897件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上田市議会 2022-03-29 09月11日-一般質問、趣旨説明、議案質疑、議案付託-04号

そして、もう一点といたしまして、民間努力で捻出した資金により寄附をしているとのご答弁でありましたけれども、原油価格高騰などいろいろな面で価格高騰した際には、議会での補正予算でさらにお金を出しているという側面もあります。その中で、果たして本当に民間努力により生み出しているお金であると言えるのか。

上田市議会 2020-07-23 09月10日-一般質問-03号

こうした中、事業団指定管理者となっている施設指定管理料増加している要因につきましては、施設改修に伴う来館者増加に対応するための経費や、人手不足等影響による人件費増加原油価格高騰による燃料光熱水費施設老朽化に伴う修繕費増加、さらには突発的な機械設備等の故障に伴う臨時休館による影響など、通常経費削減努力だけでは対応しがたいものも数多くございます。

中野市議会 2020-03-10 03月10日-04号

日本中東から輸入する原油の多くはホルムズ海峡を通過いたします。アメリカはこの攻撃はイランの犯行だと主張しましたが、イランは否定いたしました。 中東地域での緊張激化アメリカイラン核合意から一方的に離脱し、制裁を再開させたことも一因であります。また、アメリカ有志連合を組織して圧力をかけようといたしました。 

箕輪町議会 2019-12-16 12月16日-04号

また原油精製コストから生まれた石油製品交渉力によって販売価格は変わるのは不公平なので反対という意見も出されました。討論では反対討論として、交渉力の強いところが安くなり、交渉力の弱い消費者に負荷をかけるベースなので反対賛成討論としては、地域産業また弱い産業が廃れていくのはよいのか。農業、観光は地域の大事な資源、経済的にも支援していくことが大事なので賛成

伊那市議会 2019-12-06 12月06日-04号

今、日本で外国から原油とか石炭とか輸入をして、それでまあ電気を使ったり、車が動いたりということになっているのですが、実はこの数字というのは大変大きくってですね、年間6兆円と言われております。それを割り返してみると、一日135億円、これがその燃料のために海外に出ているという、そんなことになるわけであります。

松川村議会 2019-09-20 令和 元年第 3回定例会−09月20日-04号

さらには経済状況の中で日中の貿易摩擦、あるいは現況行われているサウジの石油問題、原油問題、非常にかかわりの中でもって厳しい経済情勢であることは間違いがないと思います。  しかしながら、やはり社会保障と税の一体改革の中でもって、我々にかかわる地方消費税は、実質軽減税率が行われておりましても1.76にはなると。実質の中で0.6%は増加をするんだと。

下諏訪町議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-04号

それによって日本国内原油価格が上がったりという形の中で、一刻も早く自然エネルギーに関して自立国家を目指していかなければいけないと私も思っています。  その中で、長野県が進める政策についてですね、長野県と福島県が自然エネルギー100%という目標の数値を掲げて今行動し始めています。当然、国主導で行わなければいけない事業なのに、なぜ国はしないのでしょうか。

箕輪町議会 2019-06-14 06月14日-03号

直近では国内経済内容を見ますと昨日のニュースにもありましたが、中東情勢の混迷による原油価格動向や米中の報復関税に始まりました貿易摩擦による影響、それに伴う中国景気の大幅な失速等が懸念されています。その影響を受けまして、国内外の景気回復シナリオはここにきまして、現在の状況が維持されるのか先行き不透明感が徐々にではありますが増してきています。

伊那市議会 2019-03-18 03月18日-05号

ペレットは、灯油や重油のように原油価格影響されないため価格が安定しており、計画が立てやすい。」旨の答弁がありました。 「新産技術推進事業に係る集落支援員活動内容はどのようなものか。」との質問に対し、「新たな支援員を配置するもので、例えば、ドローンで運んだものを注文された方に届ける仕組みづくりや、運ぶ商品を提供事業者と相談するなど、事業つなぎ役を想定している。」旨の答弁がありました。 

長野市議会 2019-03-08 03月08日-05号

その際は、急激な原油価格高騰国民生活を直撃したため、国が緊急対策基本方針を示し、国からの財政支援を受けて実施したものでございます。 当時の価格高騰影響は、前年との比較において、1リットル当たり平均21.8円の増で、1世帯、平均500リットルを冬季の灯油消費量とした場合、1万円を上回る負担の増加となったものでございます。 

上田市議会 2018-12-17 11月26日-趣旨説明-01号

一般会計の歳出における主なものといたしましては、公立保育園及び小中学校への空調設備整備原油高騰に伴う市有施設燃料費光熱水費の追加、利用サービス需要変動に伴う扶助費の調整、台風等に伴う災害復旧事業に係る経費を計上しております。 次に、事件決議案につきましては、16施設について来年度からの指定管理者を指定するための議案など、計3件であります。 

伊那市議会 2018-12-07 12月07日-04号

原油価格は、今でも上昇傾向にあり、さらに値上がりする気配を見せています。燃料等高騰は市民、とりわけ生活弱者などにとっては、暮らしを苦しくする大きな要因になっています。こうした皆さんは寒さに耐えながらも、最低限まではストーブをたかないというような声を寄せていますけれど、このままでは健康を害しないか心配されます。

茅野市議会 2018-11-28 11月28日-01号

温泉施設管理運営費では、原油価格高騰に伴う指定管理料補正増。 病児・病後児保育支援事業費では、平成32年度以降の新たな施設確保に伴う用地購入にかかわる経費等補正増。 保育所施設整備事業費では、保育所への冷房設備設置にかかわる経費補正増。 農業担い手育成事業費では、台風21号及び24号により被害を受けた農産物生産施設再建等を支援するための補助金補正増。