98件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

諏訪市議会 2019-09-04 令和 元年第 4回定例会−09月04日-05号

相談体制を拡充して、いじめの克服や子供人間社会性の形成を重視し、行き過ぎた競争と管理の教育ではなくて、子供人間として大切にする学校づくりが大事だと思うところであります。  ひきこもりは40歳以上の方のほうが数多くいるわけでありますけれども、自力で解決できない問題を抱えた人たちがいても、長年放置されてきました。一旦社会のレールから外れてしまうと、なかなかもとのレールに戻ることができない。

下諏訪町議会 2019-09-04 令和 元年 9月定例会−09月04日-03号

3点目は心身ともに健康で豊かな人間社会性のある児童・生徒の育成を図ることです。  ここで教育目標の具現化に向けて大切にしたい点は、先ほどと少しダブるかもしれませんが、子供たちの側に立った支援のあり方を探り、個々に応じた支援を考え続けることで、子供たちに学びながら支援者としての自分たちを変えていく、自分たちを変えるということは力量を高めていく、そんなことをまず目指すこと。  

諏訪市議会 2019-06-18 令和 元年第 3回定例会−06月18日-04号

次代を担う子供たちへともに力を合わせてこの郷土を継承していくことが私たちの責任であると思いますので、女性の観点というだけでなく、やはり市議会という意思決定の場に全方位で、人間を、それぞれの個性を十分に発揮をされて活躍していただきたいと願っております。              〔「議長12番」の発言あり〕 ○伊藤浩平 議長  森山博美議員 ◆12番(森山博美議員) ありがとうございます。

諏訪市議会 2019-02-27 平成31年第 1回定例会−02月27日-04号

幸いにして諏訪市には天与の恵に加えまして、先人たちが築いてくれましたすばらしい素材、これは物質的なもの以外に精神性であったり、人間であったり、文化であったり、たくさんございますから、それを十分にまだまだ磨き切れていない部分がありますから、そうしたものをみんなと一緒に磨いていくこと、これが大切と思っております。              

諏訪市議会 2018-06-12 平成30年第 2回定例会−06月12日-04号

2005年に食育基本法成立し、子供たちの豊かな人間を育み、生きる力を身につけるためには、何よりも食が重要だとされていました。文科省指導の手引きにも、生きた教材としてさらに活用されるよう、取り組むようとあります。  さて、一つ目の質問ですが、この義務教育の無償化の原則に従い、学校給食を生きた教材としてその推進に取り組む上で、給食費の無償化についてどう考えるかを質問します。  

諏訪市議会 2018-02-21 平成30年第 1回定例会−02月21日-01号

子供の豊かな人間を培い、心身の健やかな成長を促す教育を進め、社会の一員として自立した個人を育むとともに、市民一人一人が地域文化や芸術に親しみ、生涯にわたって自発的に学び続けられる地域社会を推進するため、これまでの取り組みを整理し、実情に応じた教育振興のための施策に関する基本的な計画として、現在、策定を進めている教育振興基本計画に基づき、新年度から具体的な事業を進めてまいります。  

諏訪市議会 2017-06-14 平成29年第 3回定例会-06月14日-05号

これは当然数値ではなくて記述、しかしそういうことですから、先生方の人間も問われることになるかなと思っています。価値観を教え込むんではなくて、自分で考えて行動できる、それを狙いとしていると考えています。               〔「議長5番」の発言あり〕 ○金子喜彦 議長  宮下和昭議員 ◆5番(宮下和昭議員) ありがとうございます。

諏訪市議会 2015-12-07 平成27年第 6回定例会-12月07日-03号

市の中で仕事をしておりますと自分の職責を中心とした仕事になり、やはりそこに集中いたしますので、とかく高い視点、広い視野というところがそういうチャンスがなかなかめぐらないときも可能性としてありますので、そうした派遣あるいはさまざまありますスキルアップの研修等々もあるわけですけれども、可能な限りそうしたものにも積極的に取り組んでいただき、それぞれのスキルアップあるいは識見、あるいは人間も含めて向上していただいたり

上田市議会 2015-05-01 09月09日-一般質問、趣旨説明、議案質疑、議案付託-04号

答申にございますとおり、次世代を担う子供たちを育むために食を基本とした食育の考え方は、21世紀を担う子供たちの心身の成長、豊かな人間を育んでいく基礎となるものと受けとめております。また、学校給食は、目に見える生きた食育教材であり、児童生徒の健康保持増進を図り、食についての正しい理解を深め、健全な食生活を営む望ましい食習慣を養うものと考えております。

下諏訪町議会 2014-12-05 平成26年12月定例会−12月05日-04号

教育長 まず先ほどの人口減少に関連して、教育という視点から将来どのような教育構想を立てていくのかということでありますけれども、一口で言えば私はこの非常に変化の激しい社会の中でやはり柔軟に対応できるしなやかな、そしてまたそれぞれにおいての人間育成ということが必要ではなかろうかなということを思うわけであります。  

諏訪市議会 2013-09-06 平成25年第 4回定例会−09月06日-03号

そういう意味で当然その質といいますか、その人間を含めた質の向上が大事ですし、条件を大事にしていかなきゃいけないと思いますけれども、そのいわゆる教育の場ではないので、そこだけは。  それから、一つは子供たちの気持ちですね。やっぱり大事にしながらよりよい児童クラブのあり方を探っていかなきゃいけないというふうに思っております。              

上田市議会 2013-03-21 02月25日-趣旨説明、議案質疑、議案付託、委員長報告、質疑、討論、採決等-01号

昨今、学校でのいじめや体罰による痛ましい事件が後を絶たず、豊かな人間を育み、確かな学力を身につけるべき学校教育現場で現実に起こっていることは大変残念であります。こうした事案の発生を防ぐためには、学校保護者地域住民の信頼に応え、家庭地域協力し一体となって子供たちの健やかな成長を見守り、支える環境づくりが必要であると考えます。

諏訪市議会 2012-09-25 平成24年第 4回定例会−09月25日-06号

将来を担う子供たちが図書を通じて、活字に親しみ、活字文化を通じて人間を高めていってほしいとの思いとともに、教育委員会が果たすべき役割をかんがみるとき、十分にその役割を果たしてほしいと願います。  さて、委員会での部局からの意見聴取の中では、本市では全小中学校に配置している学校司書の先生については、国の交付税措置は2校に1校分の措置であること。