111件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下諏訪町議会 2020-03-03 令和 2年 3月定例会−03月03日-03号

町の担当課に行けばいいのか、あるいは受験準備中の場合は、例えば中学校の3年生であったり高校の3年生であったりは、自分の高校に相談するのか。あるいは今みたいな時期だと、受験生は受験を目指す学校に問い合わせればいいのか。その辺が私にはまだ理解し切れていません。その辺について、高校生、大学生に対する支援は、学校に入ってからでは間に合わないと思うんですね。

原村議会 2020-03-02 令和 2年第 1回定例会−03月02日-03号

当村におきましては、原村職員資格等取得助成制度によりまして、職員が業務に必要な資格等を取得する際に受講料ですとか受験料、テキスト代、登録料などの助成対象経費の2分の1以内の額を助成しております。この制度を活用いたしましてこれまで取得した主な資格につきましては、小型移動式クレーン、玉掛けですとか。高所作業車運転技能、中型自動車第1種免許林業技術者養成講習、チェーンソーになります。

下諏訪町議会 2019-12-12 令和 元年12月定例会−12月12日-04号

文部科学省のまとめによると、2018年度教員の採用試験受験者は合計10万5,000人だったと。2012年度は約12万2,000人いたんだと。それが1万7,000人の減少になったということであります。2019年度、今年度は9万8,000人にさらに減少していると。  朝日新聞の9月1日付の1面で、教員志望者減少続く、長時間労働問題影響かという見出しで記事が記載されました。

諏訪市議会 2019-06-18 令和 元年第 3回定例会−06月18日-04号

成人式年齢を18歳とした場合の課題については、議員御指摘のとおり、令和4年度に3学年分の人数が出席をするということになり、会場のキャパシティを超えてしまうこと、また18歳という年は高校3年生の年齢になるものですから、大学受験など進路にかかわる重要な節目を迎えていることなどが考えられます。またあわせて着物のレンタル業者ですとか美容関係業者、こういった業者のキャパシティの課題も想定がされます。  

下諏訪町議会 2019-03-07 平成31年 3月定例会−03月07日-04号

そこで、今、EdTechというお話がございましたけれども、すぐに学校に導入するわけではないんですけれど、私のイメージといたしましては、オンラインでの英会話のレッスンみたいなこととか、受験対策学習サービスみたいなものとか、自分とやっぱり相手が離れていても勉強ができるとか、eラーニング的なものなのかなという、そういうイメージが浮かんできて、まだ私、実際にそういったものが、どんな活用をして、世界の中でいろんな

諏訪市議会 2018-12-04 平成30年第 5回定例会−12月04日-04号

どんなものが減免されるかというのを御紹介すると、研修の履修証明書、講習をしたかどうかという証明書と、あと試験があるので資格取得試験受験及び合格証の証明、あとは救急救命講習の履修証明、3点であります。つまり、分団長以上の階級の方、あと経験者も含まれますが、防災士取得に関しては認証登録申請を提出し、資格取得費用を納付すれば防災士資格が取得できます。  

諏訪市議会 2018-12-03 平成30年第 5回定例会−12月03日-03号

次に、障がい者の採用についてでございますが、一般職の新規採用職員試験、こちらを実施する際に、毎年度その募集要綱に障がいのある方も受験できる内容を明記して公募しているところでございます。しかし、実際の応募や問い合わせはございませんでした。  また、平成26年度、27年度と2年続けて、障害者手帳等の交付を受けている方を対象とした試験を個別に実施をしております。

原村議会 2018-12-03 平成30年第 4回定例会−12月03日-02号

そこでですね、道徳教育教科になるという、そこで学歴が重視される社会の中にあって、この道徳教育教科になると、その内申書による点数が受験の際にそういった点数が対象となるのかならないのか、そういうような危惧があるんですけれども、その辺をお伺いします。 ○議長(小林庄三郎) 五味教育長。 ◎教育長(五味康剛) その点についてお答えさせていただきたいと思います。

原村議会 2018-11-30 平成30年第 4回定例会−11月30日-目次

│       │  │     │      │ 2.教科になると、受験の際に内申書│〃      │  │     │      │  による点数の対象となるか。   │       │  │     │      │ 3.小学校玄関前にあった二宮金次郎│〃      │  │     │      │  の石像はどうなったか。

諏訪市議会 2018-09-04 平成30年第 4回定例会-09月04日-04号

〔「議長14番」の発言あり〕 ○金子喜彦 議長  水野政利議員 ◆14番(水野政利議員) また2番目として、テストの受験のあり方、またその認知について、お伺いいたします。 ○金子喜彦 議長  教育長 ◎小島雅則 教育長  学校に行かれないということは、テストもできないという状況にある、それに対する心配かと思います。テストはございますけれども、それ自体が評価の全てではありません。

原村議会 2018-09-04 平成30年第 3回定例会−09月04日-03号

それから高校生は受験料や入学金等の負担が大きいから大学に行けるんだろうかとか、そういうふうなことを子供たちは本当に親の生活を見て。一番あれだったのは、中学生が朝早くから夜遅くまで仕事をしている母親が心配だというふうに言っています。この答えを聞いたときに、なんて子供貧困子供たちの心の中、それから生活の中に本当にひどい思いをさせているんだなという実感を私はこのアンケートから読み取りました。  

諏訪市議会 2018-08-27 平成30年第 4回定例会-08月27日-目次

│   │       │(1)諏訪市不登校児童生徒の現状と支援の取り組み状況は  │ │   │       │(2)不登校児童生徒への支援の課題に対する具体策は     │ │   │       │   ①不登校児童生徒のフリースクールへの通室の出席扱いにつ│ │   │       │    いて                        │ │   │       │   ②テスト受験

下諏訪町議会 2018-06-07 平成30年 6月定例会−06月07日-03号

以下、医療費の軽減、無料学習塾児童館、放課後子供クラブ、放課後教室、塾代、受験料などが挙げられています。生活は困難ではありますが、保護者にとって教育への関心は高く、できるだけ教育費を軽減し子供学びを大切にしたいという願いがあるように思われます。  当町といたしましても、就学援助費を前年度のうちにお届けするなど、制度上、できる限りの支援をしようとしている現状です。

下諏訪町議会 2018-03-08 平成30年 3月定例会−03月08日-04号

そして、私が下諏訪町へ来たのが、東京へ就職をするつもりで受験をしました。なぜか1週間前になったら、新宿駅の何番線へ集合するようにということで、列車へ乗ってきました。そのときはまだ煙を吐くような機関車で、下諏訪という場所へおろされました。そして、東京から来た男性は80人くらいいます。そして下諏訪へ着いたら、100人近くの若い女性が待っていました。それが入社式でありました。

原村議会 2017-09-05 平成29年第 3回定例会−09月05日-03号

特に近年はですね、大学受験には世界へのグローバル化に伴い、試験英語力が重視される、そんな大学がふえてきております。県内でも県立看護大学では、英語で小論文が出されます。今度新設される長野県大学は、英語に重点を置くということが新聞報道されました。  さて、このような状況から、小学校では2018年度からは外国語活動ということが前倒しされ、3・4年生で英語が必修化されます。

下諏訪町議会 2017-06-12 平成29年 6月定例会−06月12日-03号

それから、まだ51人では、もう少し足りないなという思いもございますので、今年もチャレンジ事業で何人か受験していただくようでありますし、今後100人を目標に、より一層防災士の方たちがふえていってくれたらありがたいなと。そういった必要な御支援はチャレンジ事業が終了した後でも考えていかなければいけないなという思いはあるところでございます。 ○議長 総務課長