5120件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下諏訪町議会 2021-06-22 令和 3年 6月定例会−06月22日-05号

国としては、いずれデータの一元化まで考えていると思うが、まずは自治体が持っているデータ中間サーバーに取り込んで共有できるようにする。町実施健康診断がん検診情報などを標準化し、マイナンバーカードとひもづけてシステムに取り込むことで保健指導する者や本人も閲覧可能となり、将来にわたる健康づくりを進める一環としてのシステム改修であるとの答弁がありました。

長野市議会 2021-06-18 06月18日-04号

次に、幼保小連携につきましては、本市では市内の幼稚園、保育所及び認定こども園市立小学校長野幼保小連携会議を定期的に開催し、互いの授業を参観する中で、子供の育ちを共有しております。 また、園では生活面精神面などの自立に向けたカリキュラム小学校では園での遊びや生活を踏まえて教科の枠や時間割などに弾力的に設定した学習カリキュラムを作成し、両者でこのカリキュラム共有しているところです。 

大町市議会 2021-06-17 06月17日-04号

こちらは、まさにしんを捉えた施策だと思いますので、ワクチンを無駄にしないための大町市の考え方、施策について含め、改めて答弁していただき、共有していただきたいと思います。 ○議長(二條孝夫君) 民生部長。 ◎民生部長曽根原耕平君) お答えいたします。 まず最初に、先ほどの答弁の中で、高齢者の申込み数が既に80%を超えると申し上げましたが、90%の誤りでありますので、訂正させていただきます。 

大町市議会 2021-06-15 06月15日-02号

また、市民周知への取組共有意識の醸成への取組はどのようにしていくのでしょうか。 先ほど、パブリックコメントも含めてというお話がございましたが、この辺を大変私も重要視しておりますので、御答弁をお願いいたします。 ○議長(二條孝夫君) 答弁を求めます。教育次長。 ◎教育次長竹内紀雄君) 再編計画のスケジュールと市民皆様への周知についてお答えいたします。 

千曲市議会 2021-06-14 06月14日-02号

なお、市内にある各種支援団体ボランティア団体子ども食堂を含む)に働きかけをし、情報共有のためのネットワークができるとより効果的であります。 以上、災害備蓄品の提供、緊急時持ち出し品の用意及びマッチングとネットワークによる効果的な支援について、所見をお尋ねをいたします。 ○議長和田英幸君) 答弁を求めます。 北澤総務部長。          

小諸市議会 2021-06-11 06月11日-03号

◎市長(小泉俊博君)  先ほどご指摘があったように、まだ自治体レベルでも、そういうヤングケアラーという概念をまだ捉えていない実態があるという中では、いろいろな方々の協力、掘り起こしのためには、やはり認識を共有していくということが大変重要かと思いますので、まずはそこからスタートしていくということも必要かなと思います。 

小諸市議会 2021-06-10 06月10日-02号

小諸市の自治に関する最高規範である自治基本条例基本原則によりますと、市議会責務に関しては、積極的な参加協働執行機関情報共有、市民を代表する意思決定機関として市政を監視及び評価し、市民に積極的に情報公開云々と記載され、その議会の一員である議員責務として、市議会責務を自覚し、その職務を遂行しなければならないとあります。つまり、議員一人ひとり議会責務遂行者であると言えます。 

千曲市議会 2021-06-07 06月07日-01号

今後、農家の皆様ながの農協など関係機関とも連携し、情報共有しながら対応してまいりたいと考えております。 最後に、水道事業広域連携についてでございます。 水道事業につきましては、改正水道法を踏まえ、持続可能な水道経営の確立に向けた基盤強化を図るための有効な手段の一つである広域連携について、長野県及び関係市町研究検討を進めているところであります。 

下諏訪町議会 2021-05-14 令和 3年 5月臨時会−05月14日-01号

開かれた議会とは、町民皆様との情報共有住民参加、すなわち町民皆様からの意見聴取であり、しっかり取り組んでまいります。また、議会機能強化の観点からは、現在御検討いただいておりますICT化につきまして確実に形にしてまいりたいと思います。  コロナを乗り越え、その先のアフターコロナにおいて、いち早い産業経済の復興、回復が望まれます。

上田市議会 2021-03-31 03月22日-趣旨説明、議案質疑、議案付託、委員長報告、質疑、討論、採決-05号

これに対し、例年であれば2か月に1度の運営推進会議等において関係者との情報共有が図れたが、コロナ禍においては書面による協議事業所からの問合せに対し個々に対応している。 次に、利用者人権擁護虐待防止について、第三者評価の義務づけはどうか。 

下諏訪町議会 2021-03-22 令和 3年 3月定例会−03月22日-05号

児童・生徒の出席、成績簿等作成管理が行え、転出入も同じシステムであれば各自治体間でデータ共有ができ、教師の負担軽減につながるとのことです。  こども未来基金を活用した給付型奨学金については、当初予算で27名を計上しています。  学校管理費では、小中両校事務員図書館司書業務員の公社への委託から会計年度任用職員に移行することにより、315万1,000円の経費削減になります。