757件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下諏訪町議会 2019-09-04 令和 元年 9月定例会−09月04日-03号

印象を与えてしまっているといった現状を、住民や、観光以外の産業であります農業商業工業の事業者や、NPO、市民グループなどの団体、町におきましても観光以外の部署といった観光に関連していなかった事業者や団体も巻き込みながら、これまでの行政観光事業者中心の旅行振興から、ほかの産業や住民も一体となって旅行者を受け入れます観光地域づくりが最も重要な進むべき方向性と捉えまして、立場の異なる多様な関係者の合意形成

下諏訪町議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会−03月06日-03号

改定版の計画では、新たな観光推進組織としまして、これまでの行政観光事業者中心の旅行の振興から、観光以外の産業であります農業商業工業の事業者や団体住民も一体となって旅行者を受け入れる観光地域づくり、こういったものが重要となり、さまざまな関係者の合意形成を総合的にプロデュースする新たな観光地域づくりの推進役となる新組織を構築していく必要があるというふうにまとめてございます。  

諏訪市議会 2019-02-28 平成31年第 1回定例会−02月28日-05号

定例会の市長施政方針では、今後都市計画決定に向けて、ルート及び構造の原案が提示される可能性が高いため、地域との合意形成のための協議を継続するとともに、バイパス整備とあわせて実施する沿道地域の活性化のための各種事業案の作成を進めていくと述べられました。予算案の中にも例年どおり委託料が計上されております。ルート及び構造原案が提示された後の事業かと思われます。

安曇野市議会 2018-12-13 平成30年 12月 定例会-12月13日−05号

また、先ほど申し上げました環境省環境研究総合推進費、こちらにおきましても、費用負担について地下水涵養に係る合意形成シナリオの作成を研究のサブテーマに掲げておりまして、並行して進めてまいりたいというふうに思います。  議員おっしゃるとおり苦しいところでありますが、まずは涵養施策をしっかり確立してまいりたいというふうに思っております。  以上であります。 ○議長小松洋一郎) 松枝議員

諏訪市議会 2018-12-12 平成30年第 5回定例会-12月12日-06号

4 グループ(会派)は、必要に応じてグループ(会派)間で調整を行い合意形成に努めるものとする。  (議員間討議の充実)  第5条 議会議長(以下「議長」という。)並びに常任委員会議会運営委員会及び特別委員会(以下「委員会」という。)の委員長(以下「委員長」という。)は、議会が言論の場であることを十分に認識し、議員相互間の自由な討議を中心に運営し、合意形成に努めなければならない。

長野市議会 2018-12-05 平成30年 12月 定例会-12月05日−02号

本市の将来世代に負担を先送りすることなく、より良い資産を次世代に引き継いでいくために、長野市公共施設等総合管理計画の策定や組織体制の強化、市民合意形成の取組など、公共施設マネジメントを段階的に進めてまいりました。現在、今後10年間の実施計画となります個別施設計画の策定を目指して、全庁的な作業を進めております。

諏訪市議会 2018-12-04 平成30年第 5回定例会−12月04日-04号

計画決定から着工までにはさまざまなケースがございますが、一般的には計画決定の後、地元区からの要望ですとか市の整備方針、また、国や県との協議等により路線、事業区間を定め、地権者や地元区との合意形成、事業規模によりますけれども環境影響評価、それから交通量調査などを実施した後、都市計画法第59条により都道府県知事認可を受けて事業化となります。              

長野市議会 2018-10-23 平成30年 10月23日 公共施設の在り方調査研究特別委員会-10月23日−06号

委員会におかれましては、さきの9月定例会におきまして、1年間の調査研究のまとめとして委員長報告が行われ、主な御意見として、市民合意形成の取組への若者の参加、計画的な保全と長寿命化を踏まえた個別施設計画の作成、全庁横断的なマネジメントの推進の3点をいただきました。  

長野市議会 2018-09-25 平成30年  9月 定例会-09月25日−05号

これまでの主な取組としては、公共施設の現状を把握するための管内視察の実施及び各委員が市民シンポジウムや地区ワークショップへ自主的に参加した上での市民合意形成の取組の検討、また個別施設計画の策定方針や公共施設整備に係る長野市PFI等活用ガイドラインの策定、先進地視察の実施といった公共施設マネジメント推進に関する事項について調査研究を重ねてまいりました。  

軽井沢町議会 2018-09-20 平成30年  9月 第1回定例会(9月会議)-09月20日−05号

◆2番(西千穂君) 今の利用権の設定ということですが、全協の中の説明で、期間が15年以上、合意形成が必要と書いてあるわけなんですが、今、32年までというお話がありましたが、意思があるというふうには答弁の中にありましたけれども、15年以上ということですが、そこを確認しているということでしょうか。 ○議長(市村守君) 答弁願います。  工藤観光経済課長

長野市議会 2018-09-14 平成30年  9月14日 公共施設の在り方調査研究特別委員会-09月14日−04号

1の市民合意形成から、下に進みまして5公民連携まで、それぞれの項目につきまして概要を4ページ以降で説明いたします。  4ページ、市民合意形成の取組を御覧いただきたいと思います。  (1)若年層啓発事業・出前講座といたしまして、高校での出前授業、清泉女学院大学とのプロジェクトに取り組んでおります。  

安曇野市議会 2018-09-14 平成30年  9月 定例会-09月14日−03号

民営化の実施計画には、基本的な条件として特色ある教育保育の実施や多様な保育ニーズへの対応、教育保育の質の確保など13の条件を示していますが、その具体的内容については保護者の方々と合意形成を図ってまいります。その中でそれぞれの保護者子供たちのメリットとなる具体的な条件を設定して、保護者地域の方々とともに事業者を選考してまいります。  以上でございます。 ○議長小松洋一郎) 猪狩議員

長野市議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会-09月13日−03号

善光寺東参道の整備につきましては、善光寺東参道活性化検討委員会との連携を図りながら、長野建設事務所と共に、地元の皆様との合意形成に向けた検討を進めてまいります。 ○副議長(小林秀子) 鎌倉希旭議員 ◆18番(鎌倉希旭議員) ありがとうございます。  第二地区の中でも善光寺東参道に対する期待というのは大変大きいものとなっております。是非、様々な工法等による施工について御検討をお願いいたします。  

上田市議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月12日−一般質問、議案質疑、議案付託−04号

資源循環型施設建設を進める上で最優先課題となるのは地域との合意形成でありまして、地域の皆様が懸念されています施設安全性や周辺環境への影響、迷惑施設集中に対する負担の軽減などに対しまして行政として適切に対応することが求められております。これらの課題を解決するためには、最新のごみ焼却技術安全性について丁寧にわかりやすくご説明し、不安の解消に努めることが大切であります。

上田市議会 2018-09-10 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月10日−一般質問−02号

要望の内容は幅広い分野に及んでおりますことから、市といたしましても全庁的に連携した検討も必要でございますが、何よりも重要なことは、地元の旅館ホテルの方々を初め商店の皆さん、地域の住民の皆さん、お寺の方々など地元の方々がみんなで魅力的な温泉地として活性化していくための将来ビジョンとビジョンに向けた手段を描いていただき、地域合意形成を図っていただくことが大切であると考えておりまして、別所温泉観光協会