9701件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上田市議会 2023-11-02 12月03日-一般質問-03号

生活困窮者自立支援制度の相談者は抱えている問題が複数ありますので、既存の制度を適切に組み合わせて対応している現状もございます。 国においても、ひきこもりや8050問題を生活困窮者支援制度を使った課題解決を考えております。上田市では、平成27年度から生活困窮者自立支援事業に係る庁内連携会議を開催しています。

塩尻市議会 2022-12-06 12月06日-03号

本市が本年度ICTの活用により全庁的な業務改革を推進するためのシオサエティー5.0という提案制度を創出したのは、これらの背景を踏まえながらスマート自治体としての先駆者でありたいとの意思を示したものでございます。 

上田市議会 2022-03-29 09月11日-一般質問、趣旨説明、議案質疑、議案付託-04号

指定管理者制度の意義には、利用時間の延長など施設運営面でのサービス向上による利用者の利便性の向上、管理運営経費の削減による施設を所有する地方公共団体の負担の軽減などが挙げられるかと思いますが、1つ目として、そもそも上田市は指定管理者制度を活用してきた実績がある中で、どのようなメリットとデメリットがあると考え、指定管理者制度を活用しているのか。 

塩尻市議会 2021-09-27 09月27日-05号

5款労働費では、委員より、勤労者住宅建設資金融資利子補給金について、平成29年度をもって制度を廃止したとのことであるが、30年度に11件の実績があったということは融資を受けている期間中は引き続き利子補給を行っていくということなのかとの質問に、利子補給金の額は借入期間に応じて上限額を申請後に一括交付することになっているため、経過措置期間となる30年度をもって利子補給金の交付は終了となったとの答弁がありました

塩尻市議会 2021-09-12 09月12日-04号

特にアクセルとブレーキの踏み間違いによる重大事故が多く、事故防止に向けた装置の開発及び装着を初め、免許制度の抜本的な改革などが政府で検討されています。 東京都はほかの地方自治体に先駆けて、令和元年度、東京都高齢者安全運転支援装置設置補助制度を開始しました。これは高齢ドライバーによる事故を防止するため、一定の基準を満たした安全運転支援装置の費用を東京都が負担する制度です。

上田市議会 2021-09-02 09月09日-委員長報告、質疑、討論、採決、一般質問-02号

森林経営管理制度がどのような制度であるかお尋ねし、第3問とします。 ○議長(小林隆利君) 工藤農林部長。          〔農林部長 工藤 秀樹君登壇〕 ◎農林部長(工藤秀樹君) 森林経営管理制度についてご質問いただきました。 昨年5月、新たな法律森林経営管理法が可決成立し、ことし4月から施行されたところでございます。

塩尻市議会 2021-09-02 09月02日-01号

このため、8月には、保護者向けに制度の概要や手続に関するチラシを配布して周知を図るとともに、今月中には決定通知等を送付する予定としております。今後、10月からのスムーズな制度開始に向け対応に万全を期してまいります。 「教育再生による確かな成長の支援」について申し上げます。 

箕輪町議会 2021-06-14 06月14日-03号

財源の問題も実はやっぱり保育園も運営でありますのでそういった課題もありますが国の方に町の支払わなければいけないそういった単費というものを多くしないように、制度的なですね、担保をしていただくように十分いろんな形で要望をさせていただいて、その上でこの制度が浸透するようにしていきたいというふうに考えております。

箕輪町議会 2021-06-04 06月04日-01号

それでは、最初に住民税の関連ですが、1点目はふるさと納税制度の見直しに伴う寄附金税額控除の改正でございます。一番上の表でございますが、過度な返戻品を送付し制度の趣旨をゆがめているような団体について、ふるさと納税の対象外とすることができるよう制度を見直すものであります。

上田市議会 2020-12-31 10月02日-趣旨説明、議案質疑、委員長報告、質疑、討論、採決-05号

これに対し、成年後見制度は申し立てを行うことで利用できる制度であるため、現在の規定では申し立てを行った場合のみ失職することになる。このため、公平性の観点を踏まえ、欠格条項から削除するとともに、状況に応じた個別の判断を行える制度にするため改正を行うものである等の質疑応答があり、本案については原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

上田市議会 2020-12-16 11月25日-趣旨説明-01号

こうした中、10月25日には、関東経済産業局による現地視察が行われ、市といたしましても補助制度の創設を強く要望したところでありますが、先ごろ発表された、中小企業における施設設備の復旧を支援する「グループ補助金」や、観光客向けの「ふっこう割」などの政府対策パッケージを活用しながら、一日も早い企業活動の正常化を目指し、引き続き国や県、商工団体金融機関等と連携して取り組んでまいります。 

箕輪町議会 2020-12-16 12月16日-04号

総務産業常任委員長 ◆荻原総務産業常任委員長 請願受理番号第4号 免税軽油制度の継続を求める請願書について、意見を委員にそれぞれ求めました。意見の中に28年度にも同様の請願が出ており、全会一致で採用されています。今まで4回継続しているので採択してもよい。また原油の精製コストから生まれた石油製品は交渉力によって販売価格は変わるのは不公平なので反対という意見も出されました。

塩尻市議会 2020-12-10 12月10日-05号

また、LED化につきましては、補助制度を設けることによりまして、LED防犯灯への切りかえを進めていただいております。しかし、LED化への進捗状況には地区によって差があります。そんな中、LED化に向けまして計画的に取り組むよう各区のほうにお願いをしているところでございます。今後も、防犯灯については地元区等を中心として、行政協力する中で効率的に維持管理を進めていきたいと考えております。 

塩尻市議会 2020-12-09 12月09日-04号

次に、既存ワイナリーを含めワイン事業者への支援内容と実績についてでございますが、本市においては、市内にワイナリー等を新設、増築または改築する者に対して、その固定資産税分について3カ年補助を行うワイナリー等設置事業補助金制度平成28年度から令和2年度の5年間に限り設けております。これまでに柿沢のサンサンワイナリー及び北小野のいにしぇの里葡萄酒が当制度を利用しております。

箕輪町議会 2020-12-09 12月09日-02号

でも9月中旬に一転して加算をつけることになりましたが事業所に対する経過説明や制度説明はなく、事業所は困惑されている状況です。制度が変わり色々と大変なことがあると思いますが、経過説明や制度説明を各事業所に説明を行いましたでしょうか。町長に所見をお伺いいたします。

塩尻市議会 2020-12-05 12月05日-02号

(1)の会計年度任用職員制度につきましては、地方公共団体における行政需要の多様化に対応し、公務の能率的かつ適正な運営を推進するため、地方公務員法及び地方自治法の一部が改正され、地方公務員の臨時・非常勤職員について任用の適正を確保するとともに、一般職会計年度の任用職員制度を創設し、採用や任期等に関する制度の明確化を図るものでございます。