114件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上田市議会 2020-10-02 09月02日-趣旨説明、議案質疑、議案付託-01号

条例の内容でございますが、第1条は、上田市職員給与に関する条例の一部改正を行うもので、条例第26条に規定する期末手当支給対象としての特例、第27条の2第2号に規定する期末手当支給制限に関する特例、第29条に規定する勤勉手当支給対象としての特例、第35条第4項に規定する休職期末手当支給対象としての特例について、地方公務員法の失職の対象から成年後見人等が削除されましたことから、該当する部分

松本市議会 2020-02-26 02月26日-03号

チーフカウンセラーの活動報告書によると、精神的なストレスを抱える教職員は、新規採用職員と50代教員が圧倒的に多いとの報告もあり、松本市においても新規採用を含む若手職員休職が多いと聞いております。 そこで、この問題の最後の質問になりますが、一次予防の取組についてどのように考えるか、また、教職員業務が拡大する中、メンタルケアなどのサポートシステムの導入についての見解をお伺いしたいと思います。

千曲市議会 2019-12-09 12月09日-02号

教員の長時間労働は依然として深刻で、全国では過労による休職や痛ましい過労死が後を絶たない状況です。長野県でも教員志望の学生が減り始め、教員採用試験の倍率も2倍を割ったと、こういうふうに報道されています。 文科省による2016年の調査では、小学校教員の3割、中学校教員の6割が過労死ライン月の残業80時間、これを超えて働いています。超勤実態超勤縮減策について伺いたいと思います。 

岡谷市議会 2019-10-16 10月16日-02号

この条例の第17条から第17条の3までは期末手当について、第18条は勤勉手当について、第22条は休職給与についてそれぞれ規定しておりますが、地方公務員法の一部改正に伴い、成年後見人等職員欠格条項から削除されたことにより、成年後見人等に該当した場合に失職する旨の規定が不要となることから、それぞれの条文から当該規定を削除するなど、所要の改正を行うものであります。 

下諏訪町議会 2019-09-19 令和 元年 9月定例会−09月19日-05号

休職は3名のうち1名は鬱であります。  来年度から始まる会計年度任用職員制度は、株式会社ぎょうせいに委託し賃金から報酬への例規整備非常勤特別職例規調査などを行い、制度改正に向け対応しております。  平成30年度コミュニティ事業補助金は、菅野町、第5区自主防災会、第9区へ、公会所整備事業費は第4区、御田町、第5区へ補助をしております。  

松本市議会 2019-09-11 09月11日-04号

そこで、議員お尋ね代替職員の実配置人数及び欠員数でございますが、保育士を除く職員数について申し上げますと、同じく9月1日現在で育児休業者及び休職36名に対し、配置人数は32名、欠員が4名という状況でございます。 以上です。 ○議長村上幸雄) 横内議員。 ◆2番(横内裕治) 〔登壇〕 回答をいただきました。 

上田市議会 2019-04-01 03月05日-一般質問-03号

しかしながら、地方公務員法において職員団体業務専従する場合につきましては、任命権者の許可を受けることによって可能とされておりまして、これはその専ら従事する期間休職となりまして、いかなる給与も支給されずに、退職手当を算定する勤続期間からも除算をされるわけでありますけれども、現在市におきましては職員団体に1人の職員専従をしているという状況でございます。 

佐久市議会 2018-12-06 12月06日-02号

そして、長期療養休暇休職は、昨年度の集計では215人、その前年は245人、その前は265人、少し減ってきている状況がうかがえますけれども、このうちのメンタル、いわゆる精神的疾患長期療養に入っている方は、どの年も55から52、半数を少し上回っていると、こんな状況であるようであります。佐久市内の昨年の調査では、7人だという報告も聞いておりますけれども、どうなっているのかということであります。 

松本市議会 2018-09-12 09月12日-04号

本市では、定数条例の一部を改正をして、従来、休職の後補充には、職員定数の関係から多くの場合、非正規職員が充てられてまいりました。しかし、職員定数から除く職員にかかわる規定の追加によって、正規職員での補充が可能となったわけです。 また、今年度からは保育園に保育補助者が導入されるなど、一定改善が図られてきていることは評価いたします。 

佐久市議会 2017-12-08 12月08日-03号

平成29年12月1日現在、佐久市内の小・中学校勤務する教職員のうち、1か月以上の療養休暇者病気休職は7名おります。内訳としましては、精神疾患と思われる者が4名、その他の病気による者が3名でございます。 最後に、5点目の、平成28年11月30日付の長野教育委員会通知でございます。 学校業務改善につきましては、市教育委員会事務局職員が担当をしております。

安曇野市議会 2017-09-06 09月06日-05号

指摘のとおり専門職保健師につきましては、ほとんど女性ということでございますし、休職のうち11名は育児休業によるものということになっております。その年度によって休職数というのは若干変動もございます。やはり過去5年間では7名から10名というような状況で推移をしておりまして、28年度につきましては、若干人数が多い状況といったことでございました。