1083件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上田市議会 2020-10-24 12月04日-一般質問、趣旨説明、議案質疑、議案付託-04号

中小企業経営者にとっては、非常に励みになると考えますが、見解を伺います。 ○議長小林隆利君) 大矢商工観光部長。          〔商工観光部長 大矢 義博君登壇〕 ◎商工観光部長大矢義博君) 条例案内容について3点ご質問いただきました。 初めに、被災された企業の復旧や整備の項目についてでございます。

塩尻市議会 2020-09-10 09月10日-02号

さらにそのうち月1回、企業経営に役立つミニセミナーをメニューに加えて内容の充実を図っております。 以上でございます。 ◆12番(山口恵子君) 図書館といいましても、ビジネスの支援役割は非常に重要で大きいことだなというふうに感じております。そこで、えんぱーくとしての役割、えんぱーくの大目的であるコンセプトは、知恵の交流を通じた人づくりというのがございます。

長野市議会 2020-03-24 03月24日-07号

国民の所得が増え、中小企業も含む企業経営全体が改善されれば、税収も社会保険料収入も増えます。健全な経済成長への好循環をつくり出すこともできます。 以上のことから、請願第5号最低賃金改善中小企業支援の拡充を求める意見書の採択を求める請願への賛同を求め、私の反対討論といたします。 ○議長小泉栄正) 以上で討論を終結いたします。 採決に入ります。 採決を行います。 

飯田市議会 2020-03-19 03月19日-04号

まず1点目、中小企業経営安定支援事業費に関しましては、経営安定特別相談講習会の回数などの指標を設定したい。2点目、天龍峡まちづくり支援事業費に関しては、天龍峡の新たな施設目標値を設定したい。3点目、南信濃観光施設管理費に関しては、かぐらの湯の入湯客数などの目標値を設定したいとの答弁がありました。 

中野市議会 2020-03-10 03月10日-04号

そういうところから、公契約条例を制定するに当たっては、それぞれの業者がこの地域の中でどういう貢献をしながらしていくのか、そこに働いている人たち最低賃金も含めて、どういう関わりを持って企業経営をしていくのか、そのことを入札に当たって市が評価をしていくのかという、そして、お互いの、労働者生活改善地域に関わっていく、その方向づけがされる一つの大きな目安だというふうに思うんです。

伊那市議会 2020-03-06 03月06日-04号

リーマンショック以降、ハローワーク伊那管内における有効求人倍率、新規の求人数でありますが、1,000人を切って最も低い水準では624という雇用の悪化を招いたところでありますが、翌年の平成22年、2010年には約1年半ぶりに1,000人を回復するなど、このような対策を通じて、企業経営継続雇用の回復に一定の成果、効果があったものと考えております。 ○議長黒河内浩君) 原議員

岡谷市議会 2020-03-04 03月04日-05号

企業経営から申しますと、医業収支というのは営業収支なので、営業の売上げと経費で賄えないと黒字になりませんから、経営できないわけですが、病院事業では医業収支と、岡谷市民病院におきましては、医業収支黒字というのは非常に難しい、決算ベースで見ますと、おおむね企業収支は5億円の損失というような状況でございます。それらを医業外収益医業外費用の部分で賄って何とか黒字を確保しているという状況になります。 

小諸市議会 2020-03-04 03月04日-04号

これは、とりあえず令和3年からやるということで、第1期の計画ということであるのですが、このまま、地方創生のお金が終わればこのまま終わりかといったら、100周年に向かっていく間にも、幾つもというそんな大きくはあまり言えないのですけれども、企業経営者等が、やはり思い入れのある動物園であるという中で、できる限り協力をしたいというようなお話もあって、具体的に幾ら寄附をしていただけるというのではなくて、そういう

飯山市議会 2020-03-04 03月04日-02号

◆10番(上松永林)  次、中小企業庁ですけれども、中小企業経営者の高齢化の進展を踏まえて、円滑な事業承継促進を通じた中小企業事業活性化を図るための「事業承継ガイドライン」を策定をしました。 特に、事業承継に向けて、早期、計画的な取組が重要であることから、事業承継診断を実施することにしております。飯山商工会議所でも各事業所におうかがいして、ヒアリング調査の実施を行います。

千曲市議会 2020-03-04 03月04日-04号

災害などの有事の際であっても、持続的に発展する企業経営を支えるためにもBCP策定というのは有効なものでありますので、今後も各商工団体ですとか、全国の商工会議所、それからまた、中小企業庁損害保険会社などの関係機関と連携をしながら事業継続計画BCP)の策定づくりを引き続き支援してまいります。 ○議長荻原光太郎君) 続いて、大内総務部長。          

岡谷市議会 2020-03-03 03月03日-04号

これまで担当部署テクノプラザおかやの職員の皆様、様々な施策に取り組んできたにも関わらず、岡谷市の基幹産業としている製造業が衰退してきている状況になっているのが実態ではないかというふうに考えていますが、また、将来的にも、先ほど企業経営者の高齢化事業承継のアンケートでも2割程度が不要、要は廃業するというようなことを言っていると、今後ますます事業所数減少とそれに伴う製造業の衰退が進んでいくのではないかというふうに

岡谷市議会 2020-03-02 03月02日-03号

今年度につきましても、現在数社が認証取得に向け検討準備を行っている段階であり、こうした認証取得は、次世代産業分野への参入、新たな仕事を確保するための重要ツールであるため、引き続き、企業訪問による周知や情報収集中小企業経営技術相談所によるフォローアップなど、認証取得を検討している市内企業支援してまいりたいと考えております。 最後に、④のIoT支援事業です。 

須坂市議会 2020-02-28 02月28日-05号

このほか若手経営者層に対しては、須坂経営革新塾により、企業の視察や先進的企業経営者の考えを聞く場を設けるなど、経営者としての視点や資質を身につけていただきながら、経営者同士交流の場として活用いただいております。また、夏休みと春休みには、小中学生向けものづくり体験講座も開催し、市内企業の方などに講師をお願いし、次世代を担う子どもたちに、ものづくりに触れる機会の提供を行っております。 

大町市議会 2019-12-06 12月06日-04号

こちらのほうは、低年齢時から市内企業産業について学ぶことにより、一旦は市外に進学しても、やがて郷土に戻ろうとする若者を育成するとともに、学生や若者を対象とした地元企業経営者等講師とする職業人としての社会貢献や、経営、起業について学ぶ人材育成大学を創設するという項目がありました。こちらについてはいかがだったか教えてください。 ○議長中牧盛登君) 産業観光部長