ということで、正副委員長案として提出させていただきました。

松川村議会 2018-09-19 平成30年第 3回定例会-09月19日-03号

国土交通大臣に高瀬川の堤防の中へもう一個堤防をつくってくださいとお願いをしにいったことがありました。そうしたら、川幅を狭めるからだめだというふうに言われて、そのことについてはもう二度と言うなというふうに言われましたので、二度と言っておりませんけれども。あの堤防も中にしっかりした堤防があれば、ああいうことはなかったというように思います。

下諏訪町議会 2017-12-13 平成29年12月定例会−12月13日-04号

結果として、国土交通大臣賞の最高賞、コンパクトシティ大賞に選ばれ、市長は大変自慢をしていたわけであります。  我が下諏訪町はですね、もともとコンパクトな町であります。このことは町長も折に触れ発言されております。地域は、町域はですね、細長いわけですが、実際には住民が暮らしているところはコンパクトにまとまっております。居住区間が狭い上にですね、道路も非常に整備されていると思います。

長野市議会 2017-09-25 平成29年  9月 定例会-09月25日−05号

宛先は、衆議院議長参議院議長内閣総理大臣財務大臣及び国土交通大臣であります。  何とぞ議員各位の御賛同をお願い申し上げまして、私からの提案説明を終わります。 ○議長(小林義直) 以上で説明を終わります。  本件の質疑に関しては、通告がありませんので、質疑なしと認めます。  お諮りいたします。

軽井沢町議会 2017-09-21 平成29年  9月 第1回定例会(9月会議)-09月21日−05号

21日  軽井沢町議会議長 市村 守殿                            提出者 総務常任委員会                                委員長 土屋好生  別紙  道路整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律による補助率等の嵩上げ      措置の継続に関する意見書(案)  提出先 内閣総理大臣      内閣官房長官      総務大臣      国土交通大臣

松川村議会 2017-09-20 平成29年第 3回定例会−09月20日-04号

意見書提出先、内閣総理大臣内閣官房長官総務大臣国土交通大臣財務大臣。  以上です。 ○議長白澤富貴子君) 本議案は議長を除く全議員の提案でありますので、質疑、討論を省略し、直ちに採決することに御異議ありませんか。                (「異議なし」の声あり) ○議長白澤富貴子君) 異議なしと認めます。  これから議案第46号を採決します。

諏訪市議会 2017-09-15 平成29年第 4回定例会−09月15日-06号

長野県諏訪市議会議長 金 子 喜 彦 衆議院議長  大 島 理 森 様 参議院議長  伊 達 忠 一 様 内閣総理大臣 安 倍 晋 三 様 財務大臣   麻 生 太 郎 様 国土交通大臣 石 井 啓 一 様 議員議案第8号                意見書の提出について  国に対する私立高校への公費助成に関する意見書を関係行政庁に提出したい。

安曇野市議会 2017-09-15 平成29年  9月 定例会-09月15日−06号

宛先としまして、衆議院議長参議院議長内閣総理大臣財務大臣国土交通大臣地方創生担当大臣であります。  別紙でありますが、道路整備事業に係る補助率等の嵩上げ措置の継続を求める意見書(案)でございます。  道路は、市民安全・安心な暮らしや、活力ある社会経済活動を支えるとともに、災害時には市民の命を守るライフラインとして機能するなど、市民生活になくてはならない重要な社会基盤であります。  

軽井沢町議会 2017-09-11 平成29年  9月 総務常任委員会(9月11日)-09月11日−01号

こちらにつきましては、内閣総理大臣内閣官房長官総務大臣国土交通大臣財務大臣宛てということで、道路整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律による補助率等の嵩上げ措置の継続に関する意見書(案)ということで示してきております。  道路は、日常の生活、経済社会活動を支える最も基礎的な社会資本であり、また都市地方の交流の基盤としても、その必要性はさらに大きくなっている。

安曇野市議会 2017-09-04 平成29年  9月 定例会-09月04日−03号

最後になりますが、私たち公明党も、3年前、市長を連れて太田国土交通大臣、当時要望活動も行きまして、数々の実績もでき上がりましたし、また、電子黒板等のICT化、また、フィックスマイストリートの運用を始めていただいたり、この9月議会でも挙がっていますが、新電力会社への切りかえを早々と決定していただいた、本当にこの辺は感謝を申し上げるわけであります。  

長野市議会 2017-06-20 平成29年  6月20日 建設企業委員会-06月20日−03号

本日、その内容を御説明申し上げた後に、国土交通大臣宛てに提出してまいる予定でございます。  市バスについては3年ごとに見直しを行っておりますが、平成30年度からの新しい運行方法等について、地域の皆様のニーズを細かく伺い、利便性が高く、しかも効率的な運行との両立ができるよう協議を重ねてきております。夏頃までには調整を終え、来年度からの新たな運行に円滑に移行できるよう準備を進めてまいります。  

下諏訪町議会 2017-06-12 平成29年 6月定例会−06月12日-03号

環境影響評価の項目、手法の決定である方法書の決定は、この知事意見を踏まえた上で環境大臣による意見、国土交通大臣による所見を踏まえて確定されます。今回の環境影響評価方法書の手続が終了した後は、調査を行い調査結果をもとに事業が環境に与える影響を予測し、実施する環境保全措置の内容が実行可能な範囲で最善を尽くしているか評価を行い、それを取りまとめた準備書、評価書の手続へと移行していきます。  

上田市議会 2017-06-05 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月05日−趣旨説明−01号

下のほう附則第16条の2は、軽自動車税の賦課徴収の特例について規定するもので、納期限後に国土交通大臣の認定等の申請をした者が行った偽りその他不正の手段により納付すべき軽自動車税の額について不足額が生じた場合は、当該申請をした者を所有者とみなして不足分を納入させるという規定でございまして、一部自動車メーカーの燃費偽装問題に対応したものでございます。  

下諏訪町議会 2017-03-22 平成29年 3月定例会−03月22日-05号

提出先 衆議院議長参議院議長内閣総理大臣財務大臣総務大臣農林水産大臣国土交通大臣 あて ────────────────────────────────── ○議長 本案につきまして、提案者に提案理由の説明を求めます。藤森スマエ議員、登壇の上、御説明願います。 ○議長 藤森スマエ議員。 ◆藤森議員 それでは、提案理由の説明をいたします。  

安曇野市議会 2017-03-03 平成29年  3月 定例会-03月03日−04号

その内容は、ダム事業の中止を国土交通大臣へ報告するもので、その翌年の平成24年12月に、調節池による河川整備計画が認可されたと伺っております。  一方、黒沢川の洪水状況を調べてみると、昭和58年9月、集中豪雨により黒沢川の増水によりまして、小田多井堰決壊、水田流失、冠水農作物などで被害額は2億8,000万円に及びました。お手元の資料のとおりでございます。