792件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下諏訪町議会 2019-09-19 令和 元年 9月定例会−09月19日-05号

副食費については各自治体の判断と国はしていましたが、町独自の施策として第3子以降の副食費は免除とし、負担がふえる世帯を生じないことと決定されました。  財源については、今年度に限り地方特例交付金で対応され、来年度以降は消費税増税を財源とし、町の負担は生じない制度であると認識しております。これにより町の重点施策である子供を産み育てやすいまちづくりが、より一層推進されると期待し、賛成といたします。

松川村議会 2019-09-09 令和 元年第 3回定例会−09月09日-01号

認定こども園では、これまで村独自に実施してきた大幅な保育料減額・減免に加え、無償化の対象外とされている食材料費につきましても、3歳から5歳クラス利用の子供たちの副食費を免除する新たな子育て支援策等を実施いたします。これにつきましては皆様のほうへ御報告をさせていただいて、御理解いただいたというように思っておるところでございます。  次は友好都市中学生派遣事業についてであります。

下諏訪町議会 2019-09-04 令和 元年 9月定例会−09月04日-03号

また、岡谷市の記事に対してでございますが、現在、町独自の多子世帯の負担軽減策によりまして、第3子としての保育料が免除されている家庭につきましては、引き続き制度を踏襲し保育料と合わせ副食費も免除とさせていただきたいと考えております。  次に、現在徴収しているパン代との関係の御質問でございますが、現在3歳以上の御家庭には御飯やパン主食費は既に自己負担いただいております。

下諏訪町議会 2019-09-03 令和 元年 9月定例会−09月03日-02号

次の御質問のその他の部分でございますが、まずその他の項目の内容についてでございますが、この内容につきましては、農産物の即売会等のイベントに伴う使用料、また長期駐車のうち1カ月に満たない日割り分、また年末年始、諏訪湖花火大会の際の特別営業分に加え、駐車料金を免除している町の関連事業への参加者等への駐車、町の社会福祉議会職員訪問介護等を利用する家庭を訪問する際の駐車が、その他に含まれる内容でございます

諏訪市議会 2019-06-18 令和 元年第 3回定例会−06月18日-04号

ただし、生活保護世帯やひとり親世帯のうち、低所得者の階層につきましては服飾費の免除を継続するとともに、食材医療費免除の対象は年収360万円未満の世帯まで拡充をされます。3歳未満児につきましては、無償化が住民税非課税世帯に限定されますことから、現行の取り扱いを継続することとなります。  質問の四つ目でございます。

下諏訪町議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-04号

こちらの団体につきましては、町の公民館条例及び勤労青少年ホーム条例の規定によりまして、施設使用料金の半額もしくは全額を減額免除しているところでございます。また、公民館等で開催をした講座から、自主グループとして4団体が発足し、発足から1年間に限り無料で利用をいただいているところでもございます。

松川村議会 2019-06-11 令和 元年第 2回定例会−06月11日-01号

下から3行目から次ページにかけまして、81条の9はNPO法人への軽自動車環境性能割の課税免除を規定したものです。  5ページ目から6ページ目にかけまして、附則第15条の2は軽自動車税の環境性能割を非課税とする1年の臨時的軽減の規定を新設したものです。  附則15条の2の2は、附則第15条の2を新設したことによる条ずれ、環境性能割の賦課徴収の特例を整備するものです。  

原村議会 2019-06-04 令和 元年第 2回定例会−06月04日-03号

高等学校授業料は、制度改正により平成26年度から免除や軽減措置がされております。公立高校であれば、村県民税所得割の額が50万7,000円未満であれば就学支援金により授業料の支払いはありません。私立高校においても村県民税所得割の額により差がありますが、25万7,500円未満であれば授業料年額17万8,200円が就学支援金と県の補助金で支援されております。

松川村議会 2019-03-18 平成31年第 1回定例会−03月18日-03号

また、そして国民年金、4月から出産前後の保険料の免除と、こんなような制度を国が打ち出しております。詳細はテレビ新聞等で報道されているとおりでございますが。  2020年度、平成32年度、7次総合計画に向けて、策定スケジュールも進んでいることと思います。今後、前期・後期、10年間の大きな村の指針となる計画ですので、村の6次総合計画をもとに提案を含めて質問してまいります。

