6538件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

塩尻市議会 2023-06-14 06月14日-03号

また同じく28日には川崎市において、男が小学生を包丁で襲い、保護を含む19名が刺され、小学6年生と保護の2名が死亡、17名が重軽傷という大変凄惨な事件が発生をいたしました。何とも申し上げようのない事故、事件であり、深い憤りを覚えるところであります。亡くなられた皆様の御冥福を心からお祈りしますとともに、負傷されました皆様には心身ともに一日も早い御回復をお祈りを申し上げるところであります。 

塩尻市議会 2022-12-06 12月06日-03号

学歴はそういう教育の中で全員がより高い学歴を目指す方向に向けられ、既に必ずしも学歴が通用しない社会になったのではないかと感じつつも、生徒本人も先生も保護も、そのほとんどが相変わらず高学歴を目指してしまう。ほぼ100%の生徒が高校に、そして50%近くが短大か大学などに進学をしているのが現状ではないでしょうか。 

箕輪町議会 2022-09-09 09月09日-02号

そういったお子さんの受益分をすべて税で見るのがいいのか、やはりその部分はある程度保護皆さんが見るべきなのかという考え方をどういうふうに考えるかだというふうに思います。私は以前から申し上げているとおり国策ですから今回のものについてはそうやってまいりますけれども、基本的にはある程度保護皆さんから必要なものはいただくべきだというふうに思っております。

塩尻市議会 2021-09-27 09月27日-05号

2014年度より就学支援金制度改正され、家庭の教育費負担は軽減されておりますが、支援金授業料負担軽減になるために、保護の多くは公立と私学の学費の差は大きいと実感しているところであります。 塩尻市では市政の柱の一つとして教育に力を入れ、他市町村に先駆け、2014年度より経常費補助金の増額を図っております。

塩尻市議会 2021-09-12 09月12日-04号

ホームページに記載されている点検箇所対応方針を見ますと、大体各校一、二カ所であり、日常の相談保護との雑談などで聞かれる危険箇所の数と比較しますと大変少ないように感じます。 まず、通学路安全対策は平成24年以前からも行われていましたが、なぜ合同で実施するようになったのか。経過、理由をお聞かせください。危険箇所の抽出について、把握の仕方からどのようにされているのか。

箕輪町議会 2021-06-14 06月14日-03号

今回の法改正におけます無償化対象範囲につきましての基本的な考え方でありますが、保護市町村に支払う保育料につきましては無償とするものの保護施設に実のコストとしてそれに応じて支払う日用品でありますとか行事の参加の費用、また食事の提供の費用、通園の送迎にかかる費用などについては実費徴収として無償化対象にならないというふうにされております。給食費についてお尋ねをいただきました。

塩尻市議会 2020-12-18 12月18日-06号

また委員より、中学生がトレーニングルーム利用した場合、保護同伴が必要としているが、同伴者も有料になるのかとの質問に、施設利用者に対しての料金となるので、基本的に無料であるとの答弁がありました。 また委員より、総合体育館内で使用できない競技は何かとの質問に、硬式テニスは使用できないとの答弁がありました。 

箕輪町議会 2020-12-16 12月16日-04号

12月20日と23日には木下北南保育園保護会の皆さん説明会を行う。その他、造成工事が始まる前に地域の方には工事説明を行い、本体工事も始まる前には工事説明会を開く予定ですとの答弁でありました。また、近接住民の方は今回の説明会には見えなかったと思います。地元常会から今回の説明会は行わないとの意向があり、地元常会説明会は行っていないとの答弁がありました。

塩尻市議会 2020-12-09 12月09日-04号

また必要に応じて生徒指導にかかわる対応保護等への連絡なども行っておるところでございます。 次に、導入後見えてきた課題といたしましては、部活動の顧問として活動できる人材の確保や、部活動指導員制度自体周知が重要であると考えますので、引き続き部活動指導員制度を含め部活動のあり方が大きく変化してきていることを保護、地域周知してまいりたいと考えております。 

箕輪町議会 2020-12-09 12月09日-02号

まず知識、理解面では各学校とも専門の外部講師を招いて児童生徒保護対象にしたセーフティネット講習会を行いSNS、ネットゲームでの被害事例をもとにネット危険性と正しい使い方について指導を継続的に行っています。保護の感想の中にはこんなに安易に危険な世界に繋がってしまうことに愕然としたと、子どもの様子をよく見たり、しっかり話し合っていきたいという声がございます。

塩尻市議会 2020-11-26 11月26日-01号

その結果、申込総数1,850件のうち、97%に当たる1,789件が電子申請となり、これまでの書類申請に比べいつでも申請でき、施設に出向く必要がないことなど、電子申請によるメリットが多くの保護に受け入れられたものと考えております。 これによりまして、保育現場においては申請書類添付書類を確認する必要がなくなるとともに、書類不備が減少し、業務期間の短縮や職員の負担軽減につながっております。