7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

長野市議会 2003-03-01 03月25日-08号

私たちは、京浜急行ゴルフ建設計画が持ち上がった時点で、この地帯飯綱高原の自然がまだ残されている逆谷地湿原の存在など貴重な地帯であることを明らかにして、市民の皆さんと共に建設計画に反対してきました。同時に、この調査を進める中で猫又池が漏水している事実を突き止め、この地帯に散在しているため池の調査改修を要求してきました。当時この問題を取り上げたのは我が党市議団のみです。

長野市議会 1996-09-01 09月17日-03号

京浜急行ゴルフ建設につきましては、長野飯綱高原自然復元基本調査委員会の御提言を十分に尊重し進めておりまして、平成七年一月二十七日に県の自然保護条例の規定に基づきまして、県・市・京浜急行の三者で自然保護協定を締結いたしました。さらに良好な環境保全市民環境と安全を守るため、万全を期して平成七年四月十一日に環境保全協定を市・京浜急行の二者で締結したものでございます。 

長野市議会 1996-06-01 06月13日-02号

京浜急行ゴルフ建設予定地は、長野飯綱高原自然復元基本調査委員会が、飯綱高原の豊かな自然の保全復元施策の中で、保全上重要な地域として指定しました。逆谷地湿原とその周辺猫又池蓑ケ谷池とその周辺は、保全必要性が最も高い地域で、Aランクとしています。 土地利用計画では、自然環境地域に区分し、すぐれた自然景観保護する地域で、保護保全に努めるとしています。

長野市議会 1994-03-01 03月10日-04号

長野県が飯綱高原京浜急行ゴルフ予定地に隣接して、自然環境保護のため、自然保護研究所の設置とその所長に横浜国立大学の宮脇昭名誉教授を内定と報道されました。宮脇名誉教授は世界的な幼苗植栽の権威であり、私も昨年九月定例市議会一般質問幼苗植栽の手法や効果などについて、その実績について高野技監にお伺いしたところであります。 

  • 1