6608件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上田市議会 2023-11-02 12月03日-一般質問-03号

そのための人材育成は急務であり、現状の各都道府県レベル対応から各市町村にも専門人材確保が求められつつあります。現在実施されているひきこもり支援従事者養成研修制度などを活用して、各種専門機関との橋渡しが適切にできる総合的な対応知識を有する人材育成し、ひきこもり支援を強化することは検討しているのか、伺います。 

上田市議会 2022-03-29 09月11日-一般質問、趣旨説明、議案質疑、議案付託-04号

ただ、AIはビッグデータから客観的な判断をするが、その判断を適切に活用するのは地域水事情を熟知した人材育成が大切であります。 水道技術職に関することで4点伺います。管路老朽化課題は、耐用年数とは法定耐用年数のことで、減価償却のための基準に定めた会計上の年数で、設備の寿命とは異なるものと理解しています。

塩尻市議会 2021-09-12 09月12日-04号

不登校についても専門的なスキルを持ったNPO法人とかそういったところもありますので、ぜひきめの細かい、先ほどの十人十色の対策が必要だ、それに対応できるような人材がいるかというと、なかなか難しいと思います。そういった情熱のある方とも接触しながら進めていただきたいと思います。 

上田市議会 2021-04-30 07月01日-趣旨説明、議案質疑、委員長報告、質疑、討論、採決-05号

次に、農林部関係質疑において、45歳未満で独立、自営就農を目指す新規就農者に対し国が市を通じて資金を交付する農業次世代人材投資資金を780万円余減額補正しているが、理由は何か。 これに対し、交付対象者所得変動等により、当初見込みに比べて補助額が減少したことなどが要因である等々の質疑応答があり、本案中担当分については承認すべきものと決定いたしました。

上田市議会 2020-12-16 11月25日-趣旨説明-01号

市では、地域企業人材確保につなげるため、地方創生推進交付金を活用した新たな取り組みとして、地域企業若手社員と学生が気軽に交流し、互いの理解を深めることを目的とした「インターンシップ・ワールドカフェ」や、学校の食堂でランチを食べながら、将来の仕事や生活について意見交換を行う「ジョブトーーークin学食」を9月以降、順次開催しております。 

箕輪町議会 2020-12-14 12月14日-04号

箕輪の産業、生産性を上げるためにはそういう拠点づくり、サテライトオフィスなり、あるいはそれの人材をそこにあてがうなどしてサポート体制をしっかり組んでいただくよう、私は今後そういうことで活用していただきたいと思います。 ○中澤議長 他に討論ございますか。14番 小出嶋議員 ◆14番(小出嶋議員) この修正案に反対の立場で討論いたします。

箕輪町議会 2020-12-08 12月08日-03号

ただいまお話しの中にありましたけれども、応援特定人材就労奨励金についてお尋ねをいたします。特定人材というのは社会福祉士介護福祉士看護士保育士、これらの資格を身につけた人材ということであります。奨励金を受ける条件として上伊那郡外から町内にU・Iターンし、専門職として町内に勤務をした場合に奨励金を交付するものでありまして、基本交付金額は20万円、女性はそこに10万円の加算。

箕輪町議会 2020-12-07 12月07日-02号

あるいは林業士などの、要するに手立てを加える方々を、要するに人材育成をする。あるいはお金の問題ですけど、求められれば補助金も出す。あるいはそういう相談窓口を設置する。ぐらいのことは、要するに民法とは全くバッティングもしませんので、要するに具体的に人命や避難の、要するにルートを具体的に問われているので、そういった部分の回答はできないものかということについて、もう一度質問します。

塩尻市議会 2020-12-05 12月05日-02号

◆14番(古畑秀夫君) ひきこもりの期間が10年以上という長期になっていて、本当になかなか家族も本人と話し合いがうまく持てないというようなことで、家族含めて疲弊しているというような状況もお聞きするわけでございますので、本当に解決が難しい状況が現実にはあるということの中では、専門人材育成確保ということも必要になってくると思います。

上田市議会 2020-10-24 12月04日-一般質問、趣旨説明、議案質疑、議案付託-04号

人材育成の観点から若手水道技術職員技術を継承し、全職員が災害時の対応を習得する必要性はどう考えるかお聞きします。 水道施設管路の計画的な更新と耐震化現状はどうか。また、水害対策も含めた今後の経営に関する基本方針はどうか。以上、お聞きいたします。 ○議長小林隆利君) 柏木上下水道局長。          

岡谷市議会 2020-10-05 10月05日-06号

夏休みの小学生を対象に、自主学習等の機会を設け、地域人材による学習支援活動を通じ、学びの定着化を図り、子供たち知的好奇心を高める科学教室を開催し、学力向上を推進することを目的として3公民館で実施した、とのことでありました。 今後は、多くの子供の参加ができるよう、各小学校で開催するなど検討している、とのことでありました。 次に、図書館管理費について。