232件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岡谷市議会 2020-08-27 09月03日-01号

9目ブランド推進費では、地域おこし協力隊員2名の人件費のほか、日本童画美術館に係る商標登録業務委託料を支出しております。 10目文化会館費では、開館30周年記念事業に関わる経費を、また11目童画館費では、第10回武井武雄記念日本童画大賞の開催に係る経費、12目博物館費では、蚕糸博物館リニューアルオープン5周年記念事業に係る経費を支出しております。 

岡谷市議会 2019-10-21 10月21日-03号

また、岡谷観光協会では、協会推奨土産品として登録された商品岡谷ブランドロゴをデザインした推奨商標を張って販売しているほか、岡谷商工会議所では、会員の皆様にブランドロゴの周知と利用促進を図り、市内企業呉服店衣料品店などの各種商品ブランドロゴを刻印、印刷していただくなど、約20件程度の利用をいただいております。 

下諏訪町議会 2019-09-04 令和 元年 9月定例会−09月04日-03号

諏訪大社におかれましては、諏訪大社、御柱祭、梶の葉、薙鎌などといいました数十種類の商標登録をされておりまして、この商標を使用する場合は諏訪大社許可が必要となっております。御柱祭では事業者諏訪大社商標を、許可を得まして使用して関連商品販売しており、人気を博していたといったところでございます。  

松川村議会 2019-06-17 令和 元年第 2回定例会−06月17日-02号

営農支援センター事務局長高山重典君) 誘導の豊作になるかあれなんですが、水稲では御存じのように、村全体の取り組みとしましては、鈴ひかり登録商標をして販売しておりますので、個人のブランドが難しい方は御利用をいただければとは思います。  その他の個々の取り組みにつきましては、それぞれの経営方針によるものになりますので、あえて誘導するような方策は現在考えておりません。  

軽井沢町議会 2019-06-04 06月04日-03号

平成30年12月第1回定例会におきまして、観光経済課長からの答弁を通し、6次産業化推進として、軽井沢発地そば商標登録販売、イチゴ、トウモロコシ、ブルーベリーなどを使用した商品開発が進んでいることは承知していますが、もっと広く町民の関心を集めて行う推進策があると考えますが、さらなる推進策として、何を検討していらっしゃるでしょうか。 ○議長(佐藤敏明君) 答弁願います。 

千曲市議会 2019-05-28 05月28日-01号

市の特産でありますアンズの付加価値向上に向けて、生食に適した品種でありますハーコットプレミアム化推進しておりますが、3月20日に開催されましたちくまハーコット推進協議会では、ハーコット商標名を「杏月」と命名し、糖度12度以上、重量、重さですが、120グラム以上、鮮度が保持できる特殊フィルムによる冷蔵管理をすることで日もちを長くするという規格を決定しまして、今後、ブランド化に向けてPRを強化していくことになりました

伊那市議会 2019-03-06 03月06日-02号

で、「内藤とうがらし」、これにつきましては東京ブランド野菜として、江戸東京野菜というそれに登録をされておりまして、新宿の地域ブランド商品として商標登録されております。伊那市が「内藤とうがらし」という呼称を使うということはできないし、また生産販売もできないという状況であります。まあちなみにでありますが。 

軽井沢町議会 2018-12-03 12月03日-02号

これは、発地市庭のブランド化農業振興を加速するというふうな形を目的といたしまして、今年の3月23日に軽井沢発地そば並びに発地市庭のロゴマーク、これを商標登録したところでございます。 さらに、今シーズンの新ソバについては、2ロット目販売される12月の中旬ごろから、軽井沢発地そばというふうな形で裏面に記載がされるというふうな形で、販売者株式会社直売所になるというふうな予定でございます。 

須坂市議会 2018-06-19 06月19日-02号

こういった部分に関しては実用新案でもなければ登録商標でもないんで排斥することはできないかもしれないですけれども、それを上を行くような、また、行動を起こさなければいけないかなと思っていますけれども、であるとすれば、僕がここで言いたいのは、「ハッチ」にまさる何か観光、人寄せの目玉商品というものを我々須坂は何か編み出さなければいけないという部分に関して、全国に知れわたる須坂を売り出すためのブランド化、これを

塩尻市議会 2018-06-12 06月12日-02号

日本アルプスサラダ街道、これは、この名称商標登録というか名称保護、こういった活動は今までどのような状況になっておりますでしょうか。 ◎産業振興事業部長産業政策観光担当](塩原恒明君) 過去にサラダ街道に係る商標登録につきまして、協議会活動に賛同する民間企業において登録をされていた経過はございます。

茅野市議会 2018-05-25 05月25日-01号

を獲得した小平奈緒選手の栄誉と功績を後世に伝えるとともに、茅野市国際スケートセンター利用する子どもたちのモチベーションアップとスケート文化普及促進目的としまして、スケートセンター小平選手にちなんだ愛称をつけることとし、そのための看板設置を行うとともに、特に老朽化の目立つ部分についての改修工事スケートセンター出身オリンピック選手写真展示コーナーリニューアルのための選手画像代愛称名商標登録

安曇野市議会 2017-12-08 12月08日-05号

田園環境と調和のとれた建物の形状や色、それから商標看板の色や大きさなど、どのように配慮がなされているのかということを、まず1点お伺いしたいと思います。 2点目ですが、この周辺農地農用地区域内農地、青地ということで、農地転用はできないということになっていますけれども、この開発をきっかけに、国道147号に沿って開発周辺部に及ぶことはないのかどうかということをお伺いいたします。 3点目です。

中野市議会 2017-09-12 09月12日-03号

私は過去の一般質問でも述べさせていただきましたが、商標登録地理的表示保護制度GI制度)の活用、さらには国際認証規格(GAP)の取得を目指すべきではないかと思いますが、いかがでしょうか。 また、ぼたんこしょう周辺の市町村でも生産販売され、加工品も出回っていることから、信州中野産として差別化するための工夫も必要と考えますが、いがでしょうか。 次に、文化プログラムについてお伺いします。