6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

松川村議会 2015-06-11 平成27年第 2回定例会−06月11日-02号

今年ちょっとお話によりますと、10月ごろ経済界の人も相当の人数が松川村へおいでをいただけるというような話を聞いておりますので、今回も6月17日からの先発の中に1人、ロータリーの皆さんが行っていただけるということでありますので、そういう中で話をさせていただきたいというように思います。私のほうもできるだけ経済界皆さんと話をさせていただいて、早く手をつけていきたいというように思っております。

飯田市議会 2011-09-08 09月08日-02号

バイオマス利用というのは、先発じゃなくて後発隊の方がいいのかなと。つまり、慎重に見きわめて、いろんなケースの部分をしっかり再調査して導入しないと大変なことになるなと、こういうことです。 したがって、そんなことを調査した報告を申し上げながら、導入の可能性はあるのか、お聞きをいたしたいと思います。 ○議長(上澤義一君) 澤柳水道環境部長

岡谷市議会 2004-12-14 12月14日-03号

非常に大切ではありますが、疎通度という面からしては限界があるということを感じておりまして、行政チャンネル研究もしていかなければいけない、1月から茅野がスタートするということでありまして、十分先発の状況をチェックさせていただいて、この研究をしていきたいとかように考えております。 

小諸市議会 2004-09-08 09月08日-02号

これも、公明党の議員、私ども3人の先発として、私が、8月3日の日でございますけれども、新潟県の三条市でボランティア活動に参加させていただきました。自分が現地に行かせていただいて、被害を受けられた方々の特に年配者の方が、このようにおっしゃったんです。あのとき、あのときというのはその災害時ですけれども、災害時に私は死んでしまえばよかったと、このように年配者の方が一言おっしゃいました。

諏訪市議会 2001-09-11 平成13年第 6回定例会−09月11日-04号

したがって、タイムリミットがあるわけですから、当然ある時点で決断をしていかなくてはなりませんけれども、ぎりぎりのところまでは、ともにあくまで歩調を合わせていくことを目指すと、そして、タイムリミットに間に合わなければ、これはいたし方ないわけで、先発が先に行って待っており、合流をしていくということにならざるを得ないのではないか、現実の話であろうかというふうに思います。

長野市議会 1997-09-01 09月16日-03号

名古屋の消防局先発はヘリコプター二機で救助資材とともに二時四十五分ごろ松本空港へ到着したとありますし、東京消防庁隊も深夜に着いたとあります。県内消防隊はおおむね何時ごろ到着したものか、お分かりになったらお聞かせください。 また、市内で災害が発生した場合は、どの程度の応援があるのか、併せて市の消防署職員配置基準についてもお尋ねいたします。 次に、高齢者対応について。 

  • 1