276件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

茅野市議会 2020-12-10 12月10日-04号

ヤマウラステイは今年10月にオープンしましたが、今後の推進機構の取組のフラッグシップとして、また収益事業の柱となるよう、市としても支援を続けているところです。 しかし、推進機構設立以降、これまでにない視点での事業造成や、財源確保へ向けた準備を優先して事業を進めてきたようにも感じられます。一方で、公益収益の両立や観光地里山等地域バランスを図ることも重要だと考えます。

佐久市議会 2020-12-09 12月09日-04号

収益事業だとか、公益事業でいろいろなご努力をされていらっしゃるということがうかがえました。それでも数字がちょっと上がっていないというのが現状なので、非常に頭が痛い問題ではないかと思っております。 先ほどは部長おっしゃったんですが、とにかく老朽化というのが一番の問題なんですけれども、それ以前にまだ出せるアイデアというのがあるんではないかと思います。

塩尻市議会 2020-12-09 12月09日-03号

投資につきましては竹中工務店、国が指定する都市開発を推進する機構が関わるまちづくりファンド地元金融機関塩尻森林公社、本市がそれぞれの役割に応じ実行しており、宿泊施設改修費用資金調達先である金融機関等の専門的な視点から事業計画妥当性を検証していただいていることも踏まえ、十分に収益事業として成立し、大きな付加価値を生むものと考えております。 

小諸市議会 2020-09-29 09月29日-05号

現在、実施している事業収益事業公益事業に整理し、行政観光局がどのように役割分担すべきかを、コンサルティングを受けながら分析・検討しているところであるとの答弁がありました。 委員より、現状では自立は難しいと思われるので、自ら稼ぐ方策を考えていただきたい。自立に持っていくのは相当な努力がいるので頑張ってほしいとの意見がありました。 

須坂市議会 2020-09-02 09月02日-04号

基本的な考え方を申し上げますと、民間事業者の自主的な経営力を発揮し、民間の独創的なアイデアやノウハウにより、入園料収入以外の収益事業を展開することでより市民が楽しめ、質の高い市民サービス提供魅力向上につながり、臥竜公園を初め市内活性化が図られることであります。 例えば、先導的官民連携事業の結果、様々な地域公園を活用している例を知りました。

箕輪町議会 2020-08-31 08月31日-01号

収益事業では、下水道使用料が前年度に比べ約1,043万円の増となりましたが、他会計負担金補助金が全体の28.27%を占めております。事業費用では減価償却費が61.13%、企業債利息が17.91%を占めています。企業債についても資本的支出の中に含まれる元金とともに大きな負担となっております。また、北小河内排水処理施設機能強化工事に取りかかり始め、下水道事業維持管理が中心となってきています。

伊那市議会 2020-08-28 08月28日-01号

以下、事業収益事業費用財務状況業務状況右側19ページでは建設改良未収金削減まで御覧をいただき、中ほどの経営見通しでございますが、給水人口減少などから給水収益減少が見込まれ、また施設等が一斉に更新時期を迎える令和12年度以降、更新投資額年平均で1.5億円ほどの増加が見込まれます。このような見通しを踏まえ、令和元年度末には経営健全化計画改定を行いました。

松本市議会 2020-06-16 06月16日-03号

また一方で、ヘルスケア産業の創出に向けたモニタリング調査やワークショップなど、企業連携することにより、松本地域外部資金を呼び込み、市民・会員の社会貢献意欲健康づくりをサポートする収益事業を両立させています。 市長公約では、松本ヘルスラボ事業広報戦略健康データの収集の面で抜本的に強化し、健康データを活用したヘルスケア産業振興に取り組むとあります。

飯田市議会 2020-05-26 05月26日-01号

3ページ、(2)の収益事業は、指定管理施設管理運営事業でございます。 かぐらの湯は、9月までの上半期は、前年度のフグ料理提供による宣伝効果もあり、入浴者数で1,048人、食堂利用者数で1,901人の増と推移してまいりましたが、下半期は台風の襲来など、不安定な天候が重なり低迷することとなり、さらには、源泉ポンプ落下事故により2か月間の休業となり、厳しい経営となりました。 

茅野市議会 2020-03-05 03月05日-04号

ただいま市もお考えいただけるということで、何分にも収益事業ではそこはならない事業でございます。みんながくつろぎ楽しむ場であって、収益という場ではないものですから、やはり公園整備は市が本当に力を入れていただいて進めていただけたらと、そのように思っていますので、よろしくお願いいたします。 五つ目に、観光まちづくり推進機構との連携について、最後の質問とさせていただきますけれども、よろしくお願いします。

下諏訪町議会 2019-12-19 令和 元年12月定例会−12月19日-05号

現状収益事業としての使用はない。この改正によって、現状より減額収入になるところもあるが、時間割使用にしたことで増収部分も見込める。アンケートについては、団体の代表者お願いをしている。スポーツ協会とも意見交換はできており、回答数は少ないが、意見は反映されている。あき情報はホームページ予約システムより確認でき、申し込みに関しては窓口で対応している。料金改定ホームページなどを通じて周知していく。

下諏訪町議会 2019-09-05 令和 元年 9月定例会−09月05日-04号

ちょっとしつこくなって申しわけないですが、クラフトタウン構想での第3段階というのは用途地域の問題を解決してですね、事業者が活用し、収益事業を行う人や企業が集まり、地域活性化していくことが期待できる。また、将来的な管理運営主体としてホシスメバを活用し、町の活性化を図るまちづくり会社設立を目指すとあります。  

飯山市議会 2019-06-20 06月20日-04号

◆14番(山崎一郎)  ちょっと時間の関係ございますので、それでは、この庁内の見直しの部分で、次に、私は公益事業収益事業の関係について質問いたしますが、歴代市政の施策によって、市内にはさまざまな施設が造られてきました。この施設には、公益事業収益事業施設がございます。さらには両方兼ねた施設もございます。私は、これらの施設を時々訪ねて見て感ずることがあるんです。