2858件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

塩尻市議会 2020-12-18 12月18日-06号

これは当初予定規模を縮小したということかとの質問に対し、本来交付金で施工するのが最良であるが、内示額減少でやむなく借金である起債に振りかえるため、部分的な補修にするなど修繕箇所を精査した結果であるとの答弁がありました。 委員より、同じく土木費空き家対策費について、空き家バンク登録状況はどうかとの質問に対し、昨年度末までに76件が登録され、59件が成約となっている。

箕輪町議会 2020-12-14 12月14日-04号

10番 中澤千夏志議員 ◆10番(中澤議員) 数字の中身だけではあまりよくわからないのでもう1回教えていただきたいんですけど、要は国、県の交付金6,400万円を削り、地方債借金を5億円増やして、支出はどこに持っていこうとしているのかよく用途がわからないですけど。東部診療所はどうするおつもりでこれ提案されているのか教えてください。

箕輪町議会 2020-12-08 12月08日-03号

そうしますとやっぱり起債をうたざるを得ない、いわば借金をせざるを得ないということでありまして、その起債を打つということを理解をしていただく材料としてはやはり町の予算の状況、決算の状況がどのようになってるかということをお示しをせざるを得ないし、して、理解をいただくことがまず必要だというふうに思っておりまして、この時代にあってはもちろん歳出の抑制をしてまいりますけれども、やはり必要なものは必要と。

塩尻市議会 2020-12-05 12月05日-02号

相談内容で最も多いのは収入減少生活費に関することでございますけれども、複合的な課題といたしまして、リストラや雇用契約期間の終了による失業、傷病等により就労継続に不安があるなどの就労に関すること、それから、借金問題や家賃の滞納により住居を失う可能性があることなど住まいに関することの相談も多く寄せられている状況でございます。 

大町市議会 2020-09-18 09月18日-06号

さらに、一部交付税措置はあることは承知していますが、将来にわたり毎年9億円を超える繰出金を出し続けるなど一般会計繰出金に頼った経営と借金先送り体制で持続が可能となるのでしょうか。 3、病棟を建て替えるとの判断をするならば、財源はどのようにするのでしょうか。今の病院には資金も資産もあるとは思えません。

塩尻市議会 2020-09-10 09月10日-02号

お店を立ち上げたり、いろいろな事業を立ち上げるということは、本当に資金も含め、そして事業計画だとか借金計画、こういったものを含め非常に大変な部分であります。 これがこのスナバを通じて、皆さん知恵を持ち合うものは知恵を持ち合う、お金を出し合うものは出し合う、いろんなそういう仕掛けをここで中つなぎをして、それで新しい事業が生まれ、そこで食える人が出てくると。

千曲市議会 2020-09-09 09月09日-04号

借金がかさみ、返済不能になる家庭がいないか心配です。 学校においては、通常、年度はじめに調査する就学援助の申請を、年度途中にも実施するなどして探し出しています。このように、本当に生活に困っている家庭を探し出し、必要な援助をしていただきますよう要望します。 ○議長和田英幸君) 答弁を求めます。 荒川健康福祉部長。          

箕輪町議会 2020-09-08 09月08日-03号

自分発電機をまた借金をしてですね、入れましてですね、あと7年間、今年からまた払っていかなければならんわけですけども、北海道の場合は今現在で約73%の酪農家皆さんたち発電機を入れたということで、要はその発電機っていうことよりも要するによその電気に頼ってるってことがいかに自分たちにとってですね、まずいか。

大町市議会 2020-09-01 09月01日-03号

やはりここの部分借金ちょっと借金の話をしますね。 地方債残高について質問したいと思うんですけれども、今回、一般会計では地方債残高は152億5,800万円ということで、これは単純に大町市の人口で割ると、2万7,000人で割ると、1人当たり565万円と。これは私の計算で、数字がちょっと違っているかもしれません。単純に割ると、565万円になると。

須坂市議会 2020-08-31 08月31日-02号

これらの対応措置としては、最悪の場合ですが、借金である起債を増やすとか、または大型事業の見直しなども考えられますが、こうした状況下市財政健全性を保つことができるのかどうか、御所見をお聞かせください。 ○議長中島義浩)  上原総務部長。 ◎総務部長上原祥弘)  現在の市の財政状況につきましてはお答えしたとおりでございますけれども、厳しい状況でございます。

岡谷市議会 2020-08-27 09月03日-01号

地方交付税の代わりといっても、これは借金借金で、有利な起債とはいっても返していかなければいけない。臨時財政対策債平成13年よりということなんですが、年数から見れば臨時ではなくなっているような感じの性質のものだと思います。今後、部長さんも言っておりましたが、これに頼るのではなくて、交付税の中でというようなことをぜひ努力していただければと思います。 

須坂市議会 2020-06-26 06月26日-05号

◆20番(佐藤壽三郎)  できるものとできないものがあるとの報告ですけれども、できれば、小口資金、これ貸付になれば、逆な言い方をすれば、借金だけ増えるということですので、その辺もまた難しいと思うんですけれども、そのくせ、少したって払えない場合は、それを猶予するというような、おかしな部分もあるかと思うんですけれども、小口資金は1回限りということ、これちょっと厳しいなという気を持ちます。 

塩尻市議会 2020-06-17 06月17日-04号

そして、何に充当されているかということに対しましては、過去に行った下水道整備企業債借金返済などに充当されているという御答弁でありました。上水道、下水道使用料、それぞれが充当されている金額は年間どのくらいになるのかお聞きします。また、上下水道それぞれの使用料収入に対し何割ぐらいに当たるのか。その2点についてお聞きします。

茅野市議会 2020-06-16 06月16日-04号

国は大きな借金ができる方法を持っていましたが、地方にはありません。よって地方は国に頼らざるを得ない。今回のような経済的てこ入れを見ますと、地方自治が憲法で保障され、これによる法律として制定される地方自治法によって、団体自治住民自治が確保されるとは言いがたい実態が分かったということではなかったかと思うことであります。 

箕輪町議会 2020-06-15 06月15日-04号

保険料公平化っていうのは大いに賛同できるわけですけれども、やはりこの国費の国庫負担の増額というところがやっぱり引っかかりまして、これ消費税税率アップ借金後世の負担先送りでしかやはり補うことはできないのではないかと考えております。そういった意味ではやはりこの陳情に関しては採択すべきという今回の動議に関しては反対いたします。 ○中澤議長 他に討論ございますか。

下諏訪町議会 2020-06-10 令和 2年 6月定例会−06月10日-04号

しかし、公債費比率は15%以上という借金返済で、もういっぱいいっぱいの状態ということになります。  借金返済することでプライマリーバランスは黒字なのに、財政調整基金の取崩しを約2億円しておりまして、単年度収支はもちろん赤字でありました。財政調整基金の取崩しは平成21年まで続いております。このとき残高がもう私の記憶では3億7,000万円くらいになっちゃったんだと思っております。