諏訪市議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会−03月14日-06号

質疑では、減免に関してどのようにするのかの問いに対し、利用料金をお支払いいただいて御利用していただくのが基本で、市長が特に認めた場合や諏訪市が主催する催し物については全額免除を考えているとの答弁。飲食に関しては、フリースペースとイベントスペース以外は基本的にはだめなのかの問いに対し、ほかの場所でも条件つきで可とする場所もあるとの答弁。

諏訪市議会 2019-02-19 平成31年第 1回定例会−02月19日-01号

なお、奨学生の市内定住を支援するため、償還金免除制度を引き続き実施いたします。  議案第5号は公設地方卸売市場事業特別会計予算で、予算額は4,906万1,000円、前年度に比べ188万7,000円の減であります。総務管理費に通年の管理経費のほか、市民ふれあい市場まつり開催に要する経費、施設管理費には青果棟の施設改修費などを計上しました。  

安曇野市議会 2018-12-13 平成30年 12月 定例会-12月13日−05号

しかし、現在安曇野市内にこの無料低額診療を行う医療機関はないことから、安曇野市として国民健康保険法第44条の一部負担金免除制度の運用を検討する必要があると考えます。  気がつかないうちに貧困はすぐそこにある、そんな時代になってしまった現在、無料低額診療や、国保法第44条の一部負担金免除制度を必要とする人にすぐ届くようにしておくことが大切です。  国保は社会保障です。

下諏訪町議会 2018-12-12 平成30年12月定例会−12月12日-03号

過日、県内自治体にて18歳以下の被保険者が3人以上いる世帯を対象に、3番目以降の子供の均等割額を免除するとの方針が出されましたが、国の見解により撤回された事案がございました。税の減免は一部の納税者に対して税を軽減または免除するという、あくまで例外的な措置であり、課税の公平性を犠牲にする側面もあるだけに慎重な取り扱いが求められるところであります。  

安曇野市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−02号

これらの企業に対しましては、3年間償却資産にかかわる固定資産税免除され、生産性向上を後押しする施策でございます。  市が定めました基本計画では、計画期間終了の平成33年6月末までに51件の承認を計画しており、現在も2件の承認申請が上げられております。計画が実現されますと、新たな雇用環境の拡大、あるいは活発な企業活動によりまして、経済の拡張が図られるものと期待しているところでございます。  

長野市議会 2018-12-05 平成30年 12月 定例会-12月05日−02号

所得保険料率を掛ける所得割と、世帯員の数に応じて均等割、各世帯に係る平等割を合算して算定、つまり、子供の数が増えるごとに国民健康保険料は引き上がる、まるで人頭税、子育て支援に逆行という批判の声が上がり、全国知事会は2015年、子育て支援の観点からの子供に係る保険料、均等割の軽減を国に要請、東京都議会も国への意見書を2017年に提出、埼玉県ふじみ野市では今年度4月から第3子以降の子供の均等割を全額免除

諏訪市議会 2018-12-04 平成30年第 5回定例会−12月04日-04号

○金子喜彦 議長  企画部長 ◎木島清彦 企画部長  議員御指摘のとおり、分団長以上の階級経験者の方々につきましては、この資格取得に当たりまして免除されているという要件がもうございますので、比較的容易に取得をされるということで、ほかの市町村でも、そういった方々を中心に声をかけて広めているとも聞いております。  

長野市議会 2018-11-29 平成30年 12月 定例会-11月29日−01号

民生関係では、障害者、障害児の給付対象者の増加に伴い、障害者介護給付費・訓練等給付費6,822万3,000円、障害児介護給付費・訓練等給付費1億3,080万8,000円、重度心身障害児福祉年金741万9,000円、国民年金保険免除制度に対応する国民年金システム改修費用に138万3,000円、国の基本単価確定等に伴う幼稚園認定こども園施設型給付金4,482万9,000円、子どもプラザ専用室への空調設備整備経費

松川村議会 2018-09-20 平成30年第 3回定例会−09月20日-04号

◆4番(大和田耕一君) このことに対しても村長はもうお考えがあるようですので、私からのちょっと提案という形をしたいと思うんですが、工業団地というのは、今までのように用地を整備して、それからいろいろな優遇税制や免除措置で押しても、企業というのはなびかない、これはもう松川村も工業団地をあそこにつくって、さまざまな苦労をされてきたんでおわかりだと思います。