3555件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

原村議会 2019-03-04 平成31年第 1回定例会−03月04日-04号

しかし、これは非常勤職員には夏休みという休暇制度はないわけですけれども、今後会計年度任用職員制度が導入されることになりますと、この辺がやはり福利厚生的なことで設けることもできるようになっております。これは義務ではなくて、できるようになっているというようなことです。これは首長の判断によるとされております。  

諏訪市議会 2019-02-27 平成31年第 1回定例会−02月27日-04号

○金子喜彦 議長  健康福祉部長 ◎関隆雄 健康福祉部長  前回の放射線治療装置の導入の際には、厚生労働省の放射線治療装置緊急整備事業補助金1億4,000万円が諏訪日赤に対して補助された経緯から、国補助にかえて同額程度の補助の要請がございましたが、今回更新に当たりましては、長野県からの補助金が2,000万円ほど見込めることになったため、残りの1億2,000万円を6市町村で補助することになりました。

安曇野市議会 2018-12-21 平成30年 12月 定例会-12月21日−06号

さらに、厚生労働省は都道府県化実施後も、一般会計の自治体判断で繰り入れはできる、生活困窮者への自治体独自の軽減は問題ないとしています。今年度少なくない市町村が国保税引き下げを実施し、子供の均等割の独自軽減に足を踏み出した自治体もあります。市民の立場で、国保税の値下げの努力をしてほしいと思います。  以上で反対討論を終わります。 ○議長(小松洋一郎) 次に、原案に賛成の討論はありませんか。  

下諏訪町議会 2018-12-21 平成30年12月定例会-12月21日-05号

厚生労働省も医療現場や介護現場の勤務環境改善の必要性を明らかにし、手だてを講じてはいますが、具体的な労働環境の改善に至っていない状況について説明がありました。  質疑の中で、医療機関に対して国は指示できるのかについては、勤務規定については夜勤や勤務間インターバルの規定はない。規制がないのでワーク・ライフ・バランスなどの可能な人に無理な負担が強いられている。

佐久市議会 2018-12-21 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月21日−06号

厚生労働省も医療職場や介護職場の勤務環境改善の必要性を明らかにし、手だてを講じてはいますが、具体的な労働環境の改善には至っていません。  日本医労連の「2017年度夜勤実態調査」では、2交代勤務病棟のうち、16時間以上の長時間夜勤の割合は43.1%、勤務と勤務の間隔が極端に短い8時間未満の病棟の割合が49.0%でした。このような過酷な夜勤実態の背景には慢性的な人手不足があります。

茅野市議会 2018-12-19 平成30年 12月 定例会-12月19日−資料

厚生労働省も、医療職場や介護職場の勤務環境改善の必要性を明らかにし、手だてを講じてはいますが、具体的な労働環境の改善には至っていません。  日本医労連の「2017年度夜勤実態調査」では、2交替勤務病棟のうち16時間以上の長時間夜勤の割合は43.1%、勤務と勤務の間隔が極端に短い8時間未満の病棟の割合が49.0%でした。このような過酷な夜勤実態の背景には、慢性的な人手不足があります。

松川村議会 2018-12-18 平成30年第 4回定例会−12月18日-02号

保育園につきましては、厚生労働省の管轄で、児童福祉施設という扱いになります。保育士は国家資格になります。幼稚園につきましては、文部科学省の管轄で教育施設区分となりますので、先生につきましては教員免許が必要となります。あと保育園につきましては、ゼロ歳から利用できる児童福祉施設でございますが、幼稚園につきましては3歳からの教育施設となります。  

長野市議会 2018-12-17 平成30年 12月 定例会-12月17日−06号

本市において、法改正の経過措置にある厚生労働省令で定める基準により、本特例の指定を受けている事業所は、現在のところ1か所であるとのことですが、高齢者と障害者・障害児が通所することによるメリットなどが期待できることから、今後、市としても積極的に、指定につながる研修の機会を設けたり、情報発信したりすることによって普及を図り、指定事業所の更なる増加に向けて取り組むとともに、平成31年1月1日が施行期日であることから

