運営者 Bitlet 姉妹サービス
4831件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 松川村議会 平成30年第 4回定例会−12月19日-03号 今のところ、御提案いただきましたことにつきましては、考えておりませんが、ただ、雪かきにつきましては、村内のシルバー人材センターで請け負っております。福祉課に雪かきの相談があれば、同センターを御紹介しておるところでございます。シルバー人材センターでは、除雪につきましては、1時間当たり1,500円で請け負っている状況でございます。 ○議長(平林寛也君) 平林議員。 もっと読む
2018-12-18 松川村議会 平成30年第 4回定例会−12月18日-02号 ◎社会教育課長兼公民館長(古畑元大君) 配送システムの仕組みにつきましては、毎週火曜日と金曜日に業務委託した広域社団法人の北アルプス広域シルバー人材センターの担当の方が、大町市の公用車を用いて圏域市町村の図書館を巡回して、ほかの図書館から貸し出し依頼のあった図書を届けたり、返却される図書を預かったりして受け渡しを行っております。   もっと読む
2018-12-13 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月13日−05号 ゼロ予算事業とは、自治体が持っている既存の施設や人材、情報やネットワークなどを使って特別な予算措置をせずに行政サービスを行ったり、行政課題の解決や、市民ニーズへの対応をする取り組みのことです。職員の人件費やコピー代、消耗品費などを除いた新たな予算措置のない事業ということになります。   もっと読む
2018-12-12 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月12日−04号 今、都会には65歳前後で定年をした、経験豊富で優秀な人材が大勢います。そういった人たちを市が公募し、とりあえず二、三人でいいと思いますけれども採用をしていただき、職員と一体となった横断的組織をつくり、企業誘致のできる場所をスピーディーに提供できるチームをつくるべきだと提案をしますが、市長どうでしょうか。 ○議長(小松洋一郎) 市長。 もっと読む
2018-12-11 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月11日−03号 市は、第2次協働のまちづくり推進基本方針及び協働のまちづくり推進行動計画を示し、市民活動サポートセンターの機能を強化し、相談支援や人材育成を充実させることが、市民が積極参加するまちづくりを目指すとのことであります。移住者には、区のかかわりが重要となってくるものであります。 もっと読む
2018-12-10 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月10日−02号 市長の6月のお答えは、市内4校の高校の地域のかかわりは深く、各校とも特色のある教育とともに、市内で活躍するすぐれた人材の育成を担っているということで、高校再編は地域のバランスが絡む問題で、非常に難しい問題であると認識しているというお答えをいただきました。   もっと読む
2018-12-04 軽井沢町議会 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月04日−03号 その試みとは、この春4月から発達障がい診療人材育成事業というものです。これは、発達障がい児を診療できる医師を育成するのがねらいで、発達障がいの診断ができる資格を希望する医師は、定められたカリキュラムを信州大学で受講し、試験などで一定の基準を満たせば、専門医という認定を県から受けることができるという仕組みであります。 もっと読む
2018-12-03 軽井沢町議会 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月03日−02号 議員がおっしゃるとおり、現代はICT社会と言われておりますが、では、そのような中で社会は何を求めているかを考えてみますと、学力はもちろんのことですが、みずから考え、みずから行動できる人材が求められていると考えます。   もっと読む
2018-11-29 軽井沢町議会 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-11月29日−01号 軽井沢高等学校公設塾支援の関係ですが、軽井沢高等学校の存続のための有効な手段及び特色づくりの一環として、将来の軽井沢を担う人材育成を目的として、平成31年4月開設に向け補正予算を計上いたしましたので、よろしくご審議をお願いいたします。  11月13日には、除雪関係で提携の信濃町と飯山市を訪問してまいりました。 もっと読む
2018-11-12 安曇野市議会 平成30年 11月 臨時会(第1回)-11月12日−01号 豊かな人材を育むまちづくり、活力あふれるまちづくり、健康長寿のまちづくり、それと市長への一任をいただくテーマということで募集をさせていただきました。  その中で、当該年度、充当させていただくものは充当させていただき、残りの分につきましては、安曇野市ふるさと寄附基金条例を設けまして積立を行ってきたところであります。 もっと読む
