173件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下諏訪町議会 2019-12-12 令和 元年12月定例会−12月12日-04号

4校とも共通でございますけれど、自主的に勤務した場合というのを除いて、勤務命令が出ている学校行事でございますとか中体連や体験入学等の引率など、全て振りかえを行っておりますので、その辺のところを徹底するようにという目標が最近になって非常に先生方にも理解していただけるような、そんなふうになってきていると把握しています。以上です。 ○議長 増沢昌明議員。 ◆増沢議員 ありがとうございます。

諏訪市議会 2019-12-03 令和 元年第 5回定例会−12月03日-04号

1号配備といたしまして、団員と連絡がとれる体制を整え、出動命令時には直ちに対応できる体制。2号配備といたしまして、最低限の人員で巡回等を行い、災害の発生の有無を定期的に監視する体制。そして最後に3号配備といたしまして、車庫、屯所へ全団員を招集し出動に備える体制となっております。  今回の招集では、副団長から1号配備、2号配備がかけられ、一部、分団長判断により3号配備までをかけております。

下諏訪町議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会−03月20日-05号

議案第5号 下諏訪町職員勤務時間及び休暇等に関する条例の一部を改正する条例については、働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律成立を踏まえて、超過勤務命令を行うことができる上限を原則1カ月について45時間、かつ1年について360時間とするものです。  質疑では、年休取得は1人当たりの平均で、平成29年度5.9日、平成30年度は6.9日であった。

下諏訪町議会 2019-02-25 平成31年 3月定例会−02月25日-01号

下諏訪町職員勤務時間及び休暇等に関する条例の一部を改正する条例につきましては、国ではこれまで人事院の策定した超過勤務の縮減に関する指針により、年間の超過勤務の上限目安時間数を示してきましたが、働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律成立を踏まえて、超過勤務命令を行うことができる上限を原則1カ月について45時間かつ1年について360時間と、業務量が多く業務の実施時期、その他の業務の遂行

諏訪市議会 2019-02-19 平成31年第 1回定例会−02月19日-01号

昨年8月の人事院による「公務員人事管理に関する報告」に基づき、国家公務員における超過勤務命令を行うことができる上限などを人事院規則で定めることとされたことに伴い、国家公務員の措置等を踏まえ、諏訪市においても、長時間労働の是正を初めとする働き方改革を推進するため、本条例勤務時間外における勤務に関する規定を追加するもので、時間外勤務の上限などは、条例に基づく規則で定めることを規定するものであります。

松川村議会 2018-12-19 平成30年第 4回定例会−12月19日-03号

和田議員は、そういうことを強くお願いして終わるというように言われているんですけれども、議長が答弁をしろという命令ならばいたしたいと思います。 ○議長(平林寛也君) 大変、失礼かとは思いますけども、大和田議員の最後の言葉やお考えに対するお考えがあれば、発言していただければありがたいなと思ってお願いするところであります。村長。 ◎村長(平林明人君) 大和田議員には、いい質問をいただきました。

諏訪市議会 2018-09-18 平成30年第 4回定例会−09月18日-05号

また、小規模保育事業の質を担保するため、市は指導監督の義務があり、立ち入り検査、勧告、措置命令等を行うことができます。  その結果、女性の社会進出のサポートや子育てしやすい環境を提供できるとともに、質の高い小規模保育を提供することができます。以上の理由により、社会文教委員長報告に賛成いたします。 ○金子喜彦 議長  討論はありませんか。               

下諏訪町議会 2018-09-07 平成30年 9月定例会−09月07日-04号

既に設置されている規制標識につきましては、設置基準となる国土交通省道路標識、区画線及び道路標示に関する命令及び警視庁交通規制基準を現時点で満たしていることから、新たな改善等は難しいと考えられますが、ドライバーの規制に対する認識や意識の低さが主な原因と思われるため、町独自の対策として、路面標示や注意喚起標識の新設、ホームページや町広報紙への掲載等の周知活動等を行うことで対策の強化を図っていきたいと

下諏訪町議会 2018-09-06 平成30年 9月定例会−09月06日-03号

次に、長時間の残業についてでございますが、公務のため臨時または緊急の必要がある場合は、基本的に課長命令を受けて職員は正規の時間外で勤務することとなっております。これに要した勤務時間につきましては、職員が一月まとめまして、勤務内容と時間数を記載した時間外及び休日勤務命令簿が総務課へ提出されることになりまして、それにおいて把握をしております。  

諏訪市議会 2018-09-03 平成30年第 4回定例会−09月03日-03号

避難訓練では命令に従っていきますけれども、哲也くんは自分の判断で命令を破ったわけです。だから助かったんです。ということは、子供であっても最後は自分なんだということも教えている。大事に考えて、自分の命は自分で守るということは子供の時代からそうなんだ。そういう前提でもって地域との連携を進めている状況でございます。              

松川村議会 2018-06-14 平成30年第 2回定例会-06月14日-02号

こういう状況であるということを行政のほうは的確に把握をしていただいて、もちろん行政命令してやるわけにはいきませんので、これは、ぜひ調整役を積極的に努めていただきたいなと思うんです。  村長にもお伺いしたいんですけど、先ほど、同僚議員からも託されました質問ですが、今後、合区、それから分区を含めた行政区再編というのをお考えでしょうか。 ○議長(平林寛也君) 村長。

諏訪市議会 2018-06-12 平成30年第 2回定例会−06月12日-04号

そういった中で、所有者の情報の公表というものですか、現場調査を行って、いろいろの助言を受けたりという形の中で、今度は逆に所有者に対して調査の結果はどうだったとか、こういうことをしたらどうかとか、勧告とか命令とかいろいろなされているんじゃないかと思いますけれども、行政の代執行みたいなことがなされた物件等があったかどうか、その辺はどんなものでしょう。

下諏訪町議会 2017-12-13 平成29年12月定例会−12月13日-04号

どういういきさつかはわかりませんが、町長が命令したのかどうかわかりませんけれども、従来の枠を超えて新しい取り組みをする、これは本当にすばらしいことだというように思うわけであります。先ほど午前中の話の中でも、儀象堂を正月3日間あけるんだと。これもすばらしいじゃないですかというように私は思います。

下諏訪町議会 2017-09-21 平成29年 9月定例会−09月21日-05号

さらに進まない場合は勧告を行い、さらに改善がない場合は命令を行い、それでも改善されなければ行政代執行、略式代執行を行う。判断は協議会が行い、権限は町にある。  空き家に関する窓口は、協議会事務局建設水道課でもあり、建設水道課が窓口である。ただし、利活用できる空き家は産業振興課。草木の繁茂、ごみ、害虫等に関する案件などは住民環境課で対応する。  

下諏訪町議会 2017-09-06 平成29年 9月定例会−09月06日-03号

あと、防災士についてですけれども、この前も訓練にもいろいろ、うちの6区でもその人たちがかなり中心になって、指令、命令以外の実務等々については、資格のある方が仕切ってくれていたという点では心強いものがあるわけですが、全然わからないんですよね。だから、せめて町としてヘルメットやチョッキぐらいは、正式に言うと制服があるそうですね。かなり高いそうであります、聞いてみたら。