1030件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下諏訪町議会 2021-06-22 令和 3年 6月定例会−06月22日-05号

財政力の弱い当町では、国保財政の被保険者負担軽減に苦慮しており、さらなる被保険者負担増保険税の引き上げになりかねない状況も生まれます。新型コロナウイルス感染症影響は長期化しており、住民生活困難拡大を考えれば、継続的な財政支援策が必要です。国民保険制度は、誰もが安心して医療にかかることのできる、医療保険制度最後の砦となっています。  

下諏訪町議会 2021-06-15 令和 3年 6月定例会−06月15日-04号

税率据置きに安堵しているところではありますが、国保財政危機的状況は変わらないとの町長言葉は、今後の税率引上げを示す言葉と受け止め、私は今後もぜひそれは避けていただきたいと切実に感じているところであります。  国保財政の把握のために、まず令和2年度決算に見込まれる剰余金約2,400万円がなぜ生じたのでしょうか、お聞きしたいと思います。

下諏訪町議会 2021-06-08 令和 3年 6月定例会−06月08日-目次

│課長 │  │   │ │  │ │         │・今後の国保財政見通し国保税に対す│   │  │   │ │  │ │         │ る考え方は。            │   │  │   │ │  │ │         │・子どもの国保税均等割無料化を求めた│   │  │   │ │  │ │         │ いが、いかがか。          

佐久市議会 2021-03-03 03月03日-04号

最後に、ウの来年度に開催予定国保運営協議会国保税の引下げを議論してほしいが、いかがかについてでございますが、市といたしましては、今年度末に示されます長野国民健康保険運営方針を踏まえるとともに、新型コロナウイルス感染症国保財政に与える所得状況及び税制改正など様々影響を見極めながら、国保税率等について検討していくことが肝要であると考えております。 以上でございます。

岡谷市議会 2020-12-07 12月07日-02号

市民環境部長百瀬邦彦君) 全国知事会国民保険料負担公平性と将来にわたる国保財政基盤強化の観点から、総額1兆円の公費投入必要性に言及したことは承知をしております。国による公費負担につきましては、国保制度の構造的な課題を解決し、制度の安定的かつ持続的な運営のため、引き続き国において議論すべき問題であると考えております。 ○副議長藤森博文議員) 今井秀実議員

佐久市議会 2020-12-07 12月07日-02号

市といたしましては、今後示される長野国民健康保険運営方針を踏まえるとともに、現下の新型コロナウイルス感染症国保財政に与える所得状況など、様々な影響を見極めながら、財政健全化計画に基づきまして国保税等の見直しを検討してまいりたいと考えております。 以上でございます。 ○議長神津正) 16番、内藤議員。 ◆16番(内藤祐子) コロナ減免については、着実に増えてきているという状況を伺いました。 

塩尻市議会 2020-09-09 09月09日-03号

◆17番(柴田博君) あと、この減免について必要な費用は全部国が負担するということのようですので、先ほど国保で1,200万でしたっけ、ありますが、それは国保財政には国からその分が入ってくるというふうに考えてよろしいわけですね。 ◎市民生活事業部長小林隆君) 制度では全額国が補填してくれるということになっております。 ◆17番(柴田博君) ありがとうございました。 

岡谷市議会 2020-08-27 09月03日-01号

国民健康保険事業では、平成30年度から国保財政基盤の安定に向け、都道府県化が施行され2年目の年となりましたが、長野県から示された標準保険税率に準じて税率等改定を行ったほか、税率改定に伴う負担軽減等を図るため、国民健康保険事業基金1,000万円の取崩しを行う中で、引き続き安定した財政運営に努めてまいりました。 

佐久市議会 2020-06-16 06月16日-03号

佐久国保財政健全化計画は、平成28年1月に策定され、計画期間平成28年度から32年度の5年間としています。策定の趣旨は、平成27年度の佐久国保財政は、平成26年度に引き続きひっ迫した厳しい状況が続くとともに、平成28年度以降においても収支のバランスをとることが厳しい状況が見込まれるとして、財政健全化に向けた計画的な取り組みができるよう財政健全化計画を作成するとあります。 

箕輪町議会 2020-06-15 06月15日-04号

国保財政には国も財源を投入しているので、コロナ禍の現在バランスをとって進めていただきたいので、趣旨採択を求めるという意見がありました。保険料公平性は必要だが、国庫負担を増やすことは消費税などの税金の増額、増税につながるので、趣旨採択を求めるという意見がありました。国が支援を続けており、趣旨採択としたいという意見もありました。国庫負担増額に賛成できないという意見がありました。

長野市議会 2020-06-10 06月10日-02号

なお、思い切った減免制度の充実との御質問でございますが、今回の減免措置は国が全額財政支援をすることとしており、また、本市におきましては、国保財政健全化計画に基づき、一般会計からの赤字補填について計画的な削減を図っているところでありますので、現時点では事業拡大について検討はしておりません。 今後も国の動向等を注視し、適切な対応に努めてまいりたいと考えております。

上田市議会 2020-04-02 03月04日-一般質問、議案質疑、議案付託-04号

主な内容は、国庫負担割合引上げなど国保財政基盤拡充強化、特に低所得者層負担軽減策拡充強化、子供に関わる均等保険料を軽減する支援制度の創設、財源確保、また各種医療費助成制度等、全ての地方単独事業に関わるペナルティーの廃止です。全国知事会でも、昨年7月、同様の趣旨要望をしております。要望に対する市長の見解を伺います。