2018-09-28 安曇野市議会 平成30年  9月 定例会-09月28日−06号 市内では、今まで地域の介護サービスを担ってきた事業所が、介護報酬引き下げや人材不足から、運営が立ち行かなくなり諦めてしまったところも出てきています。  介護の現場に混乱と矛盾をもたらし、制度を土台から大きく変えてしまう、こうしたやり方の上に立った介護保険特別会計歳入歳出決算の認定に反対いたします。  以上です。 ○議長(小松洋一郎) 次に、原案に賛成の討論はありませんか。  中村議員。 もっと読む
2018-09-25 安曇野市議会 平成30年  9月 経済建設委員会-09月25日−01号 点検のほうは児童公園、実際の管理は、現在のところ、子ども支援課のほうで行っておりますけれども、点検のほうはそちらをしておりますが、シルバー人材センターにお願いして毎月、それから二月に一遍の点検と、それから大きな、もう少し定期的な点検は専門の業者に委託しておりますけれども、点検をしているという状況で、ふぐあい箇所、例えばボルトが抜けているですとか、シーソーのクッションのタイヤが壊れているですとか、さびているというようなものは もっと読む
2018-09-21 下諏訪町議会 平成30年 9月定例会−09月21日-05号 シルバー人材センターは、下諏訪244人、岡谷227人、計471人。7割が70歳以上である。仕事不適合等で退会者もあり、減少傾向にある。需要の拡大への努力を続けている。  家族介護用品給付金の紙おむつ、尿マットは、在宅の要介護4・5段階が対象である。段階が低い人で紙おむつを使用している人は医療費控除が受けられる可能性があるので、相談するとよい。   もっと読む
2018-09-21 安曇野市議会 平成30年  9月 福祉教育委員会-09月21日−01号 建設、建築を含めたものづくり人材を育成する専門校である長野県池田工業高校への支援。2つとして、魅力ある池田工業高校をつくる検討委員会への協力とアドバイス。3つとして、池田工業高校卒業生を受け入れる企業等への連携、組織化への協力であります。  この陳情については、6月定例会で再三、陳情者に趣旨説明の依頼をお願いしましたが、出席いただけませんでした。 もっと読む
2018-09-21 飯田市議会 平成30年  9月 全員協議会-09月21日−01号 1ポツ目を見ますと、500人規模までのコンベンションや展示会は産業振興と人材育成の拠点もあるので、そことの重複をしないようにということで考えていこうとか、それから2ポツ目には、文化会館の建てかえということもあるが、その内容は本施設の構想を踏まえて検討をされるものだと、飯田市のほうで検討されるものだということ。 もっと読む
2018-09-20 松川村議会 平成30年第 3回定例会−09月20日-04号 県内外から有為な人材が皆さん来ると思われますが、村民として就労をしてもらうためには、こうした産業に直接結びついていく施策を提示することが有効ではないかなと考えております。  続きまして、移住定住の問題についてでありますが、移住定住の促進は、当面の人口減少防止対策としては、効果が一番見える対策の一つかなと思います。昨年生まれてきた人が54人、亡くなった人は125人であります。 もっと読む
2018-09-19 松川村議会 平成30年第 3回定例会-09月19日-03号 ◎福祉課長(丸山正芳君) 介護保険の保険者であります、まず北アルプス広域連合の取り組みについてお話をしたいと思いますけれども、介護保険の総合事業で、基準を緩和した通所や訪問型サービス等の人材の確保を目的に、北アルプス広域連合では毎年、介護人材養成講座を開催しているところでございます。 もっと読む
2018-09-19 飯田市議会 平成30年  9月 リニア推進特別委員会協議会-09月19日−01号 18ページの第3節、クリエーティビティーと地域の魅力の融合による新たな拠点の誕生ということでございまして、リニア中央新幹線によって三大都市圏が結ばれることによりまして、その間に位置する中間駅、これは多様な人材が活発に行き交い、クリエーティブな交流が生まれると。新しい知的対流拠点となる可能性を秘めている。 もっと読む
2018-09-19 安曇野市議会 平成30年  9月 定例会-09月19日−05号 なお、何をもって市長が適当と認めるかにつきましては、児童の生活及び遊びの場を提供する上で、多くの優秀な人材を放課後児童支援員として登用するためには、その根拠を明文化するのではなく、その都度、放課後児童支援員としての素質を見きわめながら判断していくことが必要であるものと捉えております。  以上でございます。 ○議長(小松洋一郎) 説明が終わりました。  井出議員。 もっと読む
2018-09-18 飯田市議会 平成30年  9月 産業建設委員会協議会-09月18日−01号 1ページ目、これは吉川秋利議員から指摘されたことも踏まえて、ちょっと強調してありますけれども、新たな産業振興と人材育成の拠点、これは南信州・飯田産業センターの役割はますます重要となるというここの部分です。  ここに対して吉川議員から南信州広域連合との連携を強めたら、連携という文言を入れたらどうかと、そういう趣旨の発言がございました。 もっと読む