55件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小諸市議会 2019-05-20 05月27日-01号

なお、支払い期限については、和解条項により、令和元年6月14日までに支払うこととされており、期日までに支払いができない場合は、平成29年6月10日から支払い期限までの遅延損害金220万7,658円を支払わなくてはならないことから、議会初日での議決を求める議案として上程したとの説明があり、委員より、賠償金の一部とは何かとの質疑があり、対象の保険会社が2社あり、そのうちの1社から請求されているため、一部

安曇野市議会 2018-03-05 03月05日-05号

◆20番(小林純子) そんな中、通告書にも書きましたけれども、熊本PTA裁判というのがありまして、福岡高裁和解条項で、PTAが入退会自由な任意団体であることを将来にわたって保護者に十分周知すること、それから保護者がそうと知らないまま入会させられたり、退会を不当に妨げられたりしないよう、PTA側が努めることということが確認されております。 

飯田市議会 2017-09-05 09月05日-01号

和解条項概要ですが、飯田市が相手方に対し157万円を支払う義務のあることを認めるほか、(2)から(5)に記載のとおりでございます。 市税の賦課につきましては、ダブルチェック体制をとるなど、再発防止策を講じているところでございますけれど、今回、このような和解の報告をさせていただくことを重く受けとめ、なお一層の事務適正化に取り組んでまいります。 以上、よろしくお願いいたします。

松本市議会 2017-03-17 03月17日-05号

議案第66号は、市道2533号線舗装補修工事に係る鉄板撤去及び側溝設置等工事に関し、相手方が昨年8月に成立した和解条項を履行しないため、和解条項の履行及び工事妨害行為の一切の禁止を求めて訴え提起をするもの、第67号は、埋橋1丁目の市有水路敷を不法に占有している工作物について、これを収去して土地を明け渡すとともに、その土地の一部について松本市へ所有権移転登記をすることを求め、訴え提起をするものであり

長野市議会 2017-02-23 02月23日-01号

総務関係では、本市へ移住し起業する者に対し、起業に係る経費への支援金250万円、精算制度が創設されたことに伴う災害復興特別交付税返還金394万1,000円の他、固定資産税及び都市計画税に係る和解金として、訴え提起前の和解申立てを受けて、長野簡易裁判所の仲裁を経た和解条項案を受け入れることに伴う和解金1,995万3,000円を追加するものでございます。 

箕輪町議会 2014-12-16 12月16日-03号

この裁判のやり方も非常に納得できない方向で、議会では賛成多数で、裁判かけるようにしたんですがこのことについてそのことは今言っていても過ぎたことでありますのでこの裁判所の方の和解条項を作った。六つですが七つなるかな、あるんですけれども、こういう中で今の町長は負けた勝ったはどうでもいいんですけれども、内容について1回も説明がないわけ。

松川村議会 2014-09-24 平成26年第 3回定例会−09月24日-05号

(5)原告被告被告代表者平林明人及び利害関係人長野ローズ株式会社は、原告被告原告被告代表者村長平林明人被告利害関係者長野ローズ株式会社及び被告代表者村長平林明人利害関係人長野ローズ株式会社との間には、本件事業に関する開発事業承認申請書の受理及び被告原告及び利害関係人長野ローズ株式会社に対する行政指導に関し、本件和解条項に定めるもののほか何ら債権債務のないことを相互に確認する。  

箕輪町議会 2014-09-09 09月09日-03号

和解が成立したということは、和解条項の7にございますように「当事者双方本件に関し、和解条項に定めるもののほか、何らの債権債務のないことを相互に確認する」という条項が入っておりまして、今まであった相手方債務、つまり土地代、それから施設の返済金1,035万415円はいわゆる町から見れば債権になりますし、相手から見れば債務ですけれども、これは全部なくなったことを前提に和解をし、和解についての決議をいただいているわけでございますけども

飯田市議会 2014-08-26 08月26日-01号

和解条項概要につきましては、解決金として市が相手方に金450万円の支払い義務があることを認めるほか、ごらんのとおりでございます。 この事故から既に2年が経過し、心肺停止になった原因や死因についての議論は尽くされておらない部分もございますが、このまま継続してもさらに長期化することが想定され、早期解決が適当であると双方が判断した次第でございます。 以上、よろしくお願いいたします。

飯田市議会 2013-12-09 12月09日-04号

和解条項概要でございますが、1つとして、飯田市及び相手方は、飯田市及び相手方が所有する自動車について生じた損害額を、それぞれみずから負担をするというものであります。飯田市の損害額は5万9,074円、相手方損害額は6万9,420円でございます。 飯田市が所有する自動車に係ります損害額につきましては、本市が加入いたしております全国市有物件災害共済会から全額支払われるものでございます。 

箕輪町議会 2013-12-09 12月09日-02号

まず、この和解条項から入りますが農地賃貸借契約手続でありますけれども、この手続に町は配慮に欠けたということを認めるべきだというようなことであります。今まで町長は、こういうことは、内容和解ですから話ができないというようなことでしたけども、私が何人かの弁護士に聞いたり、また裁判所へ行って話を聞いた経過があります。

箕輪町議会 2013-09-17 09月17日-04号

裏にまいりまして6つ目でございますが、原告らと被告及び被告補助参加人との間、並びに被告被告補助参加人との間には本件に関し本和解条項に定めるもののほか、何らの債権債務のないことを相互に確認する。7つ目といたしまして、訴訟費用及び和解費用は各自の負担とする内容でございます。この和解案条項について議会議決が得られれば9月30日午後4時30分の裁判和解を成立させ、本件を終了させる予定でございます。

安曇野市議会 2013-06-25 06月25日-06号

当初は三者のそれぞれの利害が先行しまして、この調停和解条項に至るまでは相当高いハードルの要望がございました。金額的なことはちょっと申し上げられませんが、調停は非公開でやっておりますので、ここまでそれぞれの意向が歩み寄りを見せて、ここまでの金額に落ち着いたということをまず大前提で御説明をします。 

箕輪町議会 2013-06-10 06月10日-02号

和解条項で町と法人は互いに債権債務関係がないということが確認されております。したがって、和解の本質からこれ以上のことを町としてコメントすることは適切ではないというのが顧問弁護士意見であり、私の意見であります。 ○下原議長 入杉議員 ◆7番(入杉議員) 先ほどの質問回答をお願いします。 ○下原議長 それでは質問の途中でございますが、先ほどの質問回答を求めます。

飯田市議会 2012-12-21 12月21日-05号

相手方及び和解条項概要につきましては、ごらんのとおりでございます。 事故から既に8年余が経過し、当事者である2人も既に高校生となられている現在、早期解決を図ることが必要であると判断をした次第でございます。 以上でございます。 ○議長上澤義一君) ここで、議案に対する質疑通告議会事務局事務室において受け付けますので、11時35分までに通告をお願いいたします。