4536件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下諏訪町議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-04号

ですから、4年後のまた町議会選挙において、選挙になるような形の中で多くの人が立候補するような形で、個々の人間人間の推薦というものも大事だと思いますので、また町長さんもそこら辺のところを考えて推薦していただければなと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。  続きまして、住民要望についてお伺いします。今回の選挙において、住民の方々との対話において、いろいろの要望をお聞きしました。

松川村議会 2019-03-18 平成31年第 1回定例会−03月18日-03号

やっぱり、人間、こういう数字を目標にして向かうということは非常に大事なことだと思います。次回も恐らくこういう数字が出ようかと思いますが、31年終わりましたら、できるだけ早いタイミングで総合戦略をPDCAサイクルによって総括した上で、広報まつかわ等で村民に情報の開示をしていただければよろしいかと思いますが、最後に村長の御意見をお伺いしたいと思います。 ○議長(平林寛也君) 村長。

下諏訪町議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会−03月06日-03号

議員最後となる質問で1番のくじを引きまして、とてもすがすがしい気分と同時に、とても緊張しているというのは、やはりこれが私も人間だという気持ちでここに立ちましたので、よろしくお願いをいたします。  それでは通告に従って、教育問題からお願いをいたします。文科省の小中のスマホ禁止見直しについてです。

原村議会 2019-02-28 平成31年第 1回定例会−02月28日-02号

直接かかわっている人間がそこに関与することは適切ではありませんので、第三者の方にお願いするというように考えています。 ○副議長(芳澤清人) 質疑はありますか。小池議員。 ◆8番(小池和男) 附則のところに日当の表示があるんですけれど、委員は15人であったり5人であったりとかとあるんだけど、長と副会長の日当は表示されているが、ほかの委員のことはどんなふうになっているんでしょうか。

諏訪市議会 2019-02-27 平成31年第 1回定例会−02月27日-04号

自然災害人間安全保障への脅威となってきた今こそ、政治の一番大事な使命は住民の命と暮らしを守ることです。いざ災害が起きれば、時事刻々と変わる被災地のニーズを的確に捉えた連携プレーが重要です。私はこれまでも防災減災に関してさまざまな角度から取り上げてきましたが、今回は災害避難所の万全な対応策が不可欠との観点から質問をいたします。  

諏訪市議会 2019-02-26 平成31年第 1回定例会−02月26日-03号

子供たちの姿を見ていますと、温度差はあるんですけども、着実にいわゆる郷土諏訪というものの、1人の人間として、地域生きる人として関心を持ち、地域の一員としての自覚も持って、子供らしい、いわゆるアイデンティティーというものも感じております。ふるさと学習とか特に総合的な学習社会科、生活科、そのさまざまな勉強では、そうした郷土への愛着や思いが明確にあらわれてきます。              

長野市議会 2018-12-17 平成30年 12月 定例会-12月17日−06号

自分自身で調べて、学び、判断することが、人間が発展していく上で重要だと考えるので、本請願には賛同できないとの意見が出されました。  以上の論議を踏まえ、採決を行った結果、賛成多数で採択すべきものと決定いたしました。  以上で報告を終わります。 ○議長(小林治晴) 以上をもちまして、経済文教委員会委員長の報告を終わります。  

下諏訪町議会 2018-12-13 平成30年12月定例会−12月13日-04号

私も今まで合併運動にかかわってきた、町長になる前ですね、かかわってきた人間でありますから、本当に議員署名活動をやっていただいたように、それ以上に私はやってきたような思いがございます。そのときには、いろんな多方面にわたる皆さん方に説明をしたりとか、署名運動をしたりとか、そういったことを繰り返す中で、少なくとも今以上に諏訪の中は合併の機運が盛り上がってきたというように思っていました。  

伊那市議会 2018-12-12 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 総務文教委員会-12月12日−01号

一つ目は、私自身の今までの生き方がそうだったのですけれど、もしかしたら甘いと言われるかもしれませんが、人間というのは必ず失敗するものだと、失敗の上に立って初めていいことができるというふうに考えております。私が長い教育経験の中で、どのぐらい子供たちが失敗して、どのぐらい子供たちにそれを勇気づけたかと私は考えております。一度の失敗、二度の失敗、それは3度もあるかもしれません。

下諏訪町議会 2018-12-12 平成30年12月定例会−12月12日-03号

この中で児童、生徒の理解でありますとか、人間関係の構築でありますとか、安心・安全環境づくり、または自己肯定感の涵養についてなどを載せています。  3点目といたしまして、子供たちの小さな変化を敏感にキャッチしようとする早期発見のあり方について。  4点目といたしまして、いじめの兆候を発見したときには、問題を軽視することなく早期に適切な対応をする早期対応のあり方について。  

茅野市議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会-12月12日−05号

このため、災害時の地域のつながりが地域コミュニティ活動や人間関係の充実、ひいては入区にまでつながる可能性も期待できると感じたところでございます。  この期待は、地域での防災活動を通じて地域コミュニティが充実し、結果として入区につながるという期待があって、初めから入区を目的として定めた条例ではございません。

原村議会 2018-12-11 平成30年第 4回定例会−12月11日-04号

こういった村民の多くが疑問に思っている部分というのを解消する意味でも、こういうことは必要でありますし、また、移住者の立場からしても移住者も原村は医療費無料だから来た、それだけが理由で来たわけじゃない、もっと大きな理由がある、それは老後をこの健康でいられるためのすばらしい自然環境であったりとか、それから村民の気持ちであったりとか、そういったものに触れることによって、すばらしい人生にしたいというふうな立場の人間

茅野市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会-12月11日−04号

学校における働き方改革の目的は、学習指導要領を円滑に実施するとともに、児童・生徒と向き合う時間を十分に確保し、質の高い授業を実現し、教職員の日々の生活の質や教職人生を豊かにすることで、教職員人間性を高め、児童・生徒に必要な総合的な指導を持続的に行うことができるようにすることであります。  

安曇野市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会-12月11日−03号

まず、地域コミュニティーの原点であります声かけ、挨拶を基本として顔の見える人間関係をつくっていくということでございます。なかなかできそうでできないのが挨拶運動ではないかなというように考えております。  また、第2に、郷土の歴史文化、これをひもときながら冊子にまとめて3,000部作製するというすばらしい取り組みだというふうに思っております。

茅野市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−03号

これは、病気の早期発見とともに、受診した人間の安心感につながるものと思います。市職員の方に関しても、予算上の問題はあるかもしれませんが、極端な差がないのであれば、一定年齢以上はもう少し人間ドックの受診回数をふやしていいのではないかと思い、質問させていただきました。  小項目として、質問番号1番、健康診断と人間ドック受診の状況について。  

安曇野市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−02号

こんな人間関係が非常に大切だというようなお話を伺いまして、家にひきこもりの皆さんと外出をされる皆さんでは、大きく数値が違ってくるというようなお話をいただいたところでございますので、より多くの皆さんが、地域とのかかわりを持っていただけるような、要するに助け合い、支え合いの地域づくりに、もっともっと取り組んでいかなければならないだろうなと思います。

長野市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−05号

その時代に求められる学校教育の具体的な姿は、その時代の学習指導要領教育振興基本計画等で示されていくものでありますが、私といたしましては、市長に本市の教育大綱としてお認めいただいた第二次長野市教育振興基本計画にある本市教育基本理念、明日を拓く深く豊かな人間性の実現が議員のおっしゃる人づくりの教育につながるものと考えております。