129件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松川村議会 2018-12-19 平成30年第 4回定例会−12月19日-03号

直接国税2円以上納入者、3点を持つ男性を公民として参政が与えられた。そんなところから始まったと書いてあります。昭和22年地方自治法により、完全な普通選挙法により参政が与えられる。昭和28年町村合併促進法により、県の計画案によると池田、会染、松川1町2村を合併対象としていたと、このようなことも書かれております。

茅野市議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会-12月12日−05号

民主主義国家主権者として参政を行使してもらうことは、国家の根幹にかかわる重要問題だと考えています。そこで、投票率向上に向けた取り組みをお聞きします。  一つ、投票率の向上に向けてどのような取り組みがなされていますか。  二つ、昨今では投票率の向上の方策として期日前投票が推奨され、実際に期日前投票はふえています。しかし、そのことが必ずしも全体の投票率の向上に寄与しているとも思えない面もあります。

伊那市議会 2018-06-13 伊那市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月13日−02号

今、市長から義務という言葉もありましたけれど、実はその憲法保障する人権ということで、自由権社会権参政とあるわけですけれども、その中の参政の中で選挙権というものがありまして、権利というふうに言われていますが、実は選挙人としての公務、義務だという見解も憲法学者の中では有力だ、多数だというふうに言われていますので、今市長がそういう選挙参加するのは権利という側面もあるし義務もあるという側面、これしっかり

安曇野市議会 2018-03-07 平成30年  3月 総務環境委員会-03月07日−01号

もちろん、参政もない。そして一家の中では夫の言うことは絶対服従なんです。しかも、もし、いろんな浮気がばれても、女の人には言うところがなかったわけです。男の人が幾ら浮気をしても離婚の原因にはならなかったというふうに、本当に明治憲法下で女性は痛めつけられてばかりいたんです。それが、新しく平和憲法ができて、そして女性は本当に救われた。

上田市議会 2017-06-13 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月13日−一般質問−03号

本日は多くの上田の女性活動家の皆さんが傍聴においでいただいているので、失礼ながら女性の参政についてちょっとだけお話ししますと、大正デモクラシーと言われた時代から平塚らいてうや市川房枝さんなどが女性参政の獲得運動をしておりましたが、女性に参政が認められたのは第二次大戦後の12月、昭和20年の12月17日に改正衆議院議員選挙法により女性の参政が認められるようになりました。  

岡谷市議会 2017-02-28 岡谷市議会 会議録 平成29年  3月 定例会(第1回)-02月28日−04号

◆4番(渡辺雅浩議員) 費用対効果を見込みながらということなんですけれども、どうしても民主主義というのは、特に選挙の場合は、コストがかかるというのがもう当たり前のことで、投票所を増設すれば、もちろんお金はかかりますし、人件費はもちろん、さまざまなコストはかかることなので、そういうことではなくて、投票率向上という、特に参政というのは、もちろん戦前にはないわけで、限られていたわけで、今後、そういうのが

安曇野市議会 2016-03-03 平成28年  3月 定例会-03月03日−03号

日本国民である以上、私としては参政があると思います。18歳から、場合によっては参議院選挙から18歳の選挙権が与えられ、投票する権利が生じるわけです。  そこで、障がいを持たれた、ある意味、知的障がいを持たれた子供たち、この子供たちに対する主権教育等、これは選挙管理委員会としてどのような見方をされているのか、選挙管理委員会委員長にお聞きいたします。

長野市議会 2016-02-19 平成28年  2月19日 総合計画等調査研究特別委員会-02月19日−04号

何か、特別あれば、この野本委員から18歳参政の話、ちょっと出てきていますが、この辺のところの切り込みというのは、どこかで入れておく必要があるのかなという気もしないことはないんですが、今回どんなものでしょうか。  あと、中野委員の……  皆さん、何か意見あったら、ひとつお願いします。  

原村議会 2015-12-08 平成27年第 4回定例会−12月08日-02号

この男女基本計画の策定の背景としては、昭和21年個人の尊重と法の下の平等をうたう日本国憲法の制定により男女平等の実現に向けた取り組みが進められ、家庭教育などの分野のほか、女性の地位向上にとって基本となる分野に対しても目が向けられ、女性の国政への参画資格を得た婦人の参政獲得は共同参画の第一歩であったと思っております。

岡谷市議会 2015-10-21 岡谷市議会 会議録 平成27年  9月 定例会(第5回)-10月21日−05号

憲法で示されている参政行政の努力によって保証していく、すなわち、今私が求めている投票をしやすくする環境づくりは行政の責務ではないでしょうか。この答弁を求めます。  以上、壇上からの質問を終わります。 ○議長(竹村安弘議員) 笠原征三郎議員質問に対する答弁を逐次求めます。  市民環境部長。      

大町市議会 2014-09-10 平成26年  9月 定例会-09月10日−04号

冒頭でも触れましたが、平塚らいてうは、「元始女性は太陽であった」で始まる雑誌「青鞜」の創刊の辞の中で、女性の解放とは女性に対するさまざまな外圧拘束からの解放、また、教育の機会の平等職業平等参政平等のみを意味するのではなく、真の女性の自由解放とは、言うまでもなく、女性の中に潜在する能力を十二分に発揮させることであると宣言しております。これは100年も前のことであります。

須坂市議会 2014-07-01 平成26年  6月 定例会-07月01日−06号

これからの県政のあり方を方向づける大事な選挙でありますので、ぜひとも参政を行使されますようお願いを申し上げます。  本年は、中国四平市との友好都市締結20周年を迎えることから、これを記念し議会からは豊田清寧議長教育委員会からは内藤靖教育委員長に御参加いただき、公式訪問団と中学生14人を含む市民訪中団が、7月28日から四平市を訪問し交流を深めてまいります。  

須坂市議会 2013-07-02 平成25年  6月 定例会-07月02日−05号

言いかえれば、請願権参政的機能を持つ国家思想形成に参加する手段としての性格を有しているという法に基づいて、これまで当須坂市議会におきましても行われたものと理解しております。  さて、意見書に述べられているように、昨年11月、国会はほとんど審議もないまま、2013年10月から3年間で、厚生年金共済年金国民年金、すべての公的年金を2.5%削減する法律成立させました。  

伊那市議会 2013-06-12 伊那市議会 会議録 平成25年  6月 定例会-06月12日−02号

憲法保障する人権は、自由権社会権そして参政、この参政国民市民が、国政、市政に参加する権利であり、自由権を確保するための非常に重要な権利です。そして、実は憲法学者の間では、この参政、特にその中に含まれる選挙権は、純粋な権利という側面だけではなく、選挙人としての地位に基づいた公務、つまり義務という側面を持っているという二元説というものが多くを支持されています。

須坂市議会 2012-02-29 平成24年  3月 定例会-02月29日−03号

選挙権参政の一つとして一般的であるけれども、最も重要な、国民に課せられた行為であると思います。この参政象徴とすべき選挙権は、イギリスフランス等の市民革命後の近代憲法において保障された歴史を持つ、いわば市民の流血と命との引きかえによって市民が勝ち取った権利であるとも思っております。

伊那市議会 2010-06-01 伊那市議会 会議録 平成22年  6月 定例会-目次

          (2)委員長報告に対する質疑           (3)討論          (4)報告 日程第7 議案第16号 請負契約締結について………………………………………25 日程第8 議員提出議案第4号 地方自治体の住民意思の尊重を日本政府に求める意見書の提出について…………………………………………………………………………………27      議員提出議案第5号 永住外国人地方参政付与