10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

下諏訪町議会 2020-03-03 令和 2年 3月定例会−03月03日-03号

しかし、5年後の西日本豪雨の際、岡山県倉敷真備町の犠牲者の8割が名簿に登載されていた自力避難困難者であったそうです。  災害発生時、自治体職員民生委員の皆様、消防団自主防災組織で全ての要支援者を助けるのは難しいと思われます。私の住む区の1人の民生委員様の受け持つ自力避難困難者は、とても人数が多いそうであります。

下諏訪町議会 2013-09-03 平成25年 9月定例会-09月03日-目次

記 1 調査事項 (1)滞在型観光への取り組みについて (2)産業素材とした産業観光への取り組みについて (3)地域ブランド創出によるまちおこし及び空き店舗、空き工場の利活用について (4)先端農業としての植物工場の概要について 2 調査場所    岡山県倉敷 倉敷美観地区    岡山県倉敷 水島地区    岡山県倉敷 児島地区    滋賀県長浜市 日本アドバンストアグリ(株) 3 調査時期

諏訪市議会 2012-12-10 平成24年第 5回定例会−12月10日-03号

続いて次に、障害のある子供が自分の住む地域で、ボランティアのサポートと一緒に、地域企業保育所、あるいは福祉施設などで職業体験をする活動として、約10年前に、岡山県倉敷で始まった活動の「ぷれジョブ」がここ数年、急激に全国に広がっています。これは障害のある子供が、多くの地域社会とのつながりを持てないまま埋もれている。そんな子供にも存在感を与え、示す機会を考案したものです。  

下諏訪町議会 2006-03-02 平成18年 3月定例会−03月02日-目次

記 1 調査事項  (1)PFIによる資源循環型廃棄物処理施設について  (2)学校耐震改修について 2 調査場所     岡山県倉敷 3 調査時期  平成18年4月25日(火)から平成18年4月27日(木)まで                               平成18年3月20日 下諏訪町議会議長  瀧 澤 三喜雄 様                       下諏訪町議会経済建設常任委員会

上田市議会 1983-10-01 02月10日-一般質問-02号

次に、ぷれジョブについてでございますが、ぷれジョブ活動は平成15年に岡山県倉敷で始まった市民主体の活動で、障害の有無にかかわらず地域子供地域の中で育ち、みんなが助け合って生きることができる地域社会を目指す活動でございます。具体的には、ジョブサポーターと呼ばれる地域ボランティアと障害のある子供たちが一緒に、放課後を利用して地域企業などでの職場体験を通じて地域とのつながりを深めております。

上田市議会 1968-08-18 09月12日-趣旨説明、一般質問、議案質疑、議案付託-04号

総務省では、この2つのモデルにつきまして、昨年7月からことしの2月にかけまして、静岡県浜松市総務省方式改訂モデル、岡山県倉敷で新たに定めた基準モデルについての実証的検証を行ったほか、新地方会計制度実務研究会を設置しまして、それぞれ表示科目の選定や効率のよい作成の手法などの検討を行いまして、現在、検討結果をもとに、それぞれの方式についてマニュアル作成を進められているところでもあります。 

上田市議会 1945-07-07 09月13日-一般質問、議案質疑、議案付託-04号

その折は、東京国立近代美術館倉敷の大原美術館、鼎の生誕地でございます岡崎市美術館等、全国31カ所の美術館及び個人所蔵者から300点余りの山本鼎及びその関連資料を借用いたしました。また、美術館所蔵品も主要な172点を展示紹介しておりまして、近年では全国的に見ても最も網羅的な学術的回顧展を開催したところでございます。 

  • 1