1016件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上田市議会 2023-11-02 12月03日-一般質問-03号

年度以降につきましては、見直し後の修繕計画に基づき、優先の高い橋梁を中心に計画的、効率的な修繕に努めてまいりたいと考えております。 以上でございます。 ○議長小林隆利君) 小坂井議員。          〔18番 小坂井 二郎君登壇〕 ◆18番(小坂井二郎君) 流失した木橋については、新しい工法でかけ直されるということで、地域住民も喜ばれるのではないかと思っております。 

塩尻市議会 2023-06-14 06月14日-03号

児童がどの保育園に入れるかを調整する作業につきましては、AIでの検証を実施いたしましたが、取り込むデータにつきましては、個人を特定するコード、年齢、兄弟が同時申請している場合は兄弟を結ぶ任意の番号、優先を決める指数、入園を希望する保育園名、各保育園クラスごとの定員などの情報が必要になりまして、その情報に基づき、AI優先順位の高い児童から希望する保育園に決定していくこととなります。 

上田市議会 2022-03-29 09月11日-一般質問、趣旨説明、議案質疑、議案付託-04号

市の管路更新計画につきましては、独自更新基準を超えた管路の中から、布設年度管路修繕状況埋設地盤の土質、管財種類を踏まえた上で、長年培った経験をもとに更新の有無や優先も含め策定しております。 次に、マニュアルでは引き継ぐことのできない感性や勘についてのご質問であります。

上田市議会 2021-09-02 09月09日-委員長報告、質疑、討論、採決、一般質問-02号

個別施設評価手法としては、公共施設利用者1人当たりのコストや施設劣化度、防災上の重要度等により施設優先を設定している例もあります。また、公共施設ごとのバランスシートを整理して、資産を現在の価値に置きかえることにより、その公共施設債務超過の度合いがどれだけあるのかというのを見える化することもできます。公共施設全体の中での優先順位づけは所管課単独ではなかなかできるものではありません。 

上田市議会 2020-12-31 10月02日-趣旨説明、議案質疑、委員長報告、質疑、討論、採決-05号

次に、財政部関係質疑において、樹木整枝等委託料は、カネボウ跡地の旧食堂棟周辺ヒマラヤスギにアオサギが営巣していることから、通行者への被害未然防止のために伐採するもので、老木のため、台風等による被害も考慮し、優先の高いヒマラヤスギから伐採するとのことだが、ヒマラヤスギは何本あり、今年度はそのうちの何本を伐採するのか。 

塩尻市議会 2020-12-10 12月10日-05号

今後でございますが、保育園入園優先を決めます指数づけにつきましても、電子データ情報に基づいて自動化が可能となったということでございまして、保護者への入園決定通知の発送時期について、昨年度は2月1日だったわけでございますが、これをできる限り前倒してやっていきたいというふうに考えております。 以上です。

軽井沢町議会 2020-08-31 08月31日-02号

予算編成に当たりましては、このように町税等一般財源が減少する中におきまして、少子高齢化社会の進行により増加傾向にある社会保障費の対応など厳しい状況を踏まえ、限られた財源を有効に活用するため、国庫・県支出金等のさらなる活用だけではなく、今まで公債負担の抑制のため借入れを控えてまいりました起債につきましても検討した上、必要性優先を精査し、必要な予算を絞り込むことで歳出削減にも努めてまいります。 

松川村議会 2020-03-19 令和 2年第 1回定例会−03月19日-02号

経済課長丸山稿君) 令和年度より追加されたということで、農業水利施設安全対策を緊急的に推進するため、農業水利施設危険箇所の把握や優先に応じた安全施設整備を支援するというものが追加されたという内容になっておりまして、それは何かという部分でございますけれども、ちょっと話をさせていただきたいと思います。  

伊那市議会 2020-03-06 03月06日-04号

これにつきましては、学校の要望等を聞く中で、修繕全体の中で優先の高いものから随時改修を行っているというところであります。 ○議長黒河内浩君) 柳川議員。 ◆20番(柳川広美君) 飯田市では、監査委員が指摘した危険な遊具が使われていたということで報道されていましたが、遊具点検使用禁止という結果が出ていますが、使用している遊具があるのでしょうか。 ○議長黒河内浩君) 白鳥市長

下諏訪町議会 2020-03-04 令和 2年 3月定例会−03月04日-04号

さらに、歳入一般財源の確保がどの程度できるのかも重要な要素となりますので、事業優先を見きわめ、場合によっては要求された事業次年度以降へローリングするといった工夫もしながら、当初予算予算総額を決定しているという状況でございます。以上です。 ○議長 森 安夫議員。 ◆森議員 次に、新年度予算歳入の根拠につきましては、一昨日の議案質疑の中でなされましたので、割愛させていただきます。  

長野市議会 2020-03-04 03月04日-02号

令和年度まちづくりアンケートの速報によると、住み良い長野市をつくるため、特に力を入れるべきだと思う施策、いわゆる行政施策優先アンケートでは、バスや鉄道など利用しやすい公共交通の構築が34.4パーセントでトップになりました。 私は、この間、地域公共交通網形成計画に基づき、利便性の高い公共交通網整備公共交通への利用転換などの施策早期具体化を求めてまいりました。