伊那市議会 2018-12-17 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月17日−05号

指定管理している施設の中には、市民の皆さんの福利厚生的な施設もあり、市が負担せざるを得ない部分もある。市としては経営状況を明らかにして、市民に説明することが大切だと考えている。」旨の答弁がありました。  「2,100万円の補助金の内訳は何か。」との質問に対し、「みはらしの湯が下水道へ接続したことによる負担増に対して1,800万円と、施設の修繕費に対して800万円の補助である。」

茅野市議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会-12月12日−05号

サービス付き高齢者向け住宅は、国土交通省、厚生労働省が所管する高齢者の居住の安定確保法、通称、高齢者住まい法に基づく制度で、高齢者の単身あるいは夫婦世帯が安心して居住できるよう、バリアフリーなど高齢者にふさわしいハードと、ケアの専門家による安心できる見守りサービス、これを兼ね備えた高齢者向けの賃貸住宅でございます。  

諏訪市議会 2018-12-12 平成30年第 5回定例会-12月12日-06号

厚生労働省も、医療職場や介護職場の環境改善の必要性を明らかにし、手だては講じていますが、具体的な労働環境の改善までは至っておりません。  日本医労連の「2017年度夜勤実態調査」では、2交代勤務病院のうち16時間以上の長時間夜勤の割合が43.1%、勤務と勤務の間隔が極端に短い8時間未満の病棟の割合が49%でした。このような過酷な夜勤実態の背景には、慢性的な人手不足があります。

原村議会 2018-12-11 平成30年第 4回定例会−12月11日-04号

そういう立場から村民の福利厚生の施設でもあるということですので、ぜひともこの村民対象としたこの部分、今までは観光の方も外部の方も含んでいたわけですけれども、少なくとも村民に対しては現状維持でいってほしいという立場から、この原案に反対をいたします。 ○議長(小林庄三郎) 賛成討論の方ございませんか。松下議員。 ◆7番(松下浩史) 私は賛成の立場でお話させていただきたいと思います。  

茅野市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−03号

意味がないぐらいのことを言われてきたので、ちょっと思い込みが強かったかもしれないですけれども、総務部長の話を聞いて、ある程度のところは特定健診でもカバーできるんでしょうけれども、やはり人間ドックを受けたんだという、安心して暴飲暴食してはいけませんけれども、受けたという安心感がやっぱりいろいろな意味でモチベーションというか、自分は健康だということにつながっていくんじゃないかと思いますし、やっぱり福利厚生

伊那市議会 2018-12-10 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 経済建設委員会-12月10日−01号

さんのおっしゃるように、この経営状況というものをですね、やっぱり明らかに市民の皆さんにして、どんな経営状況なのか、そこに市としてどのような財政的な支援も含めて、今後かかわっていくかということを、ちゃんとした説明なり、いろいろな場面でですね、話をしていく必要があるというふうに思っておりますし、先ほど申し上げたとおり、こういった経過で観光施設等を運営してきておりますので、今後の観光施設、また所期の目的で建てられている福利厚生施設

長野市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−05号

平成30年7月5日、コスモス成年後見サポートセンター特別研修にて、厚生労働省須田俊孝成年後見制度利用促進室長は、地域における協議会、法律の専門職団体、行政書士の方ももちろん入る、そういった関係者に協力してもらうネットワーク、成年後見活動が本人に寄り添った、満足していただける後見活動に貢献してもらえるキーパーソンは、誰でも対象だが、地域において福祉の施策を充実させる協力者を分厚くさせるのが市役所の重要

長野市議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会-12月07日−04号

厚生労働省のインフルエンザQ&Aでも、子供へのワクチン接種について、発病を一定程度予防することや、発病後の重症化や死亡を予防することについて一定の効果があるとされています。実施自治体において、子育て支援先進都市長野を目指す加藤市長の、子供のインフルエンザワクチン接種助成への決断を期待し、市長にお聞きします。

伊那市議会 2018-12-06 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月06日−03号

厚生労働省は、ことし4月に2015年の市町村別平均寿命を公表しました。全国平均は男性が80.8歳、女性が87.0歳という中、伊那市においては男性82.0歳、女性は88.0歳と全国の中でも上位に位置する結果となりました。  とてもうれしい数字になっていますが、近年、この平均寿命とともに注目されているのは健康寿命という指標になります。