109件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大町市議会 2020-06-17 06月17日-03号

家庭学習ICT機器を使う習慣を子どもたちにつくってもらうことは、家庭でのICT機器の利用がゲームなどに偏りがちな子どもへの処方箋になるとも考えております。 あくまで事業者からの声があってからだと思うんですが、このEdTech補助金を利用した業者との連携についてどう考えますでしょうか。 ○議長中牧盛登君) 教育次長

岡谷市議会 2020-06-17 06月17日-02号

3つ目来院者への対応といたしましては、本年1月、国内で初めて感染者が確認された後、直ちに海外渡航された方は申し出ることの旨を院内に掲示し、患者さんに注意喚起したことをはじめ、外来発熱者専用待合室を設置したほか、電話診療による処方箋発行対応面会禁止措置発熱トリアージの設置などを実施してまいりました。

飯田市議会 2019-06-17 06月17日-02号

まだ、明確に、これをやったら解決するという処方箋が出ているわけではないんですけど、第2期の策定は、そうしたことをベースにした形でまとめられていくというふうに私は捉えております。 ○議長湯澤啓次君) 永井一英君。 ◆12番(永井一英君) 議事録がついていませんもんで、データだけを見て、自分としてどうだということしか言いようがなかったんですけど、後ほど聞きたいと思ったことを市長は御答弁されました。

千曲市議会 2019-06-03 06月03日-02号

しかし、これらは自前の処方箋に過ぎなかったなというふうに思うわけでありますが、業務改善では今乗り切れない時代を迎えているものというふうに考えております。今ですと、もう人口減少が来ていますから、この中で行政はどうあるべきか、非常に難しいかじ取りを選択していかなきゃいけないというふうに思っております。 

大町市議会 2019-02-27 02月27日-04号

院外処方箋発行率は、現在約95%で、患者さんの都合のよい時間に都合のよい薬局で薬をお受け取りいただいております。 国は、従来から医薬分業院外処方を政策として推進してきた経緯があり、厚生科学審議会での委員の発言は、医療費高騰に対する課題の一つとして、今後における議論の俎上にのせるため提起した発言と認識しております。

飯田市議会 2019-02-26 02月26日-01号

バブル経済の最中に始まった平成時代におきましては、我が国の人口減少に転じ、いわゆる右肩下がり時代に突入しましたが、中央への一極集中はやむところを知らず、国における地方創生取り組みをもってしてもその処方箋はいまだ見つかっていない状況であります。当地でも、高校卒業者の7割が地元を離れ、地元定着する率は全体で4割にとどまっております。 

大町市議会 2018-09-04 09月04日-03号

処方箋があるわけではありません。しかしながら、数多くの公立病院で、現在、県の県立病院を運営する地方独立行政法人長野病院機構におきましても、ことし29年度は赤字になったという、そうした報道もございます。 そうした中で、自治体病院をめぐる経営環境というのが極めて厳しい中で、確かに黒字を達成している病院もあるわけでございます。

飯田市議会 2018-06-13 06月13日-03号

お医者さんは、その人に合った処方箋を書きます。どのような契約書職場に張り出すことになるかわかりませんが、1つ提案があります。 最近、芸能界ではTOKIOの山口さんという人が飲酒による事件を起こしました。どうも彼はアルコール依存症のようで、酒をやめるということが宣言もできなかったようで、また入院したようでありますが、社会的制裁、仲間に戻れず、芸能界からも消えることになります。

須坂市議会 2018-02-28 02月28日-03号

それと、あと、この本の中にある「日本を救う10の処方箋というのがあるんですが、これ全部読んでいたらもう時間がおわっちゃいますので言いませんけれども、やっぱり戦略的に縮むということで、1番目は高齢者を削減すると、高齢者を削減すると物騒なことを言っているんですけれども、要は65歳以上を高齢者と定義したのはドイツの宰相のビスマルクだと書いてあるんです。

大町市議会 2017-12-07 12月07日-03号

総合戦略は、人口減少進行を抑制するための処方箋となる計画であり、策定から2年が経過する中で、これまでもさまざまな施策を積極的に展開してまいりました。人口減少進行地域における雇用や消費需要の縮小に伴う地域経済の停滞を初め、地域コミュニティー活力低下による互助・共助の仕組みの衰退や自治体活動等の維持が困難となることが大きく懸念されます。

佐久市議会 2017-12-07 12月07日-02号

意識改革については、慶應大学教授上山信一氏が職員のコミュニケーションの方法を変えることだとして、4つの処方箋を出しています。時間の都合もありますので、ポイントだけ申し上げます。 1つは、オフサイトミーティング、これは職場で月2回程度、みんなで会議室に集まってランチを食べる。話題提供者を持ち回りで決めて、何のテーマでもいいから5分しゃべる。昼間の会議も効率化され、無駄話は余りしない。

上田市議会 2017-10-01 06月12日-一般質問-02号

また、教員の長時間労働状況など多忙化の実態は公表されますけれども、処方箋がはっきり明示されていないと思っております。教員の長時間労働は何が原因と考え、実効ある解決策はどうか伺います。 ○議長土屋陽一君) 小林教育長。          〔教育長 小林 一雄君登壇〕 ◎教育長小林一雄君) 教員多忙化とそれに対しての実効ある解決策についてのお尋ねでございます。 

塩尻市議会 2017-09-06 09月06日-02号

これの制度要件につきましては、原則人口5万人以下ということでございまして、意欲と能力のある国家公務員等市町村長補佐役として派遣する、地域に応じた処方箋づくりを支援しているということで、人口規模要件がございますので、県内では駒ヶ根市、川上村、飯綱町等がこれまで派遣を受けているようでございます。 

岡谷市議会 2017-06-14 06月14日-03号

こうしたもろもろのその経営課題への処方箋的意義がSUWAブランド創造事業に取り組むメリットであるというふうに考えてございます。 すなわち、本事業では若手技術者の方が航空宇宙分野への研究開発という夢を描きながら、企業の枠を超えて連携し、小型ロケットの製作や打ち上げを通じまして、非常に貴重な経験を積む機会を創出